FC2ブログ

CyberBizKiz-Blog

投資暦ウン十年、リーマンショックもアベノミクスもトランプ当選も、すべてリアルタイムで当てて来ました。株式トレードのほかに音楽や趣味、有益・無益情報と人生の生き残り術。

二十四節気『大寒』  【季節の言葉927】


日本水仙 & ガーデン・シクラメン
二十四節気『大寒』  【季節の言葉927】


 本日、正月廿日は、二十四節気のひとつ『大寒』です。
その名の通り、1年で最も寒気が峻烈(しゅんれつ)な時期を迎えました。
京都では、雪こそ余り降りませんが、空気が凍てついています。

三方を山に囲まれた京都盆地は、冬になると放射冷却が起こり、
厳しく冷え込みます。この「京の底冷え」は、肥沃な土壌や美しい水とともに
京の都の、豊かな味を生み出してきました。

京都では昔から、
「大寒に入って最初の丑の日の水を汲み置くとその一年、火事をおこさない」
「寒の水は腐らなくて良い。そして健康に良い」・・・と、いいます。

「寒」「寒の入り」は、二十四節気の小寒から大寒を含み、
節分までの約1ヶ月間(1月6日頃~2月3日頃)で、一年中でもっとも寒い時期です。

ちなみに今年の「大寒の丑の日」は一月廿三日(木曜日)です。

厳しい冷え込みではありますが、それでもお庭では小さな紅白の梅がほころび始め、
のほか椿ツバキ数種や日本水仙などが花を付け、
ワタシたちに春の訪れを告げているかのようです。
そうそう、チューリップの芽もチョコ♪っと、先っちょが芽吹いてきましたよ♪♬🎶

[京都二十四節気] 大寒


いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2020/01/20(月) 09:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人に何かをしてあげること by 神津カンナ  【季節の言葉926】


人に何かをしてあげること by 神津カンナ  【季節の言葉926】

私は、比較的やさしい、思いやりのある人間だと自負していた。

長女で、忙しい両親に代わって妹や弟の面倒をみてきたことが習い性となったのか、
頼まれごとをされれば、なんでも引き受けてしまうし、
少しばかり自分の時間や労力を費やすことになっても、それを惜しむ気持ちにはあまりならない。

だから他人からは、面倒見がいいとか、気配りがあるとか、やさしいとか言われ、
そう言われればもちろん悪い気はしないから、自分でも何となくそんな気になっていた。

興味のある方は、下記の「続きを読む」をクリック!

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

続きを読む

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2020/01/19(日) 07:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「漢字幸せ読本」ひすいこたろう&はるねむ  【季節の言葉925】


「漢字幸せ読本」ひすいこたろう&はるねむ  【季節の言葉925】

「始まる」って文字を見て下さい。
「女性」が「土台」って書くんです。

女性が笑顔でいることから始まります。

だから「嬉しい」って
「女性」が「喜ぶ」って書くんです。

女性が笑顔でいるところに、嬉しいことはやってきます。

興味のある方は、下記の「続きを読む」をクリック!

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

続きを読む

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2020/01/18(土) 09:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『閻魔賽日・十王詣・初閻魔』  【季節の言葉924】


千本ゑんま堂(引接寺)閻魔法王像
『閻魔賽日・十王詣・初閻魔』  【季節の言葉924】


本日、正月十六日は『閻魔賽日・十王詣・初閻魔』の日です。

 正月十六日と七月十六日の日は、
閻魔賽日(地獄の釜の蓋が開いて鬼も亡者も休むとされる日)に、
寺院で十王図や地獄相変図を拝んだり、閻魔堂に参詣したりすることです。

十王とは、人が死後、亡者と成って冥界に行き出会う十人の王の事で、
秦広王、初江王、宋帝王、五官王、閻魔王、変成王、泰山王、平等王、
都市王、五道転輪王
のことで、閻魔はその中の一王です。

有名な閻魔大王、又、閻魔さんの名は知っていても、
怖い顔した地獄の王様・・・程度のことぐらいしか知られていませんよね!

興味のある方は、下記の「続きを読む」をクリック!

