FC2ブログ

濃密に稼げる!100倍速カリスマ CyberBizKiz-Blog

投資暦ウン十年、株式トレード系は少しだけ。あとは音楽や趣味、有益・無益情報と人生の生き残り術。

「相手を壊してこい」 日大監督が試合前に発言 アメフト問題

「相手を壊してこい」 日大監督が試合前に発言 アメフト問題

興味のある方は、下記の「続きを読む」をクリック!

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング












いやぁ~・・・聞けば聞くほど酷い話ですね。
こういった教育方針の大学が、いまだに存在するとは思いも寄りませんでした。
ワタシの周りでは聞いたことがない。
なんかワタシの感覚では中国とか韓国の大学を見ているみたい。

今のスポーツって科学なんですよ。
「根性」ではなく「科学」。

「科学」を取り入れなくては、スポーツでは勝てない。

ブログ読者の皆さまで、知ってる人も多いけれども、
ワタシは学生時代、ラグビーで、
息子も高校・大学とラグビーです。
息子も大学ではアタマ抱えながらスポーツ科学を学んでいましたねぇ~・・・当然です。

しかし、上記記事のような話は聞いたことがない。
今現在、大学スポーツで、こんな事をしていたら笑い者ですよ。
時代遅れも甚(はなは)だしい。

よく「体育会系企業」なんて言葉、ブラック企業の別名称として使われますよね。
だいたい「体育会系企業」の中で、
どれだけの人間が「体育会系」出身なんだ???

「体育会系企業」で超有名処は「銀行」ですよね。
・・・で、銀行員の中で、どれくらいが「体育会系」出身者なの???
体育会系サークルじゃないよ。テニス・サークルとかって「ヤリサー」でしょう。

「体育会系企業」がやってることって、
あれは「体育会系」ではありません。
もし「体育会系」というのなら、それは半端者だけの話です。

本当にスポーツを極めて来た人間が重きを置くのは「主体性」です。
「体育会系」と呼ばれる軍隊方式は必要とされていません。

勿論、大学でもスポーツ上位にある大学には普通、
「体育会系」と呼ばれる軍隊方式は必要ありません。
・・・てか見たことない。本当に必要なんてありませんから・・・・・
そんなの半端者だけです。

半端者は、上からの指示待ちですが、スポーツに限らず、
何ごとも極めて来た者は、その場その場の判断に長けていますし「主体性」を重んじます。
上からの指示が必要な時点で既に「おかしい」でしょう。
指導者も選手も、その程度だということ。

何か「チョイ悪オヤジ」とか「ソフト・ヤンキー」とか「愚連隊」とか、
そんな連中と同じです。半端者なんですよぉ~・・・・・

よく「脳ミソ筋肉」とか言ってスポーツ選手を馬鹿にするでしょう。
サッカー選手とかは知りませんよ。
今、プロ野球で有名な「大谷翔平」選手とか、阪神の「藤浪晋太郎」選手とかの
高校時代の成績をググッて調べてご覧。

プロスポーツ選手も極めれば馬鹿では出来ないんだよね。
日本のプロ野球選手でメジャーに行って成功した選手のほとんどはアタマが非常に良い。

何ごとも、世界で通用しようと思ったら、
弱点を自己修正して克服できる能力を持つこと。
それに対応できる頭脳の持ち主でなければ無理なんですよ。
これは日本人以外なら誰でも知っていること。

だから日本サッカーでは世界で通用する選手が少ないんですよ。
ロナウドとかメッシとかと堂々と渡り合える選手がいないでしょ。

だいたい日本のスポーツの指導者からして「スポーツ」の意義をまったく理解していない。

何度かブログで申し上げて来ましたが、
欧米エリート社会では、学歴・・・どこの大学出身かは全く問われません。
聞かれるのは大学を出たかどうかです。
そして「何をして来たか?」ではなく「何ができるか?」を重要視されるのです。

欧米エリート社会で会話の話題に上ることが多いのはスポーツです。
日本とは違い、欧米エリート社会ではスポーツは必須なのです。
(欧米の一般人の話では無く、欧米エリート社会での話です。)

どれだけアタマが良く、飛び級で有名大学を卒業して学位や博士号を取得したとしても、
スポーツをしていなかった人は認められない傾向にあります。

それはなぜか?

