fc2ブログ

CyberBizKiz-Blog

投資暦ウン十年、リーマンショックもアベノミクスも今回のコロナの大底も明確に全てリアルタイムで当てました。株式トレードの他に音楽や趣味、有益・無益情報と人生の生き残り術。

経済破綻したのに? なぜギリシャはポルシェ保有率が世界一なのか


経済破綻したのに? なぜギリシャはポルシェ保有率が世界一なのか
産経新聞 2013/11/24/ 17:48
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/131124/mcb1311241748003-n1.htm


 財政破綻したギリシャ国民のポルシェの保有率が世界トップクラスだという。ポルシェはドイツ製高級スポーツカー。看板モデル「911」の日本国内価格は1000万円を超える。なぜそんな不条理がまかり通るのだろう。

 4つの大きな要因が考えられる。まず「経済のインフレ体質」。ギリシャはユーロ加盟前、ドラクマという独自通貨を使用していた。そのころはインフレ率が高く、1980年代の年間平均の消費者物価指数上昇率は19.5%に達していた。インフレとは、商品・サービスの価値に比べてお金の価値が下がることだから、ドラクマの信用は低下、お金よりもモノで蓄える習慣がついた。

 90年代に入っても11.6%とふた桁を超えていた。2000年代に入ってEUに加盟したことで、ようやく3.3%まで下がったが、それでもインフレ率としては高いほう。ポルシェを買うために多額の借金をしても、時間が経つにつれてお金の価値が下がり、実質的な借金額が減少する。だから高額商品を購入しやすい。









 「地下経済の規模が大きい」ことも見逃せない。いくらインフレ体質であっても、収入が少なければ高額商品を買うことはできないが、ギリシャ国民の収入は表経済で得たものと、地下経済で得たものの2種類があると考えられる。

 地下経済とは一般市民であれば主に脱税、反社会的組織であれば犯罪行為などで得たお金が流通する隠れた経済活動のことで、表の公式の経済統計には一切出てこない。地下経済の規模はGDP比26.3%(2005年)と推定される。

 例えば、公務員が定時で仕事を終えた後に観光案内をして収入を得るといった二重就労が日常的に行われていて、領収書のない収入を貯め込み、インフレによって目減りしないうちに貴金属やポルシェに換えているのだろう。

 このような目端の利く4分の1の国民が地下経済で潤い、4分の3の国民は財政悪化の直撃を受けて耐乏生活を強いられている。


 ギリシャに限らず財政状態が悪化しているPIIGS各国は総じて地下経済の規模が大きい。

 さらに「雇用制度が鉄壁」なことが浪費体質を助長した。就労者の多くは公務員や正社員という守られた身分で働いている。公務員数を正確に把握した数字はないといわれるが、推計ではギリシャの人口約1100万人に対し110万人の公務員が存在するといわれ、就労人口比では3割近くを占める。

 年金制度も充実しているため将来の不安がなく、江戸っ子のように「宵越しの銭は持たない」ことが当たり前だった。OECDの面白い統計がある。

 加盟国の中でギリシャの労働時間(正社員、非正社員を含む)は1番長いのである。

 私たちは「あのギリシャ人が?」と奇異に思うが、正社員の労働時間はフルタイムでカウントされるので、正社員の割合が高い国ほど労働時間が長くなる。

 全労働者に占めるパートタイマー比率(08年)はギリシャが7.8%、日本は19.6%である。ギリシャ人が勤勉というわけでは決してない。

■すべての根底には「ラテン気質」がある
そしてなんと言っても、物事をあまり悲観的に捉えない「ラテン気質」(言語面では違うが)という国民性が大きく影響している。

 PIIGSのほとんどが南欧寄りの地域でありラテン気質が支配している。そのおおらかさが国や個人の放漫財政と消費につながっているのだろう。

 日本の状況はギリシャの真逆である。日本も膨大な財務残高を抱えていてGDP比では200%に近い。

 国民は将来を不安に感じ老後に備えて貯蓄に励んでいる。その1人ひとりの行動は正しくても、全体としてみると「合成の誤謬」となり、消費が縮小し景気が悪化する悪循環となる。

