FC2ブログ

CyberBizKiz-Blog

投資暦ウン十年、リーマンショックもアベノミクスもトランプ当選も、すべてリアルタイムで当てて来ました。株式トレードのほかに音楽や趣味、有益・無益情報と人生の生き残り術。

5月の「浮世絵」  【季節の言葉579】

5月の「浮世絵」  【季節の言葉579】

我が家の玄関に飾る「浮世絵」をご紹介します。

 玄関には色々な方々がいらっしゃる為、出来るだけポピュラーなものを・・・・・
観た記憶があるものや、意味の判りやすいものを心掛けています。

床の間には、茶道・華道の覚えのある方に判りやすいものを、
リビングや階段等なら明るいものを・・・という風に・・・・・
それぞれ季節感に合わせて考えています。

まぁ~そのほかの各部屋は、完全に趣味の世界なのですが・・・・・

◆歌川広重「菖蒲に白鷺」◆
白・紫・藍・緑と、すべて青系統を主色としたこの一枚は、広重らしさが見られる作品です。
特に藍色の使用は広重の得意とするところ。
白鷺の羽毛がすべて絵具を用いずバレンで強く摺る「カラ摺」とした点も工夫の一つです。

image_hiroshige-shirasagi.jpg

◆歌川広重 名所江戸百景「水道橋駿河台」◆
大きく大胆に描かれた一匹の鯉のぼり。広重ならではの抜群の構図力が光る作品です。
画面奥には富士がくっきりと姿を見せ、爽やかな五月晴れの一日であることがわかります。
おおらかで楽しげな作品ですね。

image_hiroshige-koinobori.jpg

興味のある方は、「続きを読む」をクリック!













 ◆失われた日本人の「品格」について思うこと◆

 人間の「品」とか「格」という言葉を、
最近ほとんど聞かなくなりました。ほとんど「死語」に近い言葉です。

なぜこの言葉が聞かれなくなったのでしょうか?

 明治以来、日本人はあるスタイルを持って生きてきたのですが、
戦争に負けたことによってそれが全部ご破算になった。

本当は全部ダメになったワケではないと思うのですが、
敗戦当時の人たちは、それまでの生き方が根本から否定されたように思えたのでしょう。

そして敗戦の混乱の中で、とにかく生きなければ、喰っていかなければ・・・・・
・・・という面だけが巨大に膨らんで、経済に重点を置き過ぎた方向に走り出しました。

『どう生きるか?!』・・・という命題を「どう稼ぐか?!」「どう収入を得るか?!」・・・に、
ほとんど置き換えてしまった事が、戦後の日本の混迷と同時に
人間の品格をも失われさせた大きな原因だと思っています。

「仏作って魂入れず」・・・の 諺(ことわざ)通りです。

 西洋の近代文明と交わる以前の日本に憧れ、
自ら「美しい日本人」になりたいとまで思った西洋人がいました。
オランダ生まれの画家「ゴッホ」です。

 十九世紀のヨーロッパに持ち込まれた日本の浮世絵は、
美術界にJaponisme(フランス語:ジャポニスム、日本趣味・日本心酔) (ココをクリック)
生み出しましたが、なかでも「ゴッホ」は浮世絵が
『鳥の目と虫の目』・・・で、描かれていることにとても感動したのです。

 ヨーロッパの絵の視点は一点、つまり人間の目なんです。
ところが浮世絵は、例えば北斎の富嶽三十六景の有名な「神奈川沖浪裏」など、
image_hokusai-kanagawa.jpg
富士山は「鳥の目」でとらえ、手前のかぶってくる波は「魚の目」。
つまり鳥の視線と虫もしくは魚の視線で描いてある。
人間の目だけでなく、自然の中に身を沈めて描いているんです。

北斎やほかの浮世絵師たちが、こうした優れて自然なフォームを自覚していたかどうかは判りませんが、
「ゴッホ」は浮世絵師の感覚をとても素晴らしいと思ったのです。

今文明の果てに、自然を破壊し、地球そのものさえ破壊しかねないという処まで来て、
人間は自然と一体だという かつての日本人の自然観が、
やっと少数ながら理解され始めたのではないでしょうか!?

 昔は・・・・・かつてはどこにだって「日本風 品のいい人」がいました。

 品格の話に戻りますが、品格のある人といえば、
言葉遣いが綺麗で、挨拶がきちんとしているというイメージがあります。
まぁ~最近では特に「お顔立ち」も重要だとか・・・・・(嘲笑

ちなみに「品格のある人」に対して「学歴」は入りませんよね。
たぶん「品格のある人」の「学歴」に対してのイメージは「そこそこ」・・・・・
・・・というのが皆さんの答えではないでしょうか?!
皆さんが必死となる「学歴」とは実はその程度のモノなのです。

