濃密に稼げる!100倍速カリスマ CyberBizKiz-Blog

投資暦ウン十年、株式トレード系は少しだけ。あとは音楽や趣味、有益・無益情報と人生の生き残り術。

二十四節気『大暑』  【季節の言葉612】


歌川国芳 『四季之内 夏』
二十四節気『大暑』  【季節の言葉612】


 本日7月23日から暦は『大暑』です。

読んで字の如く、1年のうちで暑さが最も厳しくなるとき。
京都の夏の暑さは、冬の底冷えとともに格別だと言われます。

『暦便覧』には「暑気至りつまりたるゆえんなればなり」と記されていますが、
それは「小暑」と「大暑」との間を「暑気」と云い、「暑気」が至ると「大暑」と成るからです。

この「大暑」の時期に夏の土用「土用の丑」の日があり、今年は2回あります。
明後日の7月25日(火曜日)が「一の丑」で、8月6日(日曜日)が「二の丑」です。

 祇園祭終盤のこの頃、太陽の光をたっぷりと浴びた「夏の京野菜」が出回ります。
実がギュッとしまって美味しい賀茂茄子や水水しい上賀茂のキュウリやトマト。
ちなみに、八坂神社の氏子や祇園祭の関係者は、7月の間はキュウリを食べません。
キュウリを輪切りにした形が、八坂神社の紋にそっくりだからという理由で・・・・・

夏バテ防止にいいと言われる鰻にきゅうりもみを合わせた「うざく」など、
美味しいものがたくさんあるだけに・・・残念ですね。

まぁ~でも、まだ7月の京都は風が通り抜けるので、家の中ではマシなほうです。
問題は風がピタリと止まる8月です。
自宅の1階はまだマシなのですが、ワタシの部屋がある2階は地獄と化します。

「大暑」の風物詩といえば路地への「打ち水」ですね♪
この時期は毎日最低でも2回程度は玄関から歩道へと「打ち水」をしますので、水道代も鰻登りです。

でも「打ち水」の涼感って良いと思いませんか?!
草木なんかに葉水すると、生き生きと輝いて見えるんですよねぇ~・・・
今、庭のぐるりは「百合」のカサブランカが満開で、家中が百合の香りに包まれ、百合の香りに染まっています。

京都二十四節気 大暑


image_2015_07_16_003.jpg

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2017/07/23(日) 08:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

『才徳兼備(さいとくけんび)』  【季節の言葉611】


鶴田一郎  “カサブランカ”
『才徳兼備(さいとくけんび)』  【季節の言葉611】


「偶成(ぐうせい)」- 夏伊蘭

人 生 徳 與 才  兼 備 方 爲 善
獨 至 評 閨 材  持 論 恆 相 反
有 徳 才 可 賅  有 才 徳 反 損
無 非 亦 無 儀  動 援 古 訓 典
我 意 頗 不 然  此 論 殊 褊 淺
不 見 三 百 篇  婦 作 傳 匪 鮮
葛 覃 念 父 母  旋 歸 忘 路 遠
柏 舟 矢 靡 他  之 死 心 不 轉
自 来 篇 什 中  何 非 節 孝 選
婦 言 與 婦 功  徳 亦 籍 此 闡
勿 謂 好 名 心  名 媛 亦 不 免


 人生、徳と才と、兼ね備えて方(はじ)めて善しと為(な)す。
 独り閨材(けいざい)を評するに至っては、持論恒(つね)に相反す。
 徳あればさいたすべし、才あれば徳反(かえ)って損す。
 非なく亦儀(またぎ)なしと、
    動(やや)もすれば古(いにしえ)の訓典(くんてん)を援(ひ)く。
 我意(おも)うに頗(すこぶ)る然(しか)らず、
            此(こ)の論は殊(こと)に褊浅(へんせん)なり。
 見ずや三百篇、婦作(ふさく)伝ふる鮮(すくな)きに匪(あら)ず。
 葛覃(かったん)は父母(ふぼ)を念(おも)ひ、
               旋帰(せんき)して路(みち)の遠きを忘る。
 柏舟(はくしう)は矢(ちかっ)て他になく、死に之(いた)って心転ぜず。
 自来篇什(じらいへんしふ)の中(うち)、
          何(いづ)れか節孝(せっかう)選に非(あら)ざらん。
 婦言(ふげん)と婦功(ふこう)と、
        徳亦此(とくまたこ)れに籍(よ)りて闡(あきら)かなり。
 謂(い)うこと勿(なか)れ、名を好む心、
             名媛(めいえん)亦(また)免(まぬか)れずと。