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

続きを読む

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2020/01/16(木) 07:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

小正月(こしょうがつ)  【季節の言葉923】


京都 大原 三千院 『わらべ地蔵』
小正月(こしょうがつ)  【季節の言葉923】


 小正月は別名、望正月(もちしょうがつ)、望年(もちどし)、
若年(わかどし)、若正月(わかしょうがつ)、二番正月、小年(こどし)、
花正月、女正月(おんなしょうがつ)とも呼ばれています。

女正月(おんなしょうがつ)は、元旦から七日までを男正月と呼ぶのに対して・・・・・
・・・という説と、松の内を多忙に過ごす女性たちが、
十五日を年礼の始めとしたので女正月と呼ぶ説とがあります。

興味のある方は、下記の「続きを読む」をクリック!

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

続きを読む

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2020/01/15(水) 10:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『上元(じょうげん)』  【季節の言葉922】

『上元(じょうげん)』  【季節の言葉922】

『上元(じょうげん)』
を、「しょんがん」とも読まれることがあり、
そのほか、元宵祭(げんしょうさい)、元宵節、元宵、上元会、
上元の日、元夕(げんせき)、祈福祭、蝋燭替(ろうそくかえ)ともよびます。

『上元(じょうげん)』は、正月十五日を指します。
七月十五日の「中元」、十月十五日の「下元」と合わせて『三元』と称する節会(せちえ)。

尚、我が国では、日頃お世話になった人に、年二回贈物をする風習があり、
年末の贈物を歳暮(年の暮の意味)と云いますが、夏の贈物を中元と云います。
この中元の名はこの三元説の中元に基づくものです。(中元の贈物は盆礼とも云う)

◇「上元」正月十五日
神 :賜福大帝・天官大帝
官職:上元一品天官
化身:堯(ぎょう)姓は伊祁(いき)、名は放勲(ほうくん)
神徳:賜福(福を与える)

◇「中元」七月十五日
神 :赦罪大帝・地官大帝
官職:中元二品地官
化身:舜(しゅん)姓は姚(よう)、名は重華(ちょうか)
神徳:赦罪(罪を赦す)

◇「下元」十月十五日
神 :解厄大帝・水官大帝
官職:下元三品水官
化身:禹(う)姓は?(じ)、名は、文命(ぶんめい)
神徳:解厄(厄を祓う)

『三元』を司る三神を三官大帝といいます。
三官大帝は龍王の3人の娘と人間の陳子椿とのあいだに生まれた龍王の孫です。
彼らの誕生日が『三元』として祝われるようになりました。
『三元』は1年を3等分ではなく、2:1:1(6ヶ月・3ヶ月・3ヶ月)に分けています。
いずれの日も15日、つまりほぼ満月です。

一仏の寂(じゃく)を犯さず上元会・・・・・下村ひろし
請ひ得てし竃神護符(そうしんごふ)や上元会・・・・・田中田士英
上元の朱?の金字?(ほ)をふくむ・・・・・朝永律朗
上元の蒸籠(せいろう)路地をせばめ噴く・・・・・熊丸淑子


 本日は「上元」正月十五日。
「上元」の日は『賜福(福を与える)』という神徳があるそうなので、
皆さまにも多くの『福』がありますように♪

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2020/01/15(水) 07:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「成人式はもう廃止すべき!」思っているのは意外にも…


「成人式はもう廃止すべき!」思っているのは意外にも…
しらべぇ 2017/01/08/ 17:30
http://sirabee.com/2017/01/08/20161048731/

1月13日は成人式。無事20歳を迎えた若者たちを祝い励ますとともに、大人になった自覚を持つように促すことが開催の主な目的とされる。

しかし、最近は式典で挨拶する市長などの話をまったく聞かずにヤジを飛ばし言いあいになるケースや、新成人が暴れまわるなど、度々トラブルが発生。

そのため「モラルの低下を露呈するだけのイベントになりさがっている」との指摘があり、「もう廃止してもいいのではないか」との強行な意見もでている状況だ。

世間は一体どう感じているのだろうか?


上記写真は、ここ何年か成人式に必ずいる「花魁風」という成人式ファッション。
「花魁」っていうのは吉原の遊女の「最高位」で、
ガッツリと着物を着込んでいて、そう簡単に肌なんて、さらさないのですよ。

「花魁風」とか言ってる上記写真のような肩などを露出させるような着物の着方は
「夜鷹(よたか)」の着物の着方です。

「夜鷹(よたか)」とは、遊郭にも出入りできない「最下級遊女」です。
・・・っていうか、「花魁」も「夜鷹」も「遊女」に変わりはないですが・・・・・
アナタは、ドコぞの国のハヤリの銅像ですか?!

