濃密に稼げる!100倍速カリスマ CyberBizKiz-Blog

投資暦ウン十年、株式トレード系は少しだけ。あとは音楽や趣味、有益・無益情報と人生の生き残り術。

『穀雨(こくう)』  【季節の言葉721】


『穀雨(こくう)』  【季節の言葉721】

 本日4月20日は二十四節気の一つ『穀雨』です。
旧暦3月辰の月の中気で、新暦4月20日です。

『穀雨』とは、「雨が降って百穀を潤す」という意味からきている言葉で、
『暦便覧』には、「春雨降りて百穀を生化すればなり」と記されています。

この時期は、やわらかな春雨が降る日が多くなり、
ひと雨 ひと雨 嫋(たお)やかな温かい日差しとなります。

この時期は種蒔きの最も好機で、
あらゆる原因・・・・・事象の出発は、ここにあります。

原因良ければ結果も上々!!
何事もこの時期に心機一転!スタートしましょう。

しとしとと降る雨は気が重くなりがちですが、
穀物が生長するための恵みの雨です。

つまりはワタシたちが生きるための恵みの雨でもあるのですね。
雨を見上げて感謝! 感謝! です。

中国では『お茶』を詠った五字の対聯(ついれん)で、

     詩 写 梅 花 月
     茶 煎 谷 雨 春


  詩は梅花の月に写し
    詩を写す(書く)なら梅花の月(が良い)

  茶は穀雨の春に煎る
    茶を煎る(煎れる)なら穀雨の春(が良い)


・・・というのがあり、
「谷雨」を『穀雨』と日本語訳しているワケは、
「穀」を、中国の簡体字では「谷」と書くからです。

ところ変わって英国にも、

   April weather,rain and sunshine both together.
      4月の天気は雨と日光がともに降り注ぐ


・・・という諺(ことわざ)があるそうです。
この季節、雨が多いのは洋の東西を問わず同じなのですね。

 この雨が5月の新緑や花々を美しく輝かせるのです。
そしてその先には夏の訪れが待っています♪

誰しも太陽のようになりたいといいます。
しかしワタシは雨のようになりたい。

太陽は陰をつくるけれども、
雨(水)は、隅々まで・・・・・それこそ地の果てまで
潤(うるお)いを行き渡らせ 命を育むことができます。
でも・・・雨は、あまり好かれないよね。

京都二十四節気 穀雨


いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2018/04/20(金) 09:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『大志を抱く日』Boys, be ambitious  【季節の言葉720】


『大志を抱く日』Boys, be ambitious  【季節の言葉720】

今日、4月16日は『大志を抱く日』です。
1877年(明治10年)のこの日、札幌農学校に赴任していた
「Boys, be ambitious(青年よ大志を抱け)」の言葉で知られる
ウィリアム・S・クラーク博士がアメリカへ帰国した日です。
年度始めのこの季節にピッタリですね♪

確か、札幌の羊ヶ丘展望台に「クラーク博士像」を観に行って、
この近くのレストランのオープンテラスでジンギスカンを食べた記憶が・・・・・
・・・って、ワタシの思い出・・・記憶は喰うことばかりかっ!

興味のある方は、下記の「続きを読む」をクリック!

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

続きを読む

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2018/04/16(月) 09:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

【春は「櫻梅桃李」の花あり、秋は「紅蘭紫菊」の花あり】  【季節の言葉719】


わたせせいぞう  『Ka Shin Fu 花信風』
【春は「櫻梅桃李」の花あり、秋は「紅蘭紫菊」の花あり】  【季節の言葉719】

春は「櫻梅桃李」の花あり、秋は「紅蘭紫菊」の花あり、皆これ錦繍の色、酷烈の匂なり。
  然(さ)れども昨開き今落ち、遅速異なると雖(いえど)も、
    風に隨(したが)ひ露に任せ、變衰(へんすい)遁(のが)れざる。
      有爲(うい)を樂しむに似て、無常を觀ず可し。

・・・・・・・・・・ 『古今著聞集』巻第十九:草木第二十九篇:646段 ・・・・・・・・・・

『古今著聞集』
は鎌倉時代、伊賀守橘成季によって編纂された世俗説話集です。
20巻726話からなり、『今昔物語集』、『宇治拾遺物語』とともに日本三大説話集とされています。