  人生は徳と才を兼ね備えてこそいいという。
  ところが女性を評するときには、いつも違うようにいわれる。
  徳あれば自然に才能は備わっていて、なまじ才があれば徳が損なわれると。
  女は非もなく、また威儀もないのがいいなどと、古い書物を引き合いに出す。
  私が思うに、こんな論は偏狭で浅はか。
  御覧なさい。詩経三百篇の中に、女性の作だといわれるものが少なくない。
  葛覃篇には、嫁しても父母を忘れず、帰るのに遠路を厭わず、
  柏舟篇には寡婦となって再婚を勧められても
  死ぬまで心を転じなかった詩があります。
  詩篇中、どれ一つとして節孝でないものはありません。
  女性は学芸によって、徳があきらかになるのです。
  いわないで下さい。名誉欲が才媛にもあるのだなあなどとは
  (そんな言い方こそ、女性を侮辱していることなのですよ)。


興味のある方は、下記の「続きを読む」をクリック!

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

続きを読む

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2017/07/22(土) 08:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暑中お見舞い申し上げます。


暑中お見舞い申し上げます。

暑さ厳しき折柄、皆様にはお変わりございませんでしょうか。

平素は拙ブログをお引き立て、ご愛顧をいただき誠にありがとうございます。
皆様のおかげで、拙ブログも本日まで続けることができました。
心より深く感謝しております。

これからも、どうか拙ブログにお立寄り下さいますよう心よりお願い申し上げます。

まだまだこれから厳しい暑さが続きますが、
くれぐれもご無理などなさらないよう ご自愛くださいませ。

平成二十九年 盛夏

CyberBizKiz,




いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2017/07/20(木) 11:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

世界より先に変わるもの


世界より先に変わるもの
笑えるスピリチュアル ~ 知ってるトキはシっている ~ 2016/07/22
http://ameblo.jp/mitsulow/entry-12182938145.html


ある年、台風が青森を襲って県内のほとんどのリンゴが壊滅的な被害を受けた。
ほとんどの農家さんが落胆する中、一人の農家さんはこう言った。

「ものすごい台風で、ほとんどのリンゴが落ちた。
それでも、落ちなかった少しのリンゴは、あのスーパー台風でも落ちないリンゴなのだから、
受験生に【落ちないリンゴ】として、1個1,000円くらいで売れるかもよ。」

ものの見方を変えるだけで、現実は変わる。

そのリンゴをマスコミが取り上げて、ブームとなり、
なんとその年は、青森県内のほとんどのリンゴが、1個1,000円で売れたそうです。

その農夫さんは、青森全ての農家さんを救ったヒーローとなりました。
ただ、「ものの見方」を変えただけで。

観られた木は、同じ木なんです。
同じ木を見て、ある人は落ちたリンゴに落胆した。
同じ木を見て、別の人は、残ったリンゴを喜んだ。


もう一度、言います。

観られた木は、同じなんです。
その木を、「どう観るか」が違っただけ。

これは量子力学的に見ても正で、
世界(対象物)を変えることは出来ません。
世界は、観る人(観測者)によって構築されているからです。

世界を変えることは出来ませんが、
世界を、「どう見るか」を変えることが出来るんです。

「今日、このホールのドアを開いても、その外に新しい世界は出来ていません。
まったく同じ、世界がそこにはあります。

その、まったく同じ世界を、「どう違って観るか」だけが、
僕たちに出来ることです。

まったく同じ、悲しい出来事が、明日も起こります。
その出来事を、「どう違って観るか」だけが変えられます。

まったく同じ上司が、まったく同じイヤミを言ってきます。
その出来事を、「どう違えて観るか」だけが、
世界を変えるのです。

さぁ、まったく同じ世界に、まったく違う「ものの見方」をするヒーローが出て行きます。」

あなたは、今日、世界を「どう違えて」観てみますか?
世界が先に変わることは、絶対にあり得ません。
まったく同じ嫌な出来事を、あなたが「違えて」観るのです。

興味のある方は、下記の「続きを読む」をクリック!

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

続きを読む

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2017/07/17(月) 08:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

若者たちが感じる格差社会の現実「社会人カースト」


若者たちが感じる格差社会の現実「社会人カースト」
PRESIDENT Online 2016/05/30
http://president.jp/articles/-/18383


若者の間で「社会人カースト」という言葉が流行っている。有名大学を卒業して大企業に就職し正社員で、かつ人間力が高く、充実した人生を送る人々は「最上位のカースト」とされる。一方、学歴が四大卒未満、非正規社員で、見た目や性格がパッとしない人々は「最下層のカースト」となる。大阪大学人間科学研究科教授の吉川徹氏によると、若者たちが自分の序列(カースト上の位置)を意識するようになったのは、2008年のリーマン・ショック以降、学生が就職活動において企業から人間力を問われるようになってからだという。自己分析を通じて他人と比較し、上下の位置づけが見えるようになったためだ。また、雇用が流動化して転職が一般的になったことで、「雇用市場における自分の価値(実力やコネ)」を自己査定できるようになったことも背景となっているという。

日本の学校教育は1990年のバブル崩壊以降、ゆとりと個性が強調されるようになり、若い世代は「自分たちは本来、平等であるはずだ」と信じて育ってきている。その間に大人の世界では「格差社会」がいわれ、階層化が進んでいるのだが、階層格差が明らかに存在し社会問題となっている諸外国に比べればまだまだだ。この言葉の誕生は、若者がリアルな階層社会に敏感になってきた象徴なのかもしれない。

興味のある方は、下記の「続きを読む」をクリック!

