fc2ブログ

CyberBizKiz-Blog

投資暦ウン十年、リーマンショックもアベノミクスも今回のコロナの大底も明確に全てリアルタイムで当てました。株式トレードの他に音楽や趣味、有益・無益情報と人生の生き残り術。

米国株式市場=上昇、物価ピークアウトの兆候で 週間では下落



米国株式市場=上昇、物価ピークアウトの兆候で 週間では下落

[ニューヨーク 13日 ロイター] - 米国株式市場は上昇して取引を終えた。
インフレがピークアウトした兆候に安心感が広がる一方、
連邦準備理事会(FRB)による金融政策引き締めで米経済がリセッション(景気後退)に陥るとの懸念もくすぶっている。

13日はここ数日で売られていた大型ハイテク株などが上昇を主導した。

もっとも週間ではS&P総合500種とナスダック総合は6週連続安。
S&P500は2012年秋以来、ナスダックは11年春以来の最長の下げとなった。

ダウ工業株30種は7週連続安と、1980年冬以降で最長となった。

ウエルススパイヤー・アドバイザーズのシニアバイスプレジデント、オリバー・パーシュ氏は、
13日の上昇は大幅な下げ局面の一時的な反発、または売られ過ぎの反動かもしれないとした上で、
「下げがあと1─2週間続いても不思議ではないが、経済指標を度外視して市場の下値を確認する必要がある。
きょうは売られてきた優良銘柄の一部が急反発した」と述べた。

米労働省は過去6営業日で賃金の伸び、消費者物価指数(CPI)、卸売物価指数(PPI)、輸入物価を発表し、
インフレが3月にピークに達したことを示唆。
FRBがインフレ対応で利上げすることにより米経済がリセッションに陥ると懸念していた市場参加者にとって
歓迎すべきニュースとなった。

FRBのパウエル議長は12日、ラジオ番組のインタビューで物価安定こそ経済の根幹だと強調し、
インフレ加速という最悪状況を避けるためにFRBが進める利上げで
「多少の痛み」が生じることについて国民に理解を求めた。

チェース・インベストメント・カウンセルのピーター・タズ社長は、
パウエル議長は「謙虚さと真剣さを同時に示した」と指摘。「
多少の痛みを伴うことを認める一方でインフレ抑制にコミットしている」と述べた。
(全文は上記リンク先へ)


興味のある方は、下記の「続きを読む」をクリック!

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング









毎度思うんだけれども、
ロイターやブルームバーグ、日本経済新聞などなど・・・・・
こういった経済紙を読むと馬鹿に成りそうで怖い。
ワタシからすると漫画の世界だよ。

「物価ピークアウトの兆候で」???
笑わせてくれる。

でも・・・みんな疑いながらも希望を含めてコレを信じてる。
何を根拠に???
何の根拠も無い。
只の希望。
だから漫画の世界だよ。

この4月消費者物価指数(CPI)は、何に比べて「8. 3%増」なのだ?!
(前年同月比)だろ。

3月消費者物価指数(CPI)が「8. 5%増」に対して
4月消費者物価指数(CPI)が「8. 3%増」なので
鈍化した・・・ってことでしょう。

じゃぁ~なぜ市場予測の場合は上回ったの?
(予想:前月比0.2%/前年比8.1%)

それは米国で去年2021年3月に行われた「3回目の現金給付」の影響で
物価が急騰した月だったからなんですよ。

逆に言えば、前年同月に物価が急騰したにも関わらず
2022年先月比とほぼ変わらない状況を示しているんですよ。
ただ・・・これは6月消費者物価指数(CPI)くらいまでは
同じような状況が続き落ち着くでしょう。
なので「物価ピークアウト」じゃないかとの論調が今後
大きく増えて行くことでしょう。

しかしここで前もって言って置きます。
そんな甘いものじゃない。

よく考えてくださいね。
米FRBは、なぜ利上げするのですか?
インフレが止まらないからですね。

じゃぁ~米FRBは、いつになったら利上げを止めますか?!
これが問題なのよ!

誰も考えようとはしない。

米FRBが利上げを止めようとするのは「株価が大暴落」してからなのよ。
例えば2018年の金融引締め・・・利上げは株価が「20%」程度下がった時点で
利上げは終わりました。

ただ・・・2018年と違うのは「インフレ」では無かったこと。
今は「インフレ」のために利上げをしているんです。
利上げを止めればスグに「インフレ」が湧いて来る状態なのよね。
そこを皆、忘れて2018年の時と比べているんです。
だから米国の株価が「20%」下げなんて、まだ序の口なのよ。

まずは・・・まずは「株価が大暴落」してから・・・・・
そして米FRBが利上げを躊躇 or 止めようとする。
するとインフレ第2弾がスタートする。

今はどうですか?
上記記事の通り
「多少の痛み」が生じることについて国民に理解を求めた。
・・・ってことで、まだまだ続けるよ!・・・ってことです。
要は米FRBが利上げを躊躇 or 止めようとするような状況下では無いのです。

このインフレは今年では終わらない。
まだまだ続きます。

じゃぁ~何を目安に???
非常に簡単な目安があるんですよ。
リーマンショック時の目安と同じ。
コレ凄いヒントだよ。
勘の良い人なら、これで一発で分かる。

去年の米国「3回目の現金給付」のお蔭で
3ヵ月程度は「消費者物価指数(CPI)」は落ち着くでしょう。

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:つぶやき - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2022/05/15(日) 07:00:00|
  2. Category: None
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<世界の食糧危機 最多2億人に・・・紛争が最大原因 ウクライナ侵攻で「さらに大惨事に」【サンデーモーニング】 | ホーム | The Manhattan Transfer - Chanson D`Amour>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://cyberbizkiz.blog.fc2.com/tb.php/16196-419c9e89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

CyberBizKiz

Author:CyberBizKiz
☆自由・勝手に転載可能です。
☆このブログの情報の内容は
保証するものではありません。
この情報によって生じた
いかなる損害についても
一切の責任を負いませんので、
あらかじめ御了承くださいませ。
☆このブログは一部の読者にとって
不快な内容が含まれています。
ご覧になられる場合は自己責任で
お願いいたします。
☆(現在、年齢18歳に引下げ詐称を思案中)

Latest journals

Category

京都の休日 (659)
季節の言葉 (1671)
音楽のある風景 (6337)
寄り付き前チェック・リスト (2652)
相場 関連 (1926)
雑学&その他 (3441)
SEASONALITY MAP (475)
【投資部門別売買状況】【信用取引残高】 (16)
テクニカル株 (938)
◇◇本日のデイトレ注視銘柄◇◇ (9)
ロックフェラー&ロスチャイルド (831)
tumble(タンブラー)から拾い読みCafe (17)
通信社株式コメント (281)
関連銘柄 (75)
ガーデニング (108)
Category: None (72)

メールフォーム(お問合せ)

名前:
メール:
件名:
本文:

Monthly archive

Latest comments

Latest trackbacks

現在の閲覧者数

アクセスカウンター

忍者アクセス解析

FC2カウンター

※2020年3月1日にFC2カウンター設置。 それまでのアクセス数160万アクセス

Search form

Display RSS link.

Friend request form

Want to be friends with this user.

Link

add link

フリーエリア