 ギリシャを見習えとは言わないが、もう少し楽観的に消費を増やしたほうが、日本経済にはプラスだろう。(BRICs 経済研究所代表 門倉貴史 構成=山本信幸)

 BRICs 経済研究所代表 門倉貴史 1971年、神奈川県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業、銀行系と生保系のシンクタンクを経て、2005年より現職。日本初の地下経済学の専門家。近著に『日本人が知らない怖いビジネス』。(PRESIDENT Online)
■□━━━━・・・・・‥‥‥………………………………
判りやすいことが書いてあったのでご紹介。
『ポルシェを買うために多額の借金をしても、時間が経つにつれてお金の価値が下がり、実質的な借金額が減少する。だから高額商品を購入しやすい。』
『インフレによって目減りしないうちに貴金属やポルシェに換えているのだろう。このような目端の利く4分の1の国民が地下経済で潤い、4分の3の国民は財政悪化の直撃を受けて耐乏生活を強いられている。』


これから日本もこうなるという事です。
まぁ~ギリシャのように日本には地下経済というものは反社会的行為となるので
別の方法となるのですが、要はインフレに強い物・・・株や不動産ですね。
株も不動産も知識が必要です。
全体の底上げはある程度ありますが、
昔みたいに何でも騰がるような時代ではありません。
爺連中は貯金を貯め込んでいても近い将来、涙目になる。
しかし株や不動産に手を出しても痛い目を見るだけ。
どうするんでしょうかねぇ~・・・・・

ちなみに貴金属・・・要は現物の「GOLD」ですが、
これは現在、アンダーグランドで良からぬ動きがありますので、
今後、どうなるかは悪い意味で未知数です。

まぁ~世の中が不安定になり、みんなが現物の「GOLD(金)」「GOLD(金)」と言う時点で、
現物の「GOLD(金)」が大丈夫なワケ無いじゃありませんか。

ちなみに日本は戦時中に現物の「GOLD(金)」を強制買い取りしていますからねぇ~
それだけで無く、例えば現物の「GOLD(金)」を無価値な物、取引の出来ない物とすれば
どうなりますか? 当然、現物取引した者は両者に実刑が課せられたらどうでしょう。
有事(戦争)ならば最前線に強制連行されるとか・・・・・

まぁ~一般の人々が考えるレベルのことは先刻承知で、イザとなれば先手を打たれます。
じゃぁ~どうするか? どうするのでしょうかねぇ~・・・気が向いたら話すかもしれません。


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:つぶやき - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2013/11/26(火) 09:00:00|
  2. 雑学&その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新興市場 | ホーム | 2013/11/26 外国証券寄付前成行注文状況>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://cyberbizkiz.blog.fc2.com/tb.php/1275-ae719275
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

CyberBizKiz

Author:CyberBizKiz
☆自由・勝手に転載可能です。
☆このブログの情報の内容は
保証するものではありません。
この情報によって生じた
いかなる損害についても
一切の責任を負いませんので、
あらかじめ御了承くださいませ。
☆このブログは一部の読者にとって
不快な内容が含まれています。
ご覧になられる場合は自己責任で
お願いいたします。
☆(現在、年齢18歳に引下げ詐称を思案中)

Latest journals

Category

京都の休日 (660)
季節の言葉 (1674)
音楽のある風景 (6342)
寄り付き前チェック・リスト (2654)
相場 関連 (1927)
雑学&その他 (3441)
SEASONALITY MAP (476)
【投資部門別売買状況】【信用取引残高】 (16)
テクニカル株 (938)
◇◇本日のデイトレ注視銘柄◇◇ (9)
ロックフェラー&ロスチャイルド (831)
tumble(タンブラー)から拾い読みCafe (17)
通信社株式コメント (281)
関連銘柄 (75)
ガーデニング (108)
Category: None (72)

メールフォーム(お問合せ)

名前:
メール:
件名:
本文:

Monthly archive

Latest comments

Latest trackbacks

現在の閲覧者数

アクセスカウンター

忍者アクセス解析

FC2カウンター

※2020年3月1日にFC2カウンター設置。 それまでのアクセス数160万アクセス

Search form

Display RSS link.

Friend request form

Want to be friends with this user.

Link

add link

フリーエリア