この詩に日本の心の全てが詰まっていますよね。

櫻には櫻の良さ、梅には梅の良さ、桃には桃の良さ、李には李の良さ・・・・・

誰も、櫻が梅だったら・・・とか、梅が桃だったら・・・とか考えないですよね。
増してや 櫻が 牡丹のように大きな花をつけてくれれば・・・とか、
梅が紅蘭のようだったら・・・とか考えません。

「みんな違って みんな良い」んですね♪

然(さ)れども昨開き今落ち、遅速異なると雖(いえど)も、
風に隨(したが)ひ露に任せ、變衰(へんすい)遁(のが)れざる。
(昨日咲いて今日散る花もある 風にしたがい露にまかせる 変化と衰退を逃れられるものなどない)

櫻は、蕾が膨らんで初々しく 花が咲いて美しく、
櫻吹雪で美しく、櫻蕊が元を彩り美しく 葉桜に成りて香り美しく
葉が落つる姿が甲斐甲斐しく 衣なくして凛と佇(たたず)む by ワタシ(CyberBizKiz)

「花」だけが美しいのですか? 「花」だけに囚われていませんか?
時間(とき)の移り変わりで「美しさ」に変わりはありますか?
いつの時間(とき)も「美しい」のです。

人をうらやむ必要もなければ 過去をうらやむ必要もない
あるがままの今のアナタが美しいのです。

上っ面(花)しか観えない人は 味(趣)のない人生

関東以南は櫻の花も終わりを告げようとしています。
「花の終わり」の表現方法って知っていますか?!

 桜は『散る』
 梅は『こぼれる』
 椿は『おちる』
 牡丹は『くずれる』 


ワタシの人生の幕は「こぼれおち」たい。
梅と椿の双花は贅沢ですね♪ (笑

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2018/04/15(日) 08:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『怠け者』  【季節の言葉718】


『怠け者』  【季節の言葉718】

春の陽気に誘われて、どうも『怠け者』になりやすい。
毎年、この時期になると1回は、何の理由もなく何もする気がなくなる時が来る。
昨日・今日が、ワタシは そんな感じ。

日本の科学者は30匹の黒アリを観察しました。
大部分が勤勉なアリですが、一部分が怠けている。
科学者がこれらの「怠けたアリ」にしるしをつけた。

そして食べ物の出所をなくした。

そのとき、勤勉なアリ達がどうしたらいいのかわからなくなったとき、
「怠けたアリ」がみんなを連れて、新たなに食べ物のあるところへ移った。


確かに勤勉は成功になくてはいけない条件の一つですが、
よく見ることと、よく考えることが、問題が起きたときにを解決するポイントとなっている。

興味のある方は、下記の「続きを読む」をクリック!

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

続きを読む

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2018/04/07(土) 10:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二十四節気『清明(せいめい)』  【季節の言葉717】


わたせせいぞう  『Ka Shin Fu 花信風』
二十四節気『清明(せいめい)』  【季節の言葉717】


 本日は二十四節気『清明(せいめい)』です。
この日から穀雨までの期間も『清明』と言います。
すべてが すがすがしく清らかで明るく美しくなります。

「清明」とは「清浄明潔」の略で、
『暦便覧』(天明7年〈1787年〉に出版、寛政10年〈1798年〉に再版された暦の解説書:太玄斎著)には、
「万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれる也」
───とあります。

晴れ渡った空には当に「清浄明潔」という語ふさわしい。
地上に目を移せば、百花が咲き競う季節であり、お花見の最盛期となります。

「清明」の期間の七十二候は以下の通り。
◆初候◆
玄鳥至(げんちょう いたる)
: 燕が南からやって来る(日本)
南の国からは燕(ツバメ)の渡りの便りが聞かれる頃
桐始華(きり はじめて はなさく) : 桐の花が咲き始める(中国)
◆次候◆
鴻雁北(こうがん きたす)
: 雁が北へ渡って行く(日本)
田鼠化為鴽(でんそ けして うずらと なる) : 熊鼠が鶉になる(中国)
◆末候◆
虹始見(にじ はじめて あらわる)
: 雨の後に虹が出始める(日本・中国)


ちなみに中国では本日から「清明節」の祝日で7日(土)まで3連休となります。
今年は8日が日曜日なので4連休ですね、うらやましぃ~♪

[京都二十四節気] 清明


興味のある方は、下記の「続きを読む」をクリック!