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

続きを読む

テーマ:つぶやき - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2017/07/11(火) 09:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

『周敦頤 - 愛蓮説』  【季節の言葉607】


『周敦頤 - 愛蓮説』  【季節の言葉607】

水 陸 艸 木 之 花、 可 愛 者 甚 蕃 。
晋 陶 淵 明 獨 愛 菊 。
自 李 唐 來、 世 人 甚 愛 牡 丹 。
予 獨 愛 蓮 之 出 淤 泥 而 不 染、 濯 清 漣 而 不 妖、
中 通 外 直、 不 蔓 不 枝、 香 遠 益 清、
亭 亭 浄 植、 可 遠 観 而 不 可 褻 翫 焉 。
予 謂、 菊 花 之 隠 逸 者 也、 牡 丹 花 之 富 貴 者 也、 蓮 花 之 君 子 者 也 。
噫、 菊 之 愛、 陶 後 鮮 有 聞。
蓮 之 愛、 同 予 者 何 人、 牡 丹 之 愛、 宣 乎 衆 矣 。

 《書き下し文》

 水陸草木の花、愛す可き者甚(はなは)だ蕃(おほ)し。
 晋の陶淵明、独り菊を愛せり。
 李唐自(よ)り来(このかた)、世人甚だ牡丹を愛す。
 予は独り蓮の淤泥(おでい)より出づるも染まらず、清漣に濯(あら)はるるも妖(なまめ)ならず、
 中通じ外直(なお)く、蔓せず枝せず、香遠くして益々清(あお)く、
 亭亭として浄(きよ)く植(た)ち、遠く観るべくして褻(な)れ玩(もてあそぶ)べかざるを愛す。
 予謂(おも)へらく「菊は花の隠逸なる者なり、牡丹は花の富貴なる者なり、蓮は花の君子たる者なり」と。
 噫(ああ)、菊を之れ愛するは、陶の後聞く有る鮮(すくな)し。
 蓮を之れ愛するは、予に同じき者何人ぞ、牡丹を之れ愛するは、宜(むべ)なるかな衆(おほ)きこと。

《現代語訳》
山海の草木には愛すべきものが甚だ多く、
晋の陶淵明は菊を愛した。
唐代以降、世の人は甚だ牡丹を愛してきた。
私は蓮の泥から出て泥に染まらず、清らかに水面に波紋を描いて俗に流されず、
茎は中が通り外は真っ直ぐで、蔓(つる)も枝もなく、遠くまで清らかな香りを漂わせ、
高くすらりと清らかに立ち、ただ遠くから眺めて、穢すことのできない(そんな君子のように高潔な)ところを愛する。
私は思う。菊は(俗世間から逃れる)隠逸の花であり、牡丹は富貴の花であり、蓮は君子の花である、と。
ああ、菊を愛する人は、陶淵明の後、ほとんどいなくなってしまった。
私のように蓮を愛する人はどれだけいるだろうか? 牡丹を愛する人がこれほど多いのももっともなことだ。


************************************************************************************************************

周敦頤(1017 ~ 1073)字は茂叔、号は濂渓

『菊』 = 隠者 = 俗世の交わりや名誉を捨て暮す隠遁者。
『牡丹』 = 富貴な者 = 富める者たち、富を追及する者たち。
『蓮』 = 君子 = 脱俗・世俗に関わらず徳が高く品位の備わった人格者。


世の中の現状が、華美なものばかりを賛美し、富を求める人ばかりで、
『蓮の花のように泥から出て泥に染まらない』高潔な品位の備わった人格者を理想とする人がいない。
このような社会の風潮を嘆いた詩です。

酔妃蓮 ~ Beautiful Lotus Flower ~

  泥水の中から咲く蓮(はす)の花は、希望の象徴です。
  蓮(はす)はあらゆる障害を乗り越えて花を咲かせます。
  そもそも、蓮にとって濁った泥水は養分をとるために必要なもの。
  人間も同じですね。自分にとって都合のいいことばかりに囲まれていては成長は望めません。
  濁った水も必要なのです。
          by バーナード・グラスマン&リック・フィールズ(Bernard Glassman & Rick Fields)


テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2017/07/08(土) 08:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小竹と書いて“ささ(笹)”  【季節の言葉606】


わたせせいぞう 画
小竹と書いて“ささ(笹)”  【季節の言葉606】


 小竹と書いて“ささ”と読む笹は、
七夕祭りで短冊などがぶら下げられユラユラ揺れる風情が涼しそうですね♪

興味のある方は、下記の「続きを読む」をクリック!

