FC2ブログ

CyberBizKiz-Blog

投資暦ウン十年、リーマンショックもアベノミクスもトランプ当選も、すべてリアルタイムで当てて来ました。株式トレードのほかに音楽や趣味、有益・無益情報と人生の生き残り術。

BIS、世界的債券金利急上昇で新たな銀行危機を懸念

BIS、世界的債券金利急上昇で新たな銀行危機を懸念
今日の覚書、集めてみました 2013/06/29/ 13:36:20
http://blog.goo.ne.jp/kitaryunosuke/e/15b672d9ce00318d03416561040c5ebb


BIS fears fresh bank crisis from global bond spike
(BIS、世界的債券金利急上昇で新たな銀行危機を懸念)

Telegraph 2013/06/23/ 20:02 BST By Ambrose Evans-Pritchard
http://www.telegraph.co.uk/finance/newsbysector/banksandfinance/10138033/BIS-fears-fresh-bank-crisis-from-global-bond-spike.html


Soaring bond yields across the world threaten trillion of dollars in losses for investors and a fresh financial crisis unless banks are braced for the shock, the Bank for International Settlements has warned.
世界的な債券金利上昇は、銀行がショックに備えない限り、投資家に数兆ドルに上る損失をもたらし、新たな金融危機を引き起こす恐れがある、とBISが警告しました。












The Swiss-based institution said losses on US Treasury securities alone will reach $1 trillion if average yields rise by 300 basis points, with even greater damage in a string of other countries. The loss could range from 15pc to 35pc of GDP in France, Italy, Japan, and the UK. "Such a big upward move can happen relatively fast," said the BIS in its annual report, citing the 1994 bond crash.
スイスに拠点を置く同機関によれば、平均金利が300BP上昇すれば米国債だけで1兆ドルに上る損失が生じ、他の多くの国にはより大きなダメージをもたらすそうです。
この損失はフランス、イタリア、日本、英国で対GDP比15-35%に上ると思われます。
「そのような大幅な金利上昇はかなり急速に起こる可能性がある」とBISは1994年の債券危機を採り上げて年次報告書に記しました。

"Someone must ultimately hold the interest rate risk. As foreign and domestic banks would be among those experiencing the losses, interest rate increases pose risks to the stability of the financial system if not executed with great care."
「最終的には、誰かが金利リスクを取らなければならない。国内外の銀行がそのような損失を被るため、金利引き上げは慎重に行われなければ金融システムの安定性を脅かす危険性がある」

The warning comes after US Federal Reserve set off the most dramatic spike in US borrowing costs for over a decade last week with talk of early exit from quantitative easing (QE), sending tremors through the global system.
この警告は、FRBが先週QEの早期縮小に触れて、十年以上ぶりの劇的な金利上昇を引き起こし、世界中に衝撃を与えた後に出されました。

The yield on 10-year Treasuries has jumped 80 basis points since the Fed began to talk tough two months ago, closing at 2.51pc on Friday.
米国債10年物の金利は、FRBが2か月前に態度を強硬化させてから80BPも急上昇しており、金曜日は+2.51%となりました。

The side-effect has been a run on emerging markets, a reversal of hot-money inflows into China, and fresh debt jitters in Portugal, Spain, and Italy. Nomura said the US yield spike threatens to "expose the cracks in Europe once again" and short-circuit the US housing recovery.
この副作用で新興市場の暴落、中国へ流入したホットマネーの逆流、そしてポルトガル、スペイン、イタリアでの債券相場の新たな混乱が起こりました。
野村證券によれば、米国債金利の急上昇は「再びヨーロッパの亀裂を明らかにし」、米国住宅市場回復をとん挫させる恐れがあるそうです。

The BIS, the lair of central bankers, said authorities must press ahead with monetary tightening regardless of bond worries, warning that QE and zero rates are already doing more harm than good. The longer they go on, the greater the dangers.
中央銀行の集まりであるBISは、政府は債券に関する懸念を無視して金融引き締めを推し進めなければならないとして、QEやゼロ金利は既に毒よりも薬になっていると警告しました。
長期化するほど危険は大きくなるそうです。

"Central banks cannot do more without compounding the risks they have already created," it said in what amounts to an full assault on the credibility of ultra-stimulus policies.
「中央銀行はこれまでに作り出した以上のリスクを増大させることなく追加対策を行うことは不可能だ」とBISは超刺激策の信頼性への全面攻撃に相当する報告書の中で述べました。

Describing monetary policy as "very accommodative globally" , it warned that the "cost-benefit balance is inexorably becoming less and less favourable."
金融政策は「世界的に極めて緩和的」と評して、BISは「費用対効果はどんどん悪化している」と警告しました。