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

続きを読む

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2018/04/05(木) 09:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『あたらしい門出』相田みつを  【季節の言葉716】


『あたらしい門出』相田みつを  【季節の言葉716】

 若人の行く手に希望や歩みを照らしてくれるよう心より祈念します。
ワタシも幾つに成っても新しい道に挑戦できるよう身も心も新鮮・健康でありたい。
今日も笑顔で、そして感謝の心で過ごしましょうね♪

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

続きを読む

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2018/04/02(月) 09:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

『春の詩』  【季節の言葉715】


『春の詩』  【季節の言葉715】

さまざまな詩(うた)に触れ、
さまざまな詩(うた)で遊ぶ。
それは 心の中にいくつかの宝石を蓄えているようなもの

春暁(しゅんぎょう)- 孟浩然(もうこうねん)

      春 眠 不 覚 暁
      処 処 聞 啼 鳥
      夜 来 風 雨 声
      花 落 知 多 少

(訓読文)

 春眠 暁(あかつき)を覚えず
 処処(しょしょ)啼鳥(ていちょう)を聞く
 夜来(やらい)風雨の声
 花落つることを知らぬ多少ぞ

 (現代訳)
  ここちよい 春のあけぼの
  鳥啼いて ふと眼をさます
  雨まじる ゆうべの風に
  けさの庭 散る花いかに

  (口語訳)
   春の眠りの心地よさに
   夜の明けるのにも気がつかずにうとうとしていると
   あちこちに鳥の鳴き声が聞こえる
   昨夜は雨風の音がしていたけれど
   花はどれほど散ったのだろうか

春風(しゅんぷう) - 白居易(はくきょい)

      春 風 先 發 苑 中 梅
      櫻 杏 桃 李 次 第 開
      薺 花 楡 莢 深 村 裡
      亦 道 春 風 爲 我 來

(訓読文)

 春風先(ま)ず発(ひら)く 苑中の梅
 桜杏桃李(おうきょうとうり) 次第に開く
 薺花(せいか)楡莢(ゆきょう) 深村の裏(うち)
 亦(ま)た道(い)う春風 我が為に来たると

 (現代口語訳)
  春風は先ず、庭の梅の花を咲かせ、
  桜、杏(あんず)、桃、李(すもも)と、次々に開かせる。
  薺(なずな)の花や楡(にれ)の実も たくさん深い村に咲く
  こんな辺鄙なところにも春風がくるのだと私は喜ぶのだ


興味のある方は、下記の「続きを読む」をクリック!

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

続きを読む

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2018/04/01(日) 10:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は「イースター(Easter:復活祭)」  【季節の言葉714】


今日は「イースター(Easter:復活祭)」  【季節の言葉714】

今日は「イースター(Easter:復活祭)」ですね♪

「イースター(Easter:復活祭)」は、
十字架にかけられて死んだイエス・キリストが三日目に復活したことを記念・記憶する、
キリスト教において最も重要な祭です。
多くの教会で特別な礼拝が行われるほか、様々な習慣・習俗・行事があります。
キリスト教圏ではハロウィンよりも、クリスマスよりも大切にしている
最も重要なイベントなんですね。

「イースター(Easter:復活祭)」といえば、
「タマゴ」「うさぎ」ですね。

「イースターエッグ」・・・卵は、生命のはじまりの象徴であり、殻のなかにいる時間を経て、
殻を割って生まれてくる様子が、キリストの復活を表していることからシンボルとなっています。

「イースターバニー」は、うさぎが多産であることから、
豊穣や繁栄のシンボルとされていることがもとになっているそうです。

「イースター」のイベントで1番、有名なのは「イースターエッグハント」ですね。
「イースターエッグ」を庭や公園に隠して、みんなで探しに行くエッグハント。
春を感じながら家族みんなで探して楽しんでいます。宝探しゲームの感覚ですね♪

以外と知られていないのが、
「イースター」を祝う「アレンジ・フラワー」
「イースター」で好まれているのが「チューリップ」なんです。
「チューリップ」は春の訪れを告げる花だからですね。