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

続きを読む

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2017/07/07(金) 11:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

『小暑(しょうしょ)』  【季節の言葉605】


わたせせいぞう 画
『小暑(しょうしょ)』  【季節の言葉605】


本日は「七夕」ですね。
今年の関西の「七夕」は、織姫と彦星の逢瀬は全うできそうかな?!

~大暑来れる前なればなり~ 『暦便覧』

だんだん暑さが増して、蓮の花が咲き始める頃・・・・・
「蓮始華(はすはじめてはなさく)」と書きます。
そして、紫陽花がだんだんと色を失って行き、
しかしまた、その枯れた様子が愛しく感じたりします。

 梅雨明けも近くなり、「温風至(おんぷういたる)」と
カレンダーなどに書かれているのを目にしますが、
まさに湿っぽさの中にも夏の熱気・・・・・熱い風が至る時期なのです。

 毎年7月の半ば頃には、各地で梅雨明け宣言がだされます。

7月は祇園祭の月。京都では山鉾巡行が終わると梅雨も明けると云われ、
何年かに一度は巡行日も雨にみまわれることに・・・・・
7月1日の吉符入(各鉾町で祇園祭初日の1日に無事を祈る)から始まる祇園祭も、
鉾建てをはじめるという時期。
蒸し暑さを吹き飛ばすかのように町は活気づき、コンチキチンのお囃子が響きます。

[京都二十四節気] 小暑


いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2017/07/07(金) 07:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

文月(7月)の「設(しつら)え」  【季節の言葉604】

文月(7月)の「設(しつら)え」  【季節の言葉604】

我が家の玄関の「設(しつら)え」をご紹介します。

 玄関には色々な方々がいらっしゃる為、出来るだけポピュラーなものを・・・・・
観た記憶があるものや、意味の判りやすいものを心掛けています。

床の間には、茶道・華道の覚えのある方に判りやすいものを、
リビングや階段等なら明るいものを・・・という風に・・・・・
それぞれ季節感に合わせて考えています。

まぁ~そのほかの各部屋は、完全に趣味の世界なのですが・・・・・
・・・で、玄関に限り ご紹介させていただきます。

◆歌川広重 (弐代目)「諸国名所百景 京都祇園祭礼」◆
京都の七月は、この「祇園祭」からスタートし、「祇園祭」で締めくくります。

image_gionsairei.jpg

◆歌川広重 六十余州名所図会「丹後 天橋立」◆
現在の京都府北部に位置する丹後の国。丹後半島の付け根にあるのが、日本三景のひとつ「天橋立」です。
広重の図では全体ではなく天橋立の部分だけを描いています。
約八千本といわれる松林に中央右に見えるのは今ものこる天橋立神社(別名、橋立明神)。
洲の右側に帆掛け船が描かれているのが宮津湾で、左が阿蘇海です。

image_amanohashidate.jpg

興味のある方は、下記の「続きを読む」をクリック!

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

続きを読む

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2017/07/01(土) 08:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

『夏越の祓(なごしのはらえ)』  【季節の言葉603】


『夏越の祓(なごしのはらえ)』  【季節の言葉603】

 早いもので、もう六月晦日(みそか)。
一年の折り返し地点・・・節目時です。

 京都には、六月晦日の「夏越(なごし)」という言葉があります。
「夏越(なごし)」とは、睦月(むつき:1月)から
水無月(みなづき:6月)までの半年の厄を祓う神事。

その祈の神事の一つとしての「茅の輪潜り(ちのわくぐり)」は、
「蘇民将来」の故事に因(ちな)んだもので、
祇園会の粽(ちまき)とその由来を共にします。

「茅の輪潜り(ちのわくぐり)」を迎えると、京都は夏です♪

[京都二十四節気] 夏至


興味のある方は、下記の「続きを読む」をクリック!

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

続きを読む

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2017/06/30(金) 09:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鴻海会長、東芝入札で日本政府批判 新聞破り怒りあらわ


鴻海会長、東芝入札で日本政府批判 新聞破り怒りあらわ
朝日新聞 2017/06/22/ 22:26
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170622-00000091-asahi-bus_all


 鴻海(ホンハイ)精密工業(台湾)の郭台銘(かくたいめい)会長は22日、東芝の半導体子会社「東芝メモリ」売却の入札について、経済産業省の担当局長の実名を挙げて、「鴻海の邪魔をした」と、日本政府の姿勢を批判した。東芝は、政府系ファンドの産業革新機構を軸とする「日米韓連合」を優先交渉相手に選んでおり、鴻海は劣勢に立たされている。

 台湾での株主総会後の記者会見で、技術流出への懸念を繰り返した日本政府への不満をぶちまけた。昨年、シャープを買収した際にも、「できればシャープを買わない方が良い」と同じ経産省局長に言われたというエピソードも披露。東芝メモリ関連の記事が載った現地紙を破って怒りを表した。

興味のある方は、下記の「続きを読む」をクリック!