The BIS appeared call for combined monetary and fiscal tightening, prompting angry warnings from economists around the world that this risks a second leg of the crisis and perhaps a slide into depression.
BISは金融引き締めと財政引き締めの組み合わせを呼びかけているようであり、世界中のエコノミストは、これは次の危機を引き起こし、下手をすれば恐慌になる可能性があると怒りの警鐘を鳴らしました。

"It is a resurgence of extreme 1930s liquidationism. If applied this would do grave damage to the world economy," he said.
「1930年代の過激流動性主義の復活だ。これをやれば世界経済には深刻なダメージが生じる」と彼は述べました。

Marcus Nunes from the Fundação Getúlio Vargas in São Paulo said the report "reeks of Austrianism", referring to the hard-line view of the Austrian School that debt busts lead to `creative destruction' and should be allowed to run their course.
サンパウロのFundação Getúlio VargasのMarcus Nunes教授は、債務破綻は「創造的破壊」をもたらすので放置されるべきだとする、オーストリア派の強硬姿勢を採り上げて、同報告書は「オーストリア派の臭いがする」としています。

Prof Nunes fears a repeat of 1937 when premature tightening aborted recovery from the depression. "What is implicitly proposed is a degree of fiscal and monetary contraction that would make 1937 feel like a 'walk in the park on a sunny day'.
Nunes教授は、時期尚早な引き締め策により恐慌脱出が邪魔された1937年の繰り返しになることを懸念しています。
「暗に言われているのは、1937年など『なんでもない』ように思えるような規模の財政と金融の引き締めだ」

The BIS said monetary stimulus has created a host of problems, including "aggressive risk-taking", "the build-up of financial imbalances", and further "misallocation of capital".
BISによれば、金融刺激は「積極的リスク・テイキング」や「金融不均衡の積み上げ」、そして「資本の不適切な配分」など、多くの問題を生み出したそうです。

It said the central bank mantra of doing "whatever it takes" to boost growth has outlived its usefulness, and has left the Fed, the Bank of England, and others, stuck with $10 trillion in bonds. "Central banks cannot repair the balance sheets of households and financial institutions. Central banks cannot ensure the sustainability of fiscal finances," it said.
曰く、成長促進のためならば「何でもやる」という中央銀行の決まり文句は賞味期限切れであり、FRB、イングランド銀行などは10兆ドルもの債務を抱え込むことになったそうです。
「中央銀行は家計と金融機関のバランスシーtを修復出来ない。中央銀行は財政の安定性を確保出来ない」とのことです。

The emergencies policies have bought time for governments to put their budgets in order and tackle the deeper crisis of falling productivity, but this has been squandered. The BIS said leaders have put off the reforms needed to clear out dead wood and unleash fresh energy. Productivity growth in the rich states has dropped from 1.8pc between 1980-2000, to 1.3pc from 2001-2007, to just 0.7pc from 2010-2012. It has turned negative in Britain and Italy.
緊急政策は政府が財政再建を行い、生産性の悪化というより深刻な危機に取り組む時間を稼いだものの、これは浪費されてしまいました。
BISに曰く、指導者は役に立たないものを一掃し、新たなエネルギーを解放するために必要な改革を先延ばししにしたそうです。
先進国の生産性の伸びは、1980-2000年には1.8%、2001-2007年には1.3%、そして2010-2012年には0.7%までに落ち込みました。
英国とイタリアではマイナスに転じました。

"Extending monetary stimulus is taking the pressure off those who need to act. In the end, only a forceful programme of repair and reform will return economies to strong and sustainable real growth," it said.
「金融刺激の延長は、行動する必要のある者からプレッシャーを取り除いている。結局、経済を堅調かつ持続可能な本物の成長に戻すのは、修復と改革の強烈なプログラムだけである」とBISは記しました。

Piling on the pressure, the BIS said to call for draconian fiscal tightening to avert a future debt crisis across the big industrial economies, with Britain needing to slash its `primary budget' by up to 13pc of GDP to meet ageing costs.
BISはこのプレッシャーを強めて、主要先進国で将来債務危機が起こるのを回避するための厳格な財政の引き締めを呼びかけ、英国は高齢化によるコストを賄うために最大対GDP比13%という「プライマリー・バジェット」削減が必要だと述べました。

"Public debt in most advanced economies has reached unprecedented levels in peacetime. Even worse, official debt statistics understate the true scale of fiscal problems. The belief that governments do not face a solvency constraint is a dangerous illusion. Bond investors can and do punish governments hard and fast."
「大半の先進国の政府債務は平時において前例のない水準に達した。更に悪いことに、政府債務統計は本当の財政危機の規模を過小に述べている。政府は支払問題に見舞われないなどという考えは危険な幻想だ。債券投資家は政府を強烈かつ急速に処罰することが可能であり、実際に処罰している」