「イースター(Easter:復活祭)」は、キリスト教圏では最も重要なイベント。
それとともに、春の訪れを祝うイベントでもあるんですね。

「イースター」のお祭りで春を楽しみましょう。

2018_04_01_image_tulip_002.jpg

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2018/04/01(日) 08:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

the POWER of Words~『ことばの力』


the POWER of Words~『ことばの力』

IT'S A BEAUTIFUL DAY AND I CAN'T SEE IT.
今日もいい日だね☆でも、僕にはそれが見えないんだ

It's a beautiful day and I can't stop myself from smiling.
(今日もいい日だね☆思わず笑みがこぼれてくる)
It's a beautiful day, the sun is up, the music's playing.
(今日もいい日だね☆空には明るいお日様が出て、楽しげな音楽も聞こえてくる)

the POWER of Words~『ことばの力』



いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2018/03/31(土) 10:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「桜と緑の中で味わうガーデン・ティー」  【季節の言葉712】


テーブルの上は桜の盆栽
「桜と緑の中で味わうガーデン・ティー」  【季節の言葉712】


 春から秋にかけての気候の良い季節は、お庭でお茶を飲むことが多いです。
英国の偉大なる作家、ヘンリー・ジェイムズ(Henry James)は、
これを「永遠不滅の楽しみ」と呼び、大層好んだそうです。

18世紀の終わりから19世紀の初め頃、ロンドンでは市の郊外にある
「ティーガーデン」という所によく出掛けたといいます。

ここは4月から9月ごろまでの間、戸外でのティーと花火や音楽、散歩などが
1~2シリング程度で楽しめる場所でした。

現在では、その習慣が家のお庭に取り入れられ、
ガーデニングで美しく整えられた中庭やテラスで、
緑を鑑賞しながらのティータイム「ガーデン・ティー」が人気となりました。

気持ち良さ抜群の「ガーデン・ティー」
春の少し肌寒さが残る季節、我が家ではランプで温めるポットでお客様をお迎えします。
・・・と言っても、我が家のお客様はご近所さんで、単なる「井戸端会議」なのですが・・・・・

家の中で沸かしたお湯の保温用ですが、ウォーマーとしても役立ち、
ポットに新鮮なフルーツを贅沢に使ってフレッシュな香りも楽しむフルーツ・ティーがお勧めです。
ちなみにワタシが好んで飲むのは下記写真のような
甘いオレンジ・フレッシュ・ティーです。

この季節は摘みたての『桜』も香りが良くてお勧めですね♪
上記写真のテーブルの上は『桜の盆栽』です。
これで今宵は満月なので「月見で一杯」「花見で一杯」ですね♪
どうか皆さん、一度お試しあれ♪

image_garden_tea_2015.jpg

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2018/03/31(土) 08:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春爛漫 絶好のお花見日和 全国各地で桜が満開


わたせせいぞう 画
春爛漫 絶好のお花見日和 全国各地で桜が満開

テレ朝news 2018/03/24
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000123610.html


24日は、全国的に穏やかな天気となった絶好のお花見日和となりました。桜前線を見てみますと、高知から始まり、関東まで北上してきていますが、新たに奈良県と香川県で桜の開花が発表されて、東京でも満開となりました。

くわしくは動画で…

春爛漫 絶好のお花見日和 全国各地で桜が満開 (2018/03/24)


興味のある方は、下記の「続きを読む」をクリック!

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

続きを読む

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2018/03/26(月) 09:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

二十四節気『春分(しゅんぶん)』  【季節の言葉710】


二十四節気『春分(しゅんぶん)』  【季節の言葉710】

 春ですよ~♪って声が、あちらこちらから聞こえてきそうな春陽気だったのですが・・・今日は寒い。
本日は二十四節季の一つ『春分(しゅんぶん)』の日です。

この時期から「暑さ寒さも彼岸まで」・・・といい、春の訪れを感じられます。
これは「冬の寒さは春分頃まで、夏の暑さは秋分頃までには和らぎ、凌ぎやすくなる」
・・・という意です。

まぁ~ワタシどもの世界(相場)では『彼岸天井・彼岸底』なんて格言がありますが、
これは昔、大坂・淀屋橋界隈にあった世界最初の先物取引である米相場にちなんだもので、
彼岸底とは、秋に収穫される米は翌年の春(彼岸)に減少するので、
新殻期から低迷を続ける相場でも、その頃には底入れするという意味でした。