興味のある方は、下記の「続きを読む」をクリック!

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

続きを読む

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2020/01/13(月) 10:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『初寅大祭(はつとらたいさい)』毘沙門堂  【季節の言葉920】


河鍋暁翠 筆 『毘沙門天寅狩之圖』
『初寅大祭(はつとらたいさい)』毘沙門堂  【季節の言葉920】


 本日は『初寅』の日です。
「寅」と言えば、七福神の毘沙門天ですが、
寅の日を縁日とする毘沙門天は、招福と勝負・勝運、鬼門を守護する神であり、
特に『初寅』の日を重んじます。

毘沙門天の経文『おんべいしら まんなやそわか』の真言を「北東」に向かって唱えると、
衆生に大福が授かるとの教えがあり、開運招福の信仰が生まれました。

『初寅大祭』では護摩法要が行われ、五穀豊穣、商売繁盛、家内安全を祈願します。
「魔除けの寅」の福笹授与や甘酒の無料接待もあります。

商売繁盛と勝負・勝運の神「毘沙門天」が奉られている『毘沙門堂』では、
「初寅」の日と、その前夜のみ「毘沙門様」が御開帳されます。

深夜12時ちょうどに御開帳され、ものの10分程だけ御姿を現します。
この10分間のために毎年多くの人たちがお詣りに参ります。

ちなみにこの仁王像のいる毘沙門堂入口から本堂へ向かうあいだに、
七福神の「大黒天」「恵比寿神」「寿老人」「福禄寿」「布袋尊」「弁財天」
そして本堂で「毘沙門天」という風に七福神巡りができるように成っています。

一度、京都へお越しの際は、いかがでしょうか?!

◇毘沙門堂(びしゃもんどう)
◇京都市山科区安朱稲荷山町18

そうだ京都行こう - 京都・毘沙門堂



いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2020/01/12(日) 08:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『鏡開(具足開)』  【季節の言葉919】


『鏡開(具足開)』  【季節の言葉919】

本日11日は「鏡開」です。・・・って言っても京都では4日ですし、
もともと全国的には20日に行われていたのですから、
「二十日正月(骨正月・頭正月)」の行事の一つだったのでしょう。
「二十日正月(骨正月・頭正月)」は正月行事の総決算の日ですから・・・
・・・って事で、関東以外では20日の処も多いようです。

上記写真は京都の代表的な「鏡餅」ですが「三宝」を使用していません。
何故『三宝』を使用しないのか?

『三宝』 (白木)
2017_image_sanpo.jpg

興味のある方は、下記の「続きを読む」をクリック!

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

続きを読む

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2020/01/11(土) 10:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『蔵開(くらびらき)』  【季節の言葉918】


一勇斎国芳(歌川国芳)『七福神岩戸の蔵開』
『蔵開(くらびらき)』  【季節の言葉918】


 年の初めに、吉日を選んでその年初めて蔵を開けること。また、その祝い。

江戸時代の初めに、幕府が武家の具足開きの日を正月十一日に定め、
大名が米蔵を開く儀式を行ったことに始まりました。

これが商家の仕事始めとなり、
左右対称の11が商売繁盛に縁起の良い観音開きを連想することから、
正月十一日に蔵が開かれました。

関西の商家の多くは、五日戎や十日戎の福笹や吉兆笹を玄関先などに飾り、
縣蓬莱(かけほうらい)を玄関奥の壁、もしくは床の間などに設(しつら)えるなどし、
その他の床の間などには、戎様(恵比寿様)の掛け軸や「御蔵開」にちなんだ掛け軸を掛け、
蔵の中で鏡餅を食べて、商売繁盛を祈願しました。

宝暦五年(1755)頃に始まったという十二ヵ月の鞠歌(まりうた)にも、
「十一とや、十一・十二日は蔵開き、お蔵を開きて祝いましょ、祝いましょ」
・・・とあります。