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

続きを読む

テーマ:つぶやき - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2017/06/23(金) 10:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

MAGIC CHOCOLATE BALL


MAGIC CHOCOLATE BALL

 おはようございます。お目覚めはいかがですか?
ご機嫌はいかがですか?

今日は暑さが増し増しになりそうなので、
こんな時こそ優雅に食いしん坊の自分のために・・・・・
ランチ後の冷たいデザートをご紹介いたします。

もしよろしければ お試しあれ ^^♪

MAGIC CHOCOLATE BALL


いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2017/06/23(金) 09:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

『夏至』  【季節の言葉600】


御来光の道と五芒星
『夏至』  【季節の言葉600】


本日 6月21日(水曜日)は『夏至』です。
『陽熱至極しまた、日の長きのいたりなるを以てなり』(暦便覧)
一年中で一番昼が長く 夜が短い日。新暦六月二十一日~七月六日(頃)

『夏至』の日とは、「太陽神」である天照皇大神の力がもっとも強くなる日であり、
天照皇大神を頂点に八百万神々を祀る神道にとって、
この日の太陽運行ラインは、最も強力な結界ラインとなります。

夏至の日の朝に伊勢の二見が浦から伊勢神宮内宮を通った太陽は平安京を通り抜け、
そして大江元伊勢の神体山である日室岳の山頂へと没っします。
その太陽の道筋のラインを利用して作られたのが「平安京」・・・つまり現在の京都です。

古来、世界中で『夏至』は特別な日だったと考えられます。
アンコールワットやストーンヘンジなど、
古代遺跡の中には建造物の配置などが夏至の日に太陽が昇ってくる方角を意識しています。

織田信長が桶狭間で今川義元を破ったのは、今の暦で6月22日の『夏至』の日。
当日は急な豪雨が降ったそうですが、歴史上には『夏至』の日が多く存在します。

御来光の道と五芒星 (ココをクリック)

実はこの『御来光(レイライン:Leyline)の道と五芒星』。現在でも日本の裏では蠢いています。
ちなみにワタシの自宅は、この五芒星の中心にある五角形の中の
平安・平城・明日香・熊野ライン(中心ライン=上記グリーン線)上にあります。

そして先だって日曜日にブログで書いた(下記リンク先)『お住まい』も、
実は、平安・平城・明日香・熊野ライン(中心ライン=上記グリーン線)上なんですよねぇ~・・・・・
現在でも日本の裏では蠢いているでしょう。
退位後お住まい、京都市が誘致検討…国に要望へ - 2017/06/18(日) 08:00 (ココをクリック)

[京都二十四節気] 夏至


興味のある方は、下記の「続きを読む」をクリック!

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

続きを読む

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2017/06/21(水) 09:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

『大五郎の前髪』  【季節の言葉599】


『大五郎の前髪』  【季節の言葉599】

「チャンスは貯蓄できない!」
・・・って言葉をご存知ですか?

アサヒスーパードライの生みの親で、アサヒビール中興の祖と呼ばれている
樋口廣太郎(ひぐちひろたろう)氏の言葉です。

樋口氏は、京都大学を卒業後、住友銀行に入行、副頭取まで登りつめ、
その後、アサヒビールの社長に就任し、その翌年にアサヒスーパードライを発売して大ヒットさせた人物です。
その樋口氏の残した格言が「チャンスは貯蓄できない!」です。
元住友銀行副頭取が「貯蓄できない!」と仰るくらいですから歴々(まざまざ)と思ったのでしょう。
何か『半沢直樹』を思い出しますよね♪

アサヒスーパードライ 福山雅治 CM集


興味のある方は、下記の「続きを読む」をクリック!

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

続きを読む

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2017/06/18(日) 10:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

相場の「ツキ」とか「流れ」とか「勢い」とか・・・・・

相場の「ツキ」とか「流れ」とか「勢い」とか・・・・・

【相場の動きを漫然と『期待して待つ』のは博打であり、
 忍耐強く待ち、シグナルを見いだした瞬間『反応する』のが投資・投機である】

by 世紀の相場師・ジェシー・リバモア 氏 (ココをクリック)

興味のある方は、下記の「続きを読む」をクリック!