また秋(彼岸)は、新米が収穫されるため、高値警戒となって相場は天井をつけやすくなります。
しかし、今日の経済的変化により、春が彼岸底、秋は彼岸天井とは必ずしも言えません。
あとは『節分天井、彼岸底』なんて格言もあり、これは以前のバブルの頃には
実際にこの『節分天井、彼岸底』の傾向がよく見られました。

昔・・・戦前は「春分の日」『春季皇霊祭(しゅんきこうれいさい)』と云っていました。
◇春季皇霊祭◇
「春季皇霊祭」とは、もと祝祭日の中の大祭日の一つ。
毎年、春分の日に宮中の皇霊殿で行われる皇室の大祭で、
天皇陛下自ら歴代の天皇・皇后・皇族などの皇祖の神霊を祀る儀式です。

平安時代の中期以降は、京都御所の清涼殿・御黒戸の間において仏式で執り行われていました。
しかし、明治の神仏分離政策により、神式による祭儀に変更されました。
「古事記」「日本書紀」などに、皇室による先祖を祀る祭儀が行われていたと記録されています。

■「七十二候」■
初候◆雀始巣(すずめ はじめて すくう)

   ◇春の気ますます盛んとなり、雀が巣を作り構え始める時節。
次候◆桜始開(さくら はじめて ひらく)
   ◇本格的な春となり、ようやく桜の花が咲き始める時節。
末候◆雷乃発声(らい すなわち こえを はっす)
   ◇遠くで雷音が聞こえる時節。

[京都二十四節気] 春分



興味のある方は、下記の「続きを読む」をクリック!

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

続きを読む

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2018/03/21(水) 10:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「プレゼント」


わたせせいぞう 画
「プレゼント」


 プレゼントって不思議なもので、贈る方も、贈られる方も嬉しいという素敵な習慣ですね。
恩着せがましいものではなく、良い意味でのある種・・・精神的満足感が漂ってきます。

誕生日や結婚記念日などはオフィシャルですね。
ヴァレンタインとか、ホワイト・デーとかはパーソナルです。

知っているとは思いますが、
「オフィシャル(official)」とは「公式な」「正式な」「形式張った」という意味で、
「パーソナル(personal)」とは「私的な」とか「個人的」とかいう意味ですね。

勘違いしている人が多いのですが、
誕生日結婚記念日などは「オフィシャル(official)」です。

お葬式は、どちらですか? 「オフィシャル」でしょう。
だからお付き合いのある会社関係者やその他「オフィシャル」な方々も出席したりするんですね。
誕生日や結婚記念日なども、盛大にする時は会社関係者やその他「オフィシャル」な方々も出席するでしょう。
たとえ2人っきりであっても、2人にとっては「オフィシャル(official)」なのです。

日本人って、お歳暮とかお中元とか、国民的なプレゼント習慣・・・・・
言って見れば、勝手に物を届ける一方的なプレゼントは得意なんだけれども、
面と向かってプレゼントするというのは苦手なんだと思ったりします。

プレゼントってモノの大きい小さいや、値段が高い安いではないですね。
相手が喜ぶかどうかが大原則です。
ですが、サプライズもOKだったり、モノではなくても構わないですね。

モノではない???
例えば旅行だったり、特別なディナーだったり・・・立派にプレゼントとして成立しますよね。

勿論、旅行の場合は旅行会社やホテル・旅館などに、特別な旅行という事を知らせておく事や、
ディナーでも予約の際に特別なディナーである旨を伝えて、できるだけ心地よい空間を演出するのも大切です。
勿論、その際は軽いサプライズ的なモノも用意できれば最高です。

日本人男性が苦手なのが「お花」の贈り物ですね。
特別なディナーに何もないのもロマンティックではありません。
しかし花束だとジャマになる。
そういった時に1本、もしくは数本のバラの花を綺麗にラッピングしてもらってプレゼントする。