奈良では11日に、京都では13日に、それぞれ「酒蔵開き」が催されます。

  枝折戸(しおりど)や我心には蔵びらき・・・・・乙由
  蔵開せんや閑居の小抽斗(こひきだし)・・・・・尾崎紅葉
  風に向いて並ぶ雀や蔵開・・・・・青木月斗


『縣蓬莱(かけほうらい)』
松竹梅に裏白、お米のついた稲藁、日陰鬘(ヒカゲノカズラ)で吊るすように作られています。
2018_01_11_image_kakehohrai.jpg

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2020/01/11(土) 08:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

今日は「初子(はつね)」の日  【季節の言葉917】


「玉箒(たまはばき)」(コウヤボウキ)の花
今日は「初子(はつね)」の日  【季節の言葉917】


子年 初めての「子(ね)の日」です。
この日、「大黒天」を祀る社寺で行われる縁日のことを
「初子祭(はつねさい)」といいます。

「大黒天」は、天部と言われる仏教の守護神の一人で、
軍神・戦闘神、富貴爵禄の神または厨房・食堂の神ともされます。
 
「大黒」の「だいこく」が「大国」に通じるため、
古くから神道の神である「大国主命」と混同され、
習合して、破壊と豊穣の神として信仰されました。
時代とともに豊穣の面が強く残り、「七福神の一柱」である大黒様として知られ
食物・財福を司る神となりました。

平安時代には正月最初の「子の日」に外に出て菜を摘む「子の日遊び」という風習がありました。
ちなみに「門松」の由来は、この「子の日遊び」の際、
松の小さな木を根から引き抜いて持ち帰り、玄関に植えたのが由来とされています。
松は「神様が宿る木」で「長寿の象徴」であると考えられていますからね。

 ~ 始春の初子(はつね)の今日の玉はばき 手にとるからにゆらく玉の緒 ~ ・・・・・大伴家持(万葉集)

万葉の歌に詠まれた「玉箒(たまはばき)」が、今に該当する「コウヤボウキ(高野箒)」。
玉箒とは、コウヤボウキで作った箒(ほうき)に玉を飾ったもので、
玉は命を表し、延命長寿を意味するものです。

旧暦正月の最初の初子の日に宮中では、天皇陛下が
「手辛(てがら)の鍬」で自ら田を耕し、皇后陛下が蚕室をはらう儀式があり、
蚕を飼う棚を清めるために使われたのが「玉箒(たまはばき)」です。
これが正倉院に一組だけ現存しています。

「手辛(てがら)の鍬」は農耕、
(蚕の床を掃くための)「玉箒(たまはばき)」は養蚕。
国の大事なふたつの産業の繁栄を祈る神事だったのですね。

ちなみに旧暦11月(子の月)最初の「子の日」に商家では、
大黒天を祀(まつ)る儀式を行っていました。

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2020/01/10(金) 07:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は「初亥(はつい)」  【季節の言葉916】


photo by miho__saito
今日は「初亥(はつい)」  【季節の言葉916】

今年初めての「亥の日」です。
禅宗や日蓮宗の宗派によって、「摩利支天(まりしてん)」の縁日とされています。

平安時代の宮中において、「広相撰の蔵人式」に、
初亥日 内蔵寮 進 殿上男女房料 餅  各一折櫃 
・・・とあり、「初亥」の日に内蔵寮よりお餅を献じたことが記されています。
平安時代からハレの日に欠かせないのがお餅ですね。

「摩利支天」は、「陽炎」または「威光」と訳され、
インド神話の「風神」のひとつで、
常に太陽に付き従って自在の通力を持つといわれる女神です。

「摩利支天」を念ずると一切の災いを免れ、身を隠す術を得ることが出来て、
諸天善神の中で最も霊験顕著な守護神といわれています。

特に武士の守護神として尊崇を受け、
日本では八幡太郎以来、源氏の守護神となりました。

像が金剛亥身、猪をかたどることから、
亥の日が縁日となる1月「初亥」は、
その年の「商売繁盛」「無病息災」を願い、とくに賑わいます。

京都の建仁寺禅居庵や、
東京・上野の御徒町アメ横のど真ん中に位置する徳大寺の「摩利支天」が有名です。

ちなみに上記写真の「正寿院」「♡ハートの窓♡」・・・年末にご紹介しましたね。
この「♡」ハート形は正確には「猪目(いのめ)」と呼ばれ、
その名の通り“イノシシの目”を表しています。
実は、1400年前から日本に伝わる伝統文様で、
「厄除け」「招福」の意味を持つんですねぇ~・・・・・
しかしこの写真・・・何度見ても、何か腹立つ!