スポーツは、世の中の理不尽さと無慈悲さを徹底的に教えてくれる。
それでも「努力」する事の大切さと可能性を教えてくれるからです。

どれだけ「努力」しても、どれだけ「チカラ」があったとしても
スポーツは「負ける」ときは負ける。一人のチカラでは、どうする事もできないことを思い知らされる。

そして、幾ら身体的「チカラ」があったとしても「精神力」の弱さから来る崩れに対しては
「精神力」を鍛えるほかない事も知らされる。

だからといって「努力」を怠れば、スグに全てを失うこともスポーツ選手なら理解できる。
たった1日サボれば、戻すのに最低3日間のロスが掛かるからですね。

だから間違っても
「努力しても、無理なことは無理じゃないですか!」なんていう
典型的な「敗者脳」な考え方には決して陥(おちい)らない。

そしてプロ野球を観ていれば解ると思いますが、
どれだけ『お金』があって、ジャブジャブにお金を使って
4番バッターや良い投手をかき集めてきても、
優勝するとは限らない。

どれだけ『お金』を使って良い選手が集まっていても、
指揮官(監督)が『勝負師』でなければ風を読むこともできず、
人情に流されて(投手を続行させたりして)負けてしまう。

それがスポーツの醍醐味だといえば、それで終わってはしまうのですが・・・・・

だから欧米エリート社会ではスポーツは必須なのです。
欧米エリートが持つ「チカラ(金)」だけではいけない・・・慢心してはならない事を
そして精神力の必要性を、子供のときから徹底的に身体で教えてくれるからですね。


それを教えるのが中・高・大学の「教育」じゃないのですか?!
そんなことスラ知らない「指導者」ばかりなのが日本の教育現場です。

だから日本は何ごとも、
世界で普段は勝てても、イザとなったら勝てないんですよ。
日本のエリート(官僚や大企業社員等)って
子供の頃から、そういった事を学ばずに育つからですね。

親が学んでいないから当然、子供がエリートに成っても知らないんですよ。
不幸なことですね。東大エリート(官僚や大企業社員等)なんて、
ある意味「成金」とレベルは同じなんですよ。

でもね、日本の本物のエリートは違いますよ。
親もそういう事を学んで来ましたし当然、
子供にも、こういった事は徹底的に学ばせて来ているんですよ。

ちなみに、そういった子供は、食べ物も好き嫌いは言いません。
それも意味があって学ばせているのです。

食べ物で好き嫌い言ってるエリートって「成金」しかいませんよ。
何かお嬢様系でよく見かけますが・・・・・
「ワタシ、これ嫌ぁ~い!」・・・って、言ってる真の意味が分ってないんですね。
娘がよくボヤいていますよ。

ちなみに麻生財務大臣。
あれだけクチが悪いのに、
食べ物で好き嫌いを言った・・・なんて話を聞いたことないでしょう。

皇族方が「何の料理が嫌い」・・・なんて話も聞いたことないでしょう。
エピソードとしては昭和天皇の柏餅の柏の葉っぱの件くらいでしょう。

欧米・・・というか特に欧州ヨーロッパのエリート、
そして日本のエリートには、色々と堅苦しいプロトコール(protocol)が
見えない処に細かく存在しているのです。

「幸せな子」を育てるのでなく
      どんな境遇に置かれても「幸せになれる子」を育てたい。

                     By 皇后陛下・美智子 様


いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2018/05/18(金) 09:00:00|
  2. 雑学&その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<サッカー ワールドカップ 日本代表候補27人発表 | ホーム | 劉鶴が今回の訪米で成功を収めるのは難しいだろう>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cyberbizkiz.blog.fc2.com/tb.php/8276-5d4405b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

CyberBizKiz

Author:CyberBizKiz
☆自由・勝手に転載可能です。
☆このブログの情報の内容は
保証するものではありません。
この情報によって生じた
いかなる損害についても
一切の責任を負いませんので、
あらかじめ御了承くださいませ。
☆このブログは一部の読者にとって
不快な内容が含まれています。
ご覧になられる場合は自己責任で
お願いいたします。
☆(現在、年齢18歳に引下げ詐称を思案中)

Latest journals

Category

京都の休日 (333)
季節の言葉 (652)
音楽のある風景 (2544)
寄り付き前チェック・リスト (1322)
相場 関連 (1094)
雑学&その他 (1503)
SEASONALITY MAP (242)
テクニカル株 (331)
ロックフェラー&ロスチャイルド (369)
tumble(タンブラー)から拾い読みCafe (15)
通信社株式コメント (280)
関連銘柄 (69)
ガーデニング (68)
Category: None (47)

メールフォーム(お問合せ)

名前:
メール:
件名:
本文:

Monthly archive

Latest comments

Latest trackbacks

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

忍者アクセス解析

Search form

Display RSS link.

Link

add link

Friend request form

Want to be friends with this user.

フリーエリア