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

続きを読む

テーマ:つぶやき - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2017/06/17(土) 08:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『入梅(にゅうばい)』といえば『五穀豊穣』  【季節の言葉597】


わたせせいぞう 画
『入梅(にゅうばい)』といえば『五穀豊穣』  【季節の言葉597】


 本日6月11日(日曜日)は『入梅(にゅうばい)』です。

『入梅(にゅうばい)』「梅雨入り(つゆいり)」は別のもので、
『入梅』は「立春」から135日目の日を暦の上で決めた日、
つまり『入梅』は暦用語・季語で、「梅雨入り(つゆいり)」は気象用語なのです。

 『入梅』の頃には、田植えが行われ、雨の恵みで『豊饒(ほうじょう)』が始まります。
天気予報のない時代には、暦なくして農作業は為しえなかったことが頷けます。

 毎年6月10日、伏見稲荷大社では「田植祭」が行われます。
タスキ掛けの早乙女など30名が、神前に日々あげられるご料米の稲苗を
神職より手渡され、神田に植え付ける。
巫女が、五穀豊穣を祈願し「お田舞」を舞い「お田植歌」を奏する。
そして10月25日の抜穂祭とともに、神事祭事として続いています。

■壬(みずのえ)は水の気の強い性格
入梅の由来や起源ははっきりとわかっていません。
ある説によれば、気象学がまだ発達していなかった頃は、
農作物の出来高をよりよいものにするために「梅雨」がくる時期の目安を
知っておく必要がありました。
そこで、江戸時代に暦の上での入梅が設けられたということです。
「入梅」は、芒種(ぼうしゅ)の後の最初の壬〔みずのえ〕の日です。
それは、陰陽五行説で「壬は水の気の強い性格」とされており、
水と縁がある日ということで、入梅の時期の目安に選ばれました。
※「芒種(ぼうしゅ)」は新暦6月5日~20日頃。

■6月を水無月(みなづき)と呼ぶ
6月を水無月と書きますが、決して水の無い月という意味にはならない。
「無」は「の」で連体助詞であるという。
つまり「水無月」は「水の月」であるらしい。

6月といえば「水無月」。「水無月」といえば「水の月」。
「水の月」といえば『入梅』。『入梅』といえば『五穀豊穣』

  梅雨入(つい)りとて鶉(うずら)の卵もらひけり・・・・・原 石鼎
  手ぬかりのありしごとくに梅雨に入る・・・・・進藤 一考
  入梅や墓さむげなる竹のつゆ・・・・・芭蕉
  降音(ふるおと)や耳もすふ成(なる)梅の雨・・・・・芭蕉
  ふところに乳房ある憂(う)さ梅雨ながき・・・・・桂 信子


[京都二十四節気] 芒種


いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2017/06/11(日) 08:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私の社会保障論 格差社会の落とし穴=千葉大予防医学センター教授・近藤克則

私の社会保障論 格差社会の落とし穴=千葉大予防医学センター教授・近藤克則
毎日新聞2017年5月31日 東京朝刊
https://mainichi.jp/articles/20170531/ddm/016/070/015000c


■公平性への欲求消せぬ
 老後の生活資金に3000万円は要るという。月10万円として年に120万円。60歳からの25年分で3000万円になる。近づいている人生100年時代になれば40年分だから約5000万円である。これに医療や介護の費用も加わるから、これでも最低必要額である。この額を貯金だけで賄える世帯は少ない。それでも健康で文化的な最低限度の生活を保障しようと作られた仕組みが年金制度に代表される社会保障だ。

 その財源は、お金持ちほど多く負担している。一方、多額の貯金があるお金持ちは社会保障制度がなくても困らない。なるほど、お金持ちから見ると費用だけを負担させられる理不尽な制度かもしれない。それでも社会保障が必要とされてきたのには理由がある。

 第一に、かつて「格差こそ経済成長の源泉だから必要悪だ」という声が大きかった。しかし、所得格差が大きくなりすぎると経済成長すら損なうことがわかってきた。経済協力開発機構(OECD)は2014年、日本のようにこの20年間に格差が拡大した国ほど経済成長率が低かったと報告した。社会保障は格差を縮小するよう、うまく設計し見直しをすれば成長戦略にもなるのだ。

 第二に、経済格差は拡大する性質がある。経済学者ピケティが「21世紀の資本」で示したように、過去200年以上、資本を持つ者は持たざる者より多くの富を手に入れ格差は拡大してきた。格差が大きくなると何が起きるか。社会は分断され治安の悪化、テロの多発などで社会が不安定になる。そうなれば失うものが大きい富裕層ほど多額の警備費を自己負担して守ることになる。それよりは社会保障による所得再分配の方がマシではないか。