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2020/01/09(木) 07:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

1月8日(穀日:こくじつ・穀の日)  【季節の言葉915】


廿六世 観世流宗家(観世清和)『神功皇后』
1月8日(穀日:こくじつ・穀の日)  【季節の言葉915】


 一月八日は穀物の日で、この日に穀を占って、
晴天ならば吉で幸があり、雨天ならば凶の兆しであるとされていました。

そして、昨日の「人日」を含め、

一月七日 人日
一月八日 穀日
一月九日 豆日
一月拾日 綿日


上記四日間が、天気晴朗なれば豊作であるとされてきました。

・・・っと言っても、上記の事を知っている方は非常に稀で、
多分ネットでググッてみても「穀日」の項目以外はドコにも無いかと思います。
・・・と思ったら見つけました。(笑
七草粥の由来や意味は?食べる時間や作り方は? - 暮らしのNEWS (ココをクリック)

ピラミッドとオリオン座


興味のある方は、下記の「続きを読む」をクリック!

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

続きを読む

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2020/01/08(水) 07:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

芸舞妓はん「おめでとうさんどす」京都・祇園で始業式  【季節の言葉914】


芸舞妓はん「おめでとうさんどす」京都・祇園で始業式  【季節の言葉914】

 本日、正月七日は、祇園や先斗町など京都の花街(かがい)で、
芸舞妓らが今年の精進を誓う「始業式」が行われ、
舞妓さんと芸妓さんが黒紋付に稲穂のかんざしという正装で集まります。

今年はおよそ100人が「始業式」に臨み、
毎年恒例となっている「常に美しく優しく親切に」という「芸舞妓の誓い」を唱和。
精進の気持ちを新たにしていました。

式の後、お神酒と縁起物の昆布などが振舞われ、
「おめでとうさんどす」とあいさつを交わすと、華やいだ雰囲気に包まれました。

芸妓と舞妓が始業式 京都の花街で艶やかに


興味のある方は、下記の「続きを読む」をクリック!

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

続きを読む

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2020/01/07(火) 11:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

七日正月(人日:七日の節句・七草の節供)  【季節の言葉913】


酒井三良 『雪に埋もれつつ正月はゆく』
七日正月(人日:七日の節句・七草の節供)  【季節の言葉913】


 正月七日。「人日」は、江戸時代の公式な祝日(式日)でありました。
『五節供』の最初の節供で、「七日の節句」とも言います。

ちなみに節句はもとは「節供」と書き『五節供(五節句)』とは以下の通りです。

◆『人日(じんじつ)の節供』正月七日 別名:七草の節句
 中国の古い習俗に由来します。
この日、七草粥を食べ邪気をはらう風習があります。
七草を刻む際、鳥追い歌(これを七草囃しという)を歌う習俗もあります。

◆『上巳(じょうし)の節供』三月三日 別名:桃の節句・雛祭り・重三・草餅の節句
 元は三月の最初の「巳の日」。
古くは河で禊ぎをし汚れを祓い、また身代わりに人形に汚れを移して河や海に流しました。
江戸時代以降は、雛祭りとして庶民にも定着し、女子の節句とされました。

◆『端午(たんご)の節供』五月五日 別名:菖蒲の節句
 元は五月の最初の「午の日」。
古くはこの日薬草摘みを行い、摘んだ蓬や菖蒲を門口に飾りました。
菖蒲(ショウブ)の語が「尚武」に通じるとして武士の台頭に従い、
庶民にも浸透し立身出世を願い幟や兜飾りを行うようになりました。男子の節句。

◆『七夕(しちせき)の節供』七月七日 別名:笹の節句・たなばた
 中国から伝わった牽牛星と織女星の星祭り伝説が元。
日本では古来からあった「棚機つ女(たなばたつめ)」の伝説との類似性から七夕の日として定着しました。
女子が裁縫や手芸、書道の上達を願う行事も各地に残っています。

