FC2ブログ

CyberBizKiz-Blog

投資暦ウン十年、リーマンショックもアベノミクスもトランプ当選も、すべてリアルタイムで当てて来ました。株式トレードのほかに音楽や趣味、有益・無益情報と人生の生き残り術。

数寄者『茶飯釜(さはんがま)』の野趣を味わう  (京都の休日572)


数寄者『茶飯釜(さはんがま)』の野趣を味わう  (京都の休日572)

 冬景色も深まり炉の火が恋しい厳寒の季節、
茶席でのおもてなしは温かさがご馳走です。

12月から3月ごろまで、茶の湯では『茶飯釜』が催されます。

我が家では「立春」前後に行う慣わしで、
ところによっては「上巳(じょうし)の節供:桃の節句」に合わせる処もございます。

聞きなれない言葉ですが、『茶飯釜』は茶の湯の巧者、
数寄者(すきしゃ)
が好む茶事といわれています。

 お客様の前に釜を持ち出してご飯を炊くのですから、
親しい間柄の野趣に富んだ茶事といえましょう。

小間の侘びた茶席ならではの、そして厳しい寒さの中でこそ楽しい
一座建立(いちざこんりゅう)なのです。

侘び茶の究極の姿、『茶飯釜』の茶事をご紹介します。

興味のある方は、下記の「続きを読む」をクリック!

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング












image_uekitarite.jpg

 『茶飯釜』は利休の孫の宗旦(そうたん)が、
堺の侘び茶人・銭屋宗徳(ぜにやそうとく)に贈った釜から・・・・・
・・・と、いわれています。侘び茶に徹した宗旦の茶風がうかがえる道具です。

その釜の胴には客側と亭主側のそれぞれに、
「餓来飯(うえきたりてめし) 渇来茶(かわききたりてちゃ)」
・・・と鋳込み、飯茶両用に使えるようにして贈ったとのこと。
これは宗旦参禅の師・清巌宗徧(せいがんそうい)の偈(げ)。
『茶飯釜』宗旦釜ともいわれています。

 茶の湯の本流を会得し、工夫を凝らし、自由になる。
いわば守破離(しゅはり)の心で『茶飯釜』を楽しむのです。

『茶飯釜』は、その姿こそ自由な遊び心と映りますが、
肝胆相照(かんたんあいて)らす仲の主客でなければ面白くありません。
互いに相手の心がわかるほど親しければ、
亭主の趣向の面白さも一見して理解できるわけです。

 侘び茶の究極の姿『茶飯釜』は、昵懇(じっこん)の間柄の
「一期一会(いちごいちえ)」であり、精神性の高い茶事です。

 席入りをすると、初座の床には「本来無一物」(※)の掛物が、
いかにも侘び茶の極みという様子で掛けてあります。
image_honraimu.jpg
(※)「本来無一物」=万物は実体ではなく、空にすぎないのだから、
    執着すべき対象は何一つないということ。〔禅語〕


全文を述べると、

  菩提本無樹  明鏡亦非台 
(ぼだいははもとよりじゅなし めいきょうもまただいにあらず)
  本来無一物  何処惹塵埃
(ほんらいむいちもつ いずれのところにかじんあいをまねかん)

  悟りにはもともと樹はない、澄んだ鏡もまた台ではない、
  一切はもとより空無であり、一つとして固定的実体のあるものはないのだ
  何処に塵埃が積もるというのか
 ───と言う意味です。

 初炭の準備も整い、亭主の挨拶の後は炭手前が・・・・・
やがて炭は真っ赤に熾(お)きはじめ、席中に温かさが漂います。

厳しい寒さゆえに炭火が嬉しい。『茶飯釜』は火の熾(お)りが大切です。
「火相湯相(ひあいゆあい)」といわれるように、
その加減で美味しいご飯が炊けるのです。
この炭火でご飯も炊き、お湯も沸かすのです。

 炭が熾(お)き、釜が掛けられます。
洗い米を入れてご飯が炊けるまでの間が楽しい。
短冊や硯を用意し、和歌や俳句を楽しんで戴くのも一興。

向付とお酒を供し、興が増せば謡曲の一節もでて、
席中に和やかな刻が流れます。

 お客様の前でご飯を炊くという『茶飯釜』の茶事は、
その珍しい作法も興味が尽きません。
沸騰したお湯の中に、真っ白い布巾に包まれた洗い米をサッと入れます。
さらさらという音を聞き、やがてご飯の香りが席中を満たしていきます。