旅先ならコンシェルジュなどに頼んで、奥さま宛に花のアレンジメントを届けてもらう。
旅先の部屋も綺麗になるし、奥さまも喜んでいただけて旅がもっと楽しくなります。

要は贈った人と贈られた人がより楽しくならなくてはプレゼントの意味がない。
プレゼントだけ届けて、その人のバースデイ・パーティーに欠席するとか、
結婚記念日に贈り物はするけど、その夜は仕事や付き合いで旦那がいないとかは逆のような気がします。

プレゼントなど持たなくてもバースデイ・パーティーに駆けつけた方が相手は喜ぶし、
結婚記念日に至っては何をか言わんやであります。

奥さまを、どれだけリスペクトしているか、感謝しているかを
誕生日や結婚記念日で、もっと世の男性陣は表すべきなのです。

ワタシは相手が誰であっても、一生その事を憶えていてくれるような、
そんなプレゼントをしてみたいと思っています。

一生の終わりに残るものは自分が集めたものでなく、与えたものなんですね♪
それはモノとは限りません。
例えば機会だったり、チャンスだったり、ここ1番の智慧だったり思い出だったりします。

今日は「ホワイト・デー」です。
気持ちを伝える折角のチャンスを無駄にするのはオトコとして最低です。
もし相場師ならば、チャンスを無にするなんて討ち死にですね♪ (笑

必ずこの機会に奥さま or 恋人へ、
心から感謝の気持ちをお伝えくださいませ。

EYDHE GORME - THE GIFT (訳詩付)


いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2018/03/14(水) 09:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

3月8日は「ミモザの日」  【季節の言葉708】

2018_03_08_image_Mimosa Bouquet
3月8日は「ミモザの日」  【季節の言葉708】

本日3月8日は、国際女性デー(International Women’s Day)とされていますが、
イタリアでは「ミモザの日」と呼ばれ、男性が日頃の感謝の気持ちを込めて、
妻や恋人、身近の女性にミモザの花を贈る習慣があります。

「ミモザ(ミモザアカシア)」は、春の訪れを告げる花でもあるんですね。

この日を迎えると、街中にミモザの花が見られるようになり、
街中に黄色のミモザの花が溢れ、色鮮やかに彩られるなんて素敵だと思いませんか ♪

ほんのりと甘い花の香りには、心を癒す働きがあるそうです。

理由なんて、どうでも良いんです。
いつもお世話になっている奥様、もしくは恋人に、
「ミモザの日」&“国際女性デー”を照れ隠しの言い訳にして、
花束をプレゼントしてみては ♪

自宅も花で飾られて綺麗になり、奥さまor恋人からは喜んでもらえて一石二鳥です。
そして「Mimosaミモザ」=シャンパン&オレンジジュースのカクテルで乾杯 ♪

ちなみに「ミモザ(ミモザアカシア)」の花言葉は、
「Secret Love(秘密の恋)」「Sensitivity(感受性、思いやり)」「友情」
・・・だそうです。

B'z - SAFETY LOVE


いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2018/03/08(木) 11:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

春の知らせ『啓蟄』  【季節の言葉707】


春の知らせ『啓蟄』  【季節の言葉707】

 本日、3月6日は『啓蟄(けいちつ)』です。

「二十四節気」の一つなのですが、あまり「二十四節気」は知らないけれども、
『啓蟄(けいちつ)』だけは学校で習ったから覚えている~・・・って方々が多いのでは?!

大気が温まるにつれ地中で冬眠をしていた虫たちが
戸を開き、穴から出てくるころ「蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)」・・・・・って意味ですね。
「蟄」とは冬眠している様子を言い、「啓」とは動作や行動するという意味です。

[京都二十四節気] 啓蟄


興味のある方は、下記の「続きを読む」をクリック!

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

続きを読む

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2018/03/06(火) 10:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ひなまつりの「折形」「花包み(はなつつみ)」  【季節の言葉706】