 みんな・・・全てにおいてひどくなった。
というものは、備えようと心がけて叶うものでもない。

むやみに言葉遣いや、食事作法を丁寧にしたところでツケ焼刃・・・スグに地が出る。
一にも二にも、いかに自分に対して誠実であるかという事です。

今の日本人には誠実さなど「野暮ったい」「ヘタな世渡り」、
そもそも誠実に生きるといっても何をどう生きればいいのか判らないでしょう。

昔は・・・たとえば長屋のお婆さんでも、決して「昔は良家の」・・・・・
・・・なんて事と関係なく品格を持つ人がいました。

 世間様というものを意識して自分の分際を心得て、他人に迷惑をかけず、
馬鹿馬鹿しいような信心といえばいいのか、恐れを抱いて、
しかも毅然(きぜん)としているお年寄り、結構 物知りでね。

自分の分際を心得て・・・・・これは禅語「吾唯足知(われ ただ たるを しる)」 (ココをクリック)
・・・に通ずることです。

 貧しい暮らしでも客を迎える。外出するときにはきちんと身なりを整える。
それもちょっとの工夫で普段着とは別の印象、つまりオシャレが身に付いていました。
スカーフ一枚でたちまちドレスアップ風に見せるパリジェンヌと共通する心構えを持っていました。
しわくちゃ顔のお婆さんでも一種、人間の格というか、存在感がありました。

 昔はこんな「日本風品のいい人」が、どんな業界にも要所ごとにいたものです。
ヤクザっぽい業界にも・・・例えば金貸しなどにでも・・・・・
そしてこういった人たちに不出来だと怒られる・・・叱ってくれるんですよねぇ~・・・

たとえば「金貸し」では、
「金貸しは、金は貸しても、人様からは1円の貸しも作らない。」・・・・・
・・・とか、その業界の「暗黙の掟」・・・「哲学」みたいな事を教えてくれるんですよねぇ~・・・

皆さんが知っている処では「ヤクザは堅気に手は出さない」的な内容がありますよねぇ~・・・・・

 ご存知の通り、今の日本ではこういう方々が極めて少ない。
いらしたとして、何だか影が薄い。(笑

 ではなぜそうなったかと言えば、誠意とも関わりますが、
人間関係において緊張感が失われたことが挙げられます。

 日本は戦前、「人様に後ろ指をさされることをしてはいけない」
という村落共同体における規律が人を緊張させていました。
その「束縛」や「規律」に代表される「他人」がいたから
自分が誠実に生きるとは何かという問いを常に突きつけられていました。

一見窮屈のようですが、品や格とは そういう緊張感からしか生まれないものなのです。

ところが戦後はその戦前を全て否定しました。

そして戦後に生まれたのが「無責任」。
戦後は緊張感を排除して「気楽に生きて行くことが1番」・・・・となって行ったのです。
あげく、行き着いた先は「その場しのぎ」で過ごす。
・・・で、「長いものには巻かれろ」と成りました。
そりゃぁ~「品」も「格」も失われ「死語」と成るワケです。

「人」としてすべての人は平等なのですが、「人格」においては人はすべて差異を持っています。
「人の権利」ばかりに関心を向け、「人の格」にあまりに鈍感になったのではないでしょうか。
「人権」栄えて「人格」滅ぶ・・・ってヤツですね。

まぁ~今風な人に対して申し上げるなら、
人としてのスペックと、漢(男性)(もしくは女性)としてのスペックは別物です。

「品格」とは「誠実」な「覚悟(生き様・潔さ)」です。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2017/05/01(月) 09:00:00|
  2. Category: None
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<MONDO GROSSO feat. Bird - LIFE | ホーム | 2017/05/01 外国証券寄付前成行注文状況>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cyberbizkiz.blog.fc2.com/tb.php/6481-9d7b2aac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

CyberBizKiz

Author:CyberBizKiz
☆自由・勝手に転載可能です。
☆このブログの情報の内容は
保証するものではありません。
この情報によって生じた
いかなる損害についても
一切の責任を負いませんので、
あらかじめ御了承くださいませ。
☆このブログは一部の読者にとって
不快な内容が含まれています。
ご覧になられる場合は自己責任で
お願いいたします。
☆(現在、年齢18歳に引下げ詐称を思案中)

Latest journals

Category

京都の休日 (444)
季節の言葉 (924)
音楽のある風景 (3527)
寄り付き前チェック・リスト (1656)
相場 関連 (1525)
雑学&その他 (2217)
SEASONALITY MAP (302)
【投資部門別売買状況】【信用取引残高】 (16)
テクニカル株 (618)
ロックフェラー&ロスチャイルド (494)
tumble(タンブラー)から拾い読みCafe (15)
通信社株式コメント (281)
関連銘柄 (73)
ガーデニング (73)
Category: None (55)

メールフォーム(お問合せ)

名前:
メール:
件名:
本文:

Monthly archive

Latest comments

Latest trackbacks

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

忍者アクセス解析

Search form

Display RSS link.

Link

add link

Friend request form

Want to be friends with this user.

フリーエリア