◆『重陽(ちょうよう)の節供』九月九日 別名:菊の節句・重九
 易で陽数の極である「九」が重なることから目出度い日とされました。
この日は菊の花を飾り、丘などに登って邪気をはらい長寿を祈る風習が中国にあり、これが日本に伝わったものです。
宮中では「観菊の宴」を開き長寿祝う節句の中でもっとも公的な性格が強いものです。
しかし民間にはさほど定着していません。

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2020/01/07(火) 07:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『松納(まつおさめ)』  【季節の言葉912】


写真 = 祇園甲部『一力亭』の「根引松(ねびきのまつ)」
『松納(まつおさめ)』  【季節の言葉912】


 『松納』は、ほかに「松上り」「松倒し」「松下し」「松送り」
「松引」「松直し」「お松払い」「松取る」「門松取る」などとも言います。

 『松納』とは、門松を取り払うことを言います。
松飾りのある間が松の内、松の内が済むと松過ぎといいます。
松納めの日は、東京では六日が多く、京阪方面では十四日が多いなど地方によって様々です。

  松納めを行うのは夕刻で、
       夕月の光を加ふ松納・・・・・深見けん二


・・・のように、松納めの背景は冬の夕景色なんです。

 門松を取り払うと、正月らしい日々が終わったという感慨があります。
そこには一抹の淋しさとともに、明日からまた平常の暮らしが始まる
という決意や思いが込められていると思います。

  松とれて俄に雪の山家かな・・・・・松根東洋城
  松取りて柴門常にもどしけり・・・・・安住 敦


 松納めと同様に『飾納(かざりおさめ)』も同日に行います。

『飾納』は、ほかに「注連飾取る」「注連取る」「飾取る」「飾卸」
「お飾こわし」
などとも言います。

 注連飾りなど、新年の飾り物をはずすことです。
取り払った松飾りや注連(しめ)飾りなどを集めて燃やす行事を
『左義長(さぎちょう)』と言います。

  霙(みぞ)るるや木戸の輪飾り外すにも・・・・・長井東門居
  濁世(じょくせ)へと飾はづしてしまひけり・・・・・渡辺恭子


いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2020/01/06(月) 10:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二十四節気『小寒』  【季節の言葉911】


中原南天棒 『托鉢僧行列図双幅』1924年
二十四節気『小寒』  【季節の言葉911】


 皆さま、おはようございます。
本日、正月六日から暦は『小寒』です。

 寒さが加わる頃という意味で『小寒』「寒の入り」と呼ばれ、
この日から節分までの三十日間(寒の内)は、
一年で最も寒さが厳しい頃といわれます。

 昔から人々は、この時期に「寒稽古」「寒中水泳(寒泳)」など、
また「寒参(かんまいり)」「寒垢離(かんごり)」
「寒施行(かんせぎょう)」など、耐寒行事を行ってきました。

自らを極限状態まで追い込み、心身を鍛練すれば、
迷いや煩悩から解放され、前途が開けると考えられていたのです。

京都の聖護院では、学僧の修行を目的に「寒中托鉢」が行われます。
山伏たちが法螺貝を吹きながら家々をまわり、
家内安全や無病息災を祈る慣わしで、京都の冬の風物詩にもなっています。
この日から「寒中見舞い」を出します。

◆寒四郎:小寒から4日目。
この日の天候がその年の麦作の収穫に影響があるとされ、麦の厄日とされています。

◆寒九:小寒から9日目。
この日に降る雨は「寒九の雨」と呼ばれ、豊穣の兆しという言い伝えがあります。

ちなみに『立春』「寒の明け」となります。

  寒さといふ字に金石の響あり・・・・・高浜虚子
  こころもち蒲団やせたり寒の内・・・・・津森延世
  お陰さま己が歯磨く寒四郎・・・・・高志美佐子
  曙を醒めて寒九の水ふふむ・・・・・麻生志乃ぶ


[京都二十四節気] 小寒


いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2020/01/06(月) 09:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1月6日(馬日:ばじつ・六日年・六日年越)  【季節の言葉910】


歌川(安藤)広重  木曾海道六十九次「大井」
1月6日(馬日:ばじつ・六日年・六日年越)  【季節の言葉910】


 一月六日は別に「六日年」または「六日年越」とも言われ
一月七日が「七日正月」と称して式日であったところから、
一月六日を年をとり直すという意味で祝いました。

 昔は、関東から関西にかけて麦飯に鰯(いわし)を添えて祝ったり、
九州地方や中部地方でも色々な民俗行事が行われていました。
しかし、今では一部の祝福行事を残して廃れているのが現状です。