 第三に、格差社会が不安定になるのには理由がある。人は利益だけでなく公正さも求めるからだ。「最終提案ゲーム」という実験がある。1000円を渡され見知らぬ誰かと分けるように言われる。あなたが示した額に相手が同意すれば分け合うが、拒否されたら両者とももらえない。合理的に利益だけを考えると、相手は少額であっても同意しそうだ。実際にやってみると、300円以下だと半数は拒否し、平均提示額は450円だという。人は何かを犠牲にしてでも不公正を罰したいという感情を持つ社会的動物なのだ。

 なるほど社会保障は、直感的な損得勘定から見ればお金持ちにとっては損な制度である。しかし正しいことが常にわかりやすいわけではない。いろいろな面から見てみると、お金持ちにも社会保障は合理的な制度である。その証拠に数十年単位で見れば社会保障は拡充を続けてきた。目先の損得勘定などで論議せず、社会保障を守り拡充していく社会であってほしい。
■□━━━━・・・・・‥‥‥………………………………
昨日「元CIA職員スノーデン」の記事で
「立ち位置で、観方が180°変わって来る。」・・・って言ったよね。

この「社会保障」についても同じこと。
上記にも書いてある通り「社会保障費」は「所得の再分配」です。

しかし現在は「富者から貧者」への再分配が問題なのではありません。
「富者から貧者」を問題にする輩は「論点」を逸(そ)らしているに過ぎない。

問題なのは「未来世代から現代世代」への再分配をしているってことなのです。

こういった問題を書いたり論じたりする世代の多くは50歳以上の権威のある方々ばかり。
「老後」に近しい人ばかり。

「消費税」だってそう!
毎度「消費税」で財政健全化して「次の世代に責任を果たす」・・・とか言うよね。
そうであるならば当然、「消費税」は近い将来に無くなるのが前提で話をしなければ詐欺に当たる。

だから「次の世代に責任を果たす」と言うのなら、
消費税を減らして行く工程表を示さない限り、永遠に消費税を取られることとなり、
「次の世代に責任を果たす」どころか「次の世代に重荷を背負わせる」結果となる。


「選挙」だってそう!
「1票の格差」とメディアは騒ぐけれども、それは「地域間格差」
しかし本当の問題は「世代間格差」
若さには下限があるが、なぜ老いには上限が無いのだ?

次の時代を形作るのは「次世代」である。
責任が取れない「老人」では無い。
何が言いたいかと申しますと、「孫を育てるのは爺婆ではない」ということ。

すべては現役を退いた老人と呼ばれる世代が、現役世代の若者や子供や赤ちゃん、
そして生まれて来る世代にまで「搾取」している構図なんだよね。

まず現役を退いた時点で・・・60歳以上は「選挙権」も失効すれば良い。


福島の震災で、「女川復興連絡協議会会長」さんが震災当時、こんなことを言っていました。
「60代は口を出すな。50代は口を出してもいいけど手は出すな。
 一通りの工事が終わり町ができあがるのに最低10年、その町づくりを評価されるまでにはさらに10年かかる。
 その時に今の50代60代は責任が取れない。責任を持って町を担っていく若者に任せよう。」


「50代は口を出してもいいけど手は出すな。」・・・っていうのは「助言」「補佐」は良いけれども、
「決定権」「決断」は次世代の人たちに任せろ!・・・って意味だろうねぇ~・・・・・

国造りっていうのも、そういうものじゃないのかなぁ~・・・・・
今の老人たちは、余りにも得手勝手・・・好き勝手し過ぎる。「既得権益」の元凶。

「若者だけじゃ心許(こころもと)ない???」 何言ってるの?!
そりゃアナタが確りと子育てして来なかったという事を言っているようなもの。
「勉強しなさい!」とだけ言って来て、本当に必要なことを教えるのを怠って来た証拠だね。

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

  1. 2017/06/06(火) 11:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二十四節気『芒種(ぼうしゅ)』  【季節の言葉595】


二十四節気『芒種(ぼうしゅ)』  【季節の言葉595】

 本日6月5日から二十四節気のひとつ『芒種(ぼうしゅ)』です。
ちなみに明日6月6日は「陰遁始(いんとんはじめ)」の日でもあります。

「芒(のぎ)ある穀類、稼種する時也」(暦便覧)

「芒(のぎ)」とは、稲や麦の穂先についているトゲのことです。
昔は、この時期に穀物の種まきや、麦の刈り入れ、田植えをする季節とされていました。
現在では、田植えはもう少し早い時期にされるようです。
梅雨入りを前に、農家の仕事が忙しくなる頃とされています。

またこの頃には梅の実が色づいたり、キレイな水辺にはが飛び始めたり、
爽やかな川のせせらぎが一年を通じて最も美しく感じられる頃です。
亀岡から嵐山へと流れる保津川には鮎が昇り始めます。
自然の中に夏の気配を感じることでしょう。

二十四節気は元々、中国の寒冷な地方を基にしていますので
日本の季節や意味とは若干ズレが生じますよね。
その中国では「体調管理に気を付けて栄養をとる」って意味合いが「芒種」にはあり、
中国の地方によっては、芒種には肉を食べる風習もあるようです。