 道具中心のお茶も、堅苦しいお茶も卒業した侘び数寄の茶。
それが『茶飯釜』の醍醐味です。
流儀の作法を超えたところにそのお茶はあります。

何ものにもとらわれない自由な発想で、
ただ親しい友に二刻(約四時間)を、心から楽しんで欲しい・・・・・
・・・との願いを込めて茶事をします。

豊かな経験を積んだからこそ守破離(しゅはり)の心でお茶が楽しめる・・・・・
・・・ということです。
『茶飯釜』は、主客共々数寄者であって欲しいのです。

※守破離(しゅはり)とは伝統を受け継ぐ者にとって忘れてはならない、
主に武道などでよく使われる言葉なのですが、須(すべから)く、
日本の「道(即ち武道・茶道・華道・香道など)」に使用される言霊です。

「守」とは、師や各流派の教えを忠実に守り、それからはずれることのないように
精進して身につけよ、という意味です。

「破」とは、今まで学んで身につけた教えから一歩進めて他流の教え、
技を取り入れることを心がけ、師から教えられたものにこだわらず、
さらに心と技を発展させよ、という意味です。

「離」とは、破からさらに修行して、守にとらわれず破も意識せず、
新しい世界を拓き、独自のものを生みだせ、という意味です。

「守破離」は単に武道などの日本の「道」の世界だけの教えではありません。
学問も経営も技術も、全てに当てはまります。師に教えられて師に止まっていては
発展はありません。古(武)道に出発して古(武)道の中で止まっていたのでは、
後継者としての存在価値はありません。師をしのぎ、伝統を越え、親を超越して、
より高い次元に発展成長してこそ文明の進歩があります。
「守破離」とはそういった意味の言霊です。


 短冊と硯で楽しんだ後は、向付と燗鍋が運びだされます。
飯汁椀に盃を重ねています。

ほどよい時刻にご飯も炊け、席中で飯器に移します。
この所作は、釜を水屋にさげて行う場合もあり、
それは亭主の好みとされています。

ご飯の温かい香りが満ち、目の前で見られるのは、
親しみがこもって嬉しい所作といえましょう。
炊きたての美味しいご飯がご馳走なのですから・・・・・

『茶飯釜』は気楽に自由にもてなすことが心情です。
料理も一汁三菜を基本にしますが、
それも、亭主は正客や連客の顔ぶれで、臨機応変に
気働きのもてなしを心がけます。

茶事の盛りあがりは八寸。正客から順次、主客献酬がはじまります。
八寸は山海珍味、滋味。
懐石料理が終わって中立(なかだち)をし、後座の席入り。

 初座でご飯を炊いた釜を洗い、あらためて湯を沸かし、
後座の濃茶点前をします。

『茶飯釜』いかがでしたでしょうか?
この『茶飯釜』は、茶道を学んでいらっしゃらない方々をお迎えしても
十分に楽しんで頂ける茶事ですよ。

『数寄者』については、このあいだ少しだけ・・・・・
『京の冬にお化け!が出没』  (京都の休日571) - 2018/02/03/ 08:00 (ココをクリック)
──でもご紹介しましたね。

できれば男性陣の方々は今に満足せず、
『数寄者』を目指されることを同じ漢(オトコ)として切(せつ)に願います。

もし機会がございましたら一度、『茶飯釜』をお楽しみあれ♪

image_sahangama_002.jpg

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2018/02/18(日) 08:00:00|
  2. Category: None
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<<厚切りジェイソン >日本称賛番組に困惑「感動しないといけない」 | ホーム | VIKTOR LAZLO - SWEET SOFT n' LAZY>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cyberbizkiz.blog.fc2.com/tb.php/7742-d91ab04c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

CyberBizKiz

Author:CyberBizKiz
☆自由・勝手に転載可能です。
☆このブログの情報の内容は
保証するものではありません。
この情報によって生じた
いかなる損害についても
一切の責任を負いませんので、
あらかじめ御了承くださいませ。
☆このブログは一部の読者にとって
不快な内容が含まれています。
ご覧になられる場合は自己責任で
お願いいたします。
☆(現在、年齢18歳に引下げ詐称を思案中)

Latest journals

Category

京都の休日 (444)
季節の言葉 (924)
音楽のある風景 (3527)
寄り付き前チェック・リスト (1656)
相場 関連 (1525)
雑学&その他 (2217)
SEASONALITY MAP (302)
【投資部門別売買状況】【信用取引残高】 (16)
テクニカル株 (618)
ロックフェラー&ロスチャイルド (494)
tumble(タンブラー)から拾い読みCafe (15)
通信社株式コメント (281)
関連銘柄 (73)
ガーデニング (73)
Category: None (55)

メールフォーム(お問合せ)

名前:
メール:
件名:
本文:

Monthly archive

Latest comments

Latest trackbacks

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

忍者アクセス解析

Search form

Display RSS link.

Link

add link

Friend request form

Want to be friends with this user.

フリーエリア