 7日が年の改まる日としたのは、唐制の元日正月(大正月)と、
古来の15日正月(小正月)の半ばに当たる日で、
小正月を重んじる地方では祭の物忌みに入る時で、
祭の準備を6日または7日に行う例が今も見られます。

秋田県旧由利郡で、6日に「松迎え」と称して
ホオやミズキ・タラの木を切って来て、15日の朝に「門松立て」と称して
門口に立てる例などです。

6日を年越しと呼ぶことは室町時代以来で、現在でも長野県や近畿地方一帯、
九州では熊本県などで使われます。
 違う名称では、愛媛県南部では「糠正月(ぬかしょうがつ)」、
愛知県旧北設楽郡では「女の年越し」、埼玉県旧入間郡では「馬の年越し」、
福岡県旧下毛郡では6日が「牛の正月」、7日が「馬の正月」で、
牛馬に粉餅を食べさせたあと、外に放して割竹で地をたたいて飛び歩かせます。

江戸時代、徳川幕府が中国の古俗にならって正月7日を人日(じんじつ)として、
五節供の第一としましたが、そのもとには、六日年越しの習俗が反映していると見られます。
6日から翌朝にかけて炊いた七種の菜を粥にして7日にいただく「七草粥」も、
6日夜から入る物忌みの儀礼として考えてよかろうと思えます。

  六日はや睦月は古りぬ雨と風・・・・・内藤鳴雪
  かけかへて鶴の相舞ふ六日かな・・・・・松根東洋城
  橋七つ渡り六日も暮れにけり・・・・・結城静子


いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2020/01/06(月) 07:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【悲報】正月休み終了!


【悲報】正月休み終了!

【悲報】正月休み終了のお知らせが来ました。
明日から日常生活と共に仕事が迎えに来ます。
お気を付け下さいませ。

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2020/01/05(日) 20:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

1月5日(牛日:ぎゅうじつ)  【季節の言葉908】


新年竟宴祭(しんねんきょうえんさい)舞楽奉納
1月5日(牛日:ぎゅうじつ)  【季節の言葉908】


 一月五日ともなると、ほとんど正月気分が薄らいできますが、
昔は一月五日に宮中で叙位(じょい)が行われていました。

  水仙にかかる埃(ほこり)も五日かな・・・・・松本たかし
・・・のように、何気ないものに、ふっと松の内の感慨を覚えます。

  荏柄(えがら)天神五日の雪をちらしたる・・・・・星野麥丘人
  五日夜の雪踏んでゆく神詣・・・・・石井 保(たから)

・・・ということで、一月五日に行われる行事の一部をご紹介します。

上賀茂神社 舞楽奉納 1/2


上賀茂神社 舞楽奉納 2/2


興味のある方は、下記の「続きを読む」をクリック!

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

続きを読む

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2020/01/05(日) 08:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

Profile

CyberBizKiz

Author:CyberBizKiz
☆自由・勝手に転載可能です。
☆このブログの情報の内容は
保証するものではありません。
この情報によって生じた
いかなる損害についても
一切の責任を負いませんので、
あらかじめ御了承くださいませ。
☆このブログは一部の読者にとって
不快な内容が含まれています。
ご覧になられる場合は自己責任で
お願いいたします。
☆(現在、年齢18歳に引下げ詐称を思案中)

Latest journals

Category

京都の休日 (444)
季節の言葉 (924)
音楽のある風景 (3527)
寄り付き前チェック・リスト (1656)
相場 関連 (1525)
雑学&その他 (2217)
SEASONALITY MAP (302)
【投資部門別売買状況】【信用取引残高】 (16)
テクニカル株 (618)
ロックフェラー&ロスチャイルド (494)
tumble(タンブラー)から拾い読みCafe (15)
通信社株式コメント (281)
関連銘柄 (73)
ガーデニング (73)
Category: None (55)

メールフォーム(お問合せ)

名前:
メール:
件名:
本文:

Monthly archive

Latest comments

Latest trackbacks

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

忍者アクセス解析

Search form

Display RSS link.

Link

add link

Friend request form

Want to be friends with this user.

フリーエリア