ひなまつりの「折形」「花包み(はなつつみ)」  【季節の言葉706】

 皆さまは「花包み(華包)」をご存知でしょうか

日本に古来より伝わる 礼法のひとつであり、
ひなまつり装飾の中にもその伝統が見られる「包み」の文化をご紹介いたします。

 日本では昔から、人と人とのおつきあいの中で贈答の習慣がありますよね。
特に冠婚葬祭などでは欠かせないものです。

紙で折り、包む、水引で結ぶということに特別の意味を感じ、
礼の心を形に表したもので、日本独自のたいへん美しい文化です。

「折形」は、600年以上の歴史を持つ室町時代に生まれた武家の礼法の一つで、
贈る人の気持ちと相手を敬う心をあらわす日本の「包み」の文化の原点といえます。

贈る相手や包む内容により、紙の種類や折り方がきちんと意味を持って定められており、
様々な儀式の場面でも生かされています。

 ひな祭りは平安時代から貴族の間で行われてきた行事です。
ひな人形を飾り、白、薄緑桃色の順に重ねた菱餅をそなえ、
桃の酒を飲んで厄を祓い、長寿を願いました。
菱餅の三色は、雪が解け(白)、草木(若芽)が萌え(薄緑)桃の花が咲くという意味です。

餅の材料は平安時代には母子草(ははこぐさ)が使われ、
以後、ひしの実や蓬(よもぎ)が使われました。
ひしの実はたいへん固く、割れにくいことから、
女子の身持ちの固さを願ったようです。

当時、餅には味がなかったので「きな粉」をかけて食べていました。
下記の「折形」は当時、貴重なタンパク源の「きな粉」を贈るときの
「包み」として使われたもので、ひなまつりには必ず「白・薄緑桃色の配色が使われました。
【雛節供の祝い包み】
2017_03_03_image_origata_002.jpg

そして伝統の「折形」の一つである「花包み(華包)」
今で申しますと“ラッピング”とでも申せばよいでしょうか。
襲(かさね)色目に倣った綺麗色の花包みです。

「想いを包み込む」ものが「折形」「花包み(華包)」なんですね。
知らなくても生活できるけど、
知ってるだけで、何でもない日常が特別な日になるような気がしませんか♪
もしよろしければお試しあれ♪
2017_03_03_image_hanatutumi.jpg

image_hanatutumi_500.jpg

花包みの折り方


<折形>の折り方


いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2018/03/03(土) 14:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『桃の節句』  【季節の言葉705】


『桃の節句』  【季節の言葉705】

『桃の節句』 春の訪れを 一番 こころに感じる行事ですねぇ~・・・・・

なんとなく・・・ほのかで・・・ふくよかで・・・優しくて・・・ほの暖かぁ~い・・・
そんなイメージの彩・・・桃の節句


ピンク色ではなく 『桃色』♪

『桃色』って、優しい女性を連想させる彩(いろど)りですね!
情熱の「赤」を小粋に抑え、柔らかく包み込んだような彩

そんな『桃色』に、春の訪れをほんわかと感じて・・・・・
イイですね 『桃色』って!

そうそう余談なんだけども・・・って、いつも余談だらけなんだけれども、

鬼退治に向かう桃太郎の話はたいていの人がご存知だと思いますが、
桃太郎の家来は覚えていますか?

猿、キジ、犬 ・・・・・です。
これは十二支でいう申・酉・戌の順なんですねぇ~・・・・・
金気に属する申・酉・戌の三匹が仲間となるというのは、桃太郎に財を与えるという意味です。

そして『桃』には邪気を払う力があるとされています。
桃の字は「木」「兆(きざし)」を組み合わせたもの。
「兆しをもつ木」は未来を予知し、魔を退けるって考えなんですよねぇ~・・・素晴らしい♪

昔話とか「桃の節句」は、何かしらの意味が込められてる・・・面白いですよね!

CASIOPEA vs T SQUARE - OMENS OF LOVE ~ LOOKING UP

ちなみに“OMENS”とは「兆し」って意味で、
LOOKING UP”は「上を見上げ続ける」・・・「向上心」ってことですね♪

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2018/03/03(土) 10:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『桃源怡然(とうげんいぜん)』  【季節の言葉705】


与謝蕪村 筆  「武陵桃源図」
『桃源怡然(とうげんいぜん)』  【季節の言葉705】


晋太元中、武陵人捕魚為業。
縁溪行、忘路之遠近。忽逢桃花林。
・・・芳草鮮美、落英繽紛。・・・山有小口、髣髴若有光。
・・・初極狹、纔通人。復行数十歩、豁然開朗。
・・・有良田美池、桑竹之属。阡陌交通、雞犬相聞。
其中往来種作、男女衣著、悉如外人。
男女衣著、悉如外人。黄髪垂髫、並怡然自楽。
・・・既出、
・・・尋向所誌、遂迷不復得路。・・・後遂無問津者。