"Governments must redouble their efforts to ensure that their fiscal trajectories are sustainable. Growth will simply not be high enough on its own. Postponing the pain carries the risk of forcing consolidation under stress – which is the current situation in a number of countries in southern Europe."
「政府は財政軌道を持続可能にするための努力を倍増しなければならない。成長だけでは不十分だ。痛みの先送りには、ストレス下で財政再建を推し進めるリスクがあり、これは南部欧州の多くの国の現状と同じだ」

The call for double-barrelled fiscal and monetary contraction is remarkable, challenging the widely-held view that easy money is crucial to smooth the way for budget cuts and deep reform.
財政と金融のダブル引き締めの呼びかけは驚くべきものであり、低金利資金こそ支出削減と大規模改革をスムーズに進めるために必要不可欠である、という常識に反するものです。

The BIS is in stark conflict with the International Monetary Fund and most Anglo-Saxon, French, and many Asian economists, as well as the team of premier Shinzo Abe in Japan. What is emerging is a bitter dispute over the thrust of global economic policy at a crucial moment.
BISはIMFやアングロ・サクソン、フランス、アジアのエコノミストの殆ど、そして日本の安倍晋三総理大臣のチームと真っ向から対立しています。
重大な時に、世界経済政策の要点を巡る激しい論争が繰り広げられているということが、明らかになりつつあります。

Critics say the BIS is discrediting monetary remedies before it is clear whether the West is safely out of the woods. It may now be much harder to push through fresh QE if it turns out that the Fed has jumped the gun with talk of early bond tapering.
批判者に言わせれば、BISは西側が危機を完全に脱したかどうかが明らかになる前に、金融政策という治療法を否定しているとのこと。
FRBが早期QR縮小に触れてフライングしてしまったと明らかになっても、次のQE実施は遥かに難しくなったかもしれません。

Scott Sumner from Bentley University said the BIS is wrong to argue that delaying exit from QE and zero rates is itself dangerous. The historical record from the US in 1937, Japan in 2000, and other cases, is that acting too soon can lead to a serious economic relapse. When the US did delay in 1951, the damage was minor and easily contained.
ベントレー大学のスコット・サムナー教授曰く、QEとゼロ金利の終了延期は危険だ、などというBISの主張は間違っているそうです。
1937年のFRB、2000年の日本、その他の歴史的ケースは、時期尚早な行動こそ経済への深刻なダメージをもたらす可能性がある、と示しています。
米国が1951年に本当に延期した際、そのダメージは小規模であり、容易に封じ込めることが出来ました。

Prof Sumner warned that Europe risks following Japan into a deflationary slump if it takes the advice of the BIS and persists with its current contraction policies.
サムナー教授は、ヨーロッパがBISのアドバイスに従って、現在の縮小的政策を持続させれば、同地域は日本のようにデフレ不況に陥る危険性がある、と警告しました。
■□━━━━・・・・・‥‥‥………………………………

結果的に、FRBのQEの早期縮小で上げ下げを演出するのか???
それとも7月半ば頃にブラックスワンが突如として出没するのか???

まぁ~それまでに宜しくやって行かなくては・・・・・
まぁ~金融の流れが教えてくれるでしょう。


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:つぶやき - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2013/06/30(日) 17:00:00|
  2. 相場 関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<湘南乃風 - 黄金魂 | ホーム | 湘南乃風 - 炎天夏>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cyberbizkiz.blog.fc2.com/tb.php/634-f445da44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

CyberBizKiz

Author:CyberBizKiz
☆自由・勝手に転載可能です。
☆このブログの情報の内容は
保証するものではありません。
この情報によって生じた
いかなる損害についても
一切の責任を負いませんので、
あらかじめ御了承くださいませ。
☆このブログは一部の読者にとって
不快な内容が含まれています。
ご覧になられる場合は自己責任で
お願いいたします。
☆(現在、年齢18歳に引下げ詐称を思案中)

Latest journals

Category

京都の休日 (448)
季節の言葉 (941)
音楽のある風景 (3599)
寄り付き前チェック・リスト (1681)
相場 関連 (1547)
雑学&その他 (2258)
SEASONALITY MAP (305)
【投資部門別売買状況】【信用取引残高】 (16)
テクニカル株 (635)
ロックフェラー&ロスチャイルド (502)
tumble(タンブラー)から拾い読みCafe (15)
通信社株式コメント (281)
関連銘柄 (73)
ガーデニング (73)
Category: None (55)

メールフォーム(お問合せ)

名前:
メール:
件名:
本文:

Monthly archive

Latest comments

Latest trackbacks

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

忍者アクセス解析

Search form

Display RSS link.

Link

add link

Friend request form

Want to be friends with this user.

フリーエリア