「芒種」は、二十四節気では「小満」の次、「夏至」の前ですよね。
沖縄では、一つ前の節気と合わせて「小満芒種(すーまんぼーす)」と言って「梅雨」を意味するそうです。

禾(のぎ)と芒(のぎ)は同意語でイネ科の食物のことです。
芒(のぎ) = 禾(のぎ) = 稲
稲といえばお稲荷さんですね。稲荷神社の御祭神は宇迦之御魂神(うがのみたまのかみ)です。
別名「御饌津神」(みけつのかみ)とも言います。 食を司る神様です。

稲穂と云えば「五円玉硬貨」
五円硬貨をよく見ると、一面には稲穂(農業)、真ん中の穴の周りに歯車(工業)、
そうして下部には海(漁業)。もう一面には若芽(林業)がデザイン化されています。
そうして通貨という商業を含め五大産業がここにあるのですね。
総ての産業がお金に御縁(五円)がありますようにという願いを込めて♪

稲穂は一粒の米粒から幾多の黄金なす稲穂が生まれます。
「いなり」は「稲生り」から来たとも言われています。
稲は稲荷神社だけに関係するのではなく、神道にとって「稲」は切っても切れない存在です。

◆七十二候◆
初候「かまきり生ず」
次候「腐草(くされたる)ほたよとなる」
末候「梅の実の黄ばむ」


「蛍」も、もうそろそろですね。今週末辺りは1度、前の自宅へ掃除がてら「蛍」狩りにでも覗きに行ってこよっと♪

[京都二十四節気] 芒種


いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2017/06/05(月) 09:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

シュワシュワなフルーツ・サイダーゼリー簡単レシピ


シュワシュワなフルーツ・サイダーゼリー簡単レシピ

6月は蒸し暑いですね♪
蒸し暑さをシュワシュワッ♪・・・と解消させてくれる
食いしん坊のワタシにとって一石二鳥の簡単スウィーツ♪
ランチ後の冷たいデザート、シュワシュワ「フルーツ・サイダーゼリー」をご紹介いたします。

見た目も、チョットお洒落な感じでしょ♪
簡単に出来ますので、ぜひ試してみて下さい。

◆材料(グラス3個分)
水  75ml
グラニュー糖  25g
ゼラチン  6g
水(ゼラチン用)  30ml
レモン汁  5ml
サイダー  250ml
お好みのフルーツ適量(キウイ・フルーツミックス缶など)

チェリーなんかもカワユイ♪

お好みで「ブルーハワイシロップ(青色)」などで色付けすれば、
もっと夏らしくなりますよ♪

あと・・・星形チョコなんかをトッピングしたら、もっと完璧♪
一度お試しあれ♪

・・・一体、何のブログか分からなくなって来た!
健康志向皆無の食いしん坊が祟ってきている。

女神「あなたが落としたいのは体重ですか?体脂肪率ですか?」
ワタシ「両方」
女神「正直ものには両方与えましょう」
ワタシ「しまったっ!・・・・・」


【スイーツレシピ】サイダーゼリー Cider Jelly


いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながら 2箇所のポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/06/04(日) 12:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

どんな花も咲かないところがある。  【季節の言葉593】


わたせせいぞう 画
どんな花も咲かないところがある。  【季節の言葉593】

どんな花も咲かないところがある。
けれど、心の中には、
どんな花でも咲かせることが出来る。
(作者不詳)


興味のある方は、下記の「続きを読む」をクリック!

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながら 2箇所のポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

続きを読む

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2017/06/04(日) 08:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ

Profile

CyberBizKiz

Author:CyberBizKiz
☆自由・勝手に転載可能です。
☆このブログの情報の内容は
保証するものではありません。
この情報によって生じた
いかなる損害についても
一切の責任を負いませんので、
あらかじめ御了承くださいませ。
☆このブログは一部の読者にとって
不快な内容が含まれています。
ご覧になられる場合は自己責任で
お願いいたします。

Latest journals

Category

京都の休日 (275)
季節の言葉 (478)
音楽のある風景 (1893)
外資系証券寄付前成行注文状況 (1062)
相場 関連 (836)
雑学&その他 (1052)
tumble(タンブラー)から拾い読みCafe (15)
通信社株式コメント (279)
SEASONALITY MAP (195)
関連銘柄 (68)
テクニカル株 (254)
ロックフェラー&ロスチャイルド (268)
ガーデニング (62)
Category: None (40)

メールフォーム(お問合せ)

名前:
メール:
件名:
本文:

Monthly archive

Latest comments

Latest trackbacks

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

忍者アクセス解析

Search form

Display RSS link.

Link

add link

Friend request form

Want to be friends with this user.

フリーエリア