(晋の太元中、武陵の人、魚を捕らふるを業と為す。)
(溪〔たに〕に縁〔よ〕りて行き、路の遠近を忘る。)
(忽〔たちま〕ち桃木の林に逢う。)
・・・(香りのよい草が茂り、落花がしきり。)
・・・(山に小口有り、髣髴〔ほうふつ〕として光有るがごとし)
・・・(初めは極めて狭く、纔〔わづか〕かに人を通ずるのみ。)
(復〔ま〕た行くこと数十歩、からりとして広々と明るく開けている所に出た。)
(田畑の間を道が縦横に走り、?犬(けいけん)相聞こゆ。)
(其の中に往来し種作す。)
(男女の衣著〔いちゃく〕、悉〔ことごと〕く外人のごとし)
・・・(既に出でて、)
・・・(向〔さき〕の誌〔しる〕しし所を尋ねしめしも、遂に迷ひて復た路を得ず。)
・・・(後遂に津〔しん〕を問ふ者無し。)

「陶靖節集注」より

※(・・・)は中略。

興味のある方は、下記の「続きを読む」をクリック!

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

続きを読む

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2018/03/02(金) 09:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『桃と菜の花に薇』  【季節の言葉704】


『桃と菜の花に薇』  【季節の言葉704】

今日から弥生・三月ですね♪
弥生・三月 もう目の前は『春』です。
毎年この時期になると、この花たちに巡り逢いたくなりますね♪

『桃と菜の花に薇(ぜんまい)』

春の彩(いろどり)と
春の香り・・・・・
春色の風に乗って
今年は どんな春となるのでしょうね♪


『桃と菜の花』それに初々しい「薇(ぜんまい)」を添えて・・・・・
これが一際輝いて美しい。。。

image_momo_nanohana_zenmai.jpg

興味のある方は、下記の「続きを読む」をクリック!

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

続きを読む

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2018/03/01(木) 11:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

春の風物詩「いかなごのくぎ煮」


春の風物詩「いかなごのくぎ煮」

春の風物詩「いかなご」が解禁されましたね ♪

去年は恐ろしく高騰しましたので、
今日のご祝儀相場は?・・・と思っていたのですが、
魚屋さんが持って来た値段は去年の半値くらいでした。

ワタシは今日、早速「いかなごのくぎ煮」が食べられそうです。
今年は多くの人たちが「いかなごのくぎ煮」を食べられそうですね。

ちなみに「いかなご」は関西で使われている言葉で、
関東では「コオナゴ(コウナゴ)」と呼ばれるのが一般的だそうです。

できるだけ小さな内に食べたいですね。
小さな方が「くぎ煮」にしても美味しいですから・・・・・

春がやって来ましたねぇ~・・・♪♪

2017年のいかなご漁 3月7日(火)より解禁 - 2017/03/07/ 13:00 (ココをクリック)

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

  1. 2018/02/26(月) 16:18:05|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ

Profile

CyberBizKiz

Author:CyberBizKiz
☆自由・勝手に転載可能です。
☆このブログの情報の内容は
保証するものではありません。
この情報によって生じた
いかなる損害についても
一切の責任を負いませんので、
あらかじめ御了承くださいませ。
☆このブログは一部の読者にとって
不快な内容が含まれています。
ご覧になられる場合は自己責任で
お願いいたします。
☆(現在、年齢18歳に引下げ詐称を思案中)

Latest journals

Category

京都の休日 (316)
季節の言葉 (587)
音楽のある風景 (2366)
寄り付き前チェック・リスト (1243)
相場 関連 (940)
雑学&その他 (1265)
SEASONALITY MAP (230)
テクニカル株 (285)
ロックフェラー&ロスチャイルド (339)
tumble(タンブラー)から拾い読みCafe (15)
通信社株式コメント (280)
関連銘柄 (68)
ガーデニング (67)
Category: None (45)

メールフォーム(お問合せ)

名前:
メール:
件名:
本文:

Monthly archive

Latest comments

Latest trackbacks

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

忍者アクセス解析

Search form

Display RSS link.

Link

add link

Friend request form

Want to be friends with this user.

フリーエリア