fc2ブログ

CyberBizKiz-Blog

投資暦ウン十年、リーマンショックもアベノミクスも今回のコロナの大底も明確に全てリアルタイムで当てました。株式トレードの他に音楽や趣味、有益・無益情報と人生の生き残り術。

アメリカ支配層に愛された戦犯ヘンリー・キッシンジャー、ついに死去


Henry Kissinger, War Criminal Beloved by America’s Ruling Class, Finally Dies
(アメリカ支配層に愛された戦犯ヘンリー・キッシンジャー、ついに死去)


流石は「ローリングストーン紙」
粋な書き方するねぇ~・・・“War Criminal Beloved by America’s Ruling Class

興味のある方は、下記の「続きを読む」をクリック!

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング
















日本にとって 悪魔のヘンリー・キッシンジャーが亡くなった
これは日本にとって 非常に良いこと 吉兆

ヘンリー・キッシンジャー・・・ドイツ系ユダヤ人
米国の白人社会では ドイツ系が一番多い
あのトランプ元大統領もドイツ系

ヘンリー・キッシンジャーは
オッペンハイマー 一族の人間ですね
ロスチャイルドの 兄貴分的な存在の一族です

要は 黒幕の番頭連中です
ユダヤ人の大富豪は皆
自分の手を汚したくない黒幕の番頭です


米国よりも先に 田中角栄が
中国と日本との 国交を正常化しました
その流れの上にあった“権力 LINE”

日本の資本と技術
優先順位による友誼(ゆうぎ=友情)則に基づき
大きな抵抗もなく・・・つまり中国と日本
手を取り合って発展する その道が この時に開けたんです

「ヘンリー・キッシンジャー」
この事に 非常に腹を立てた

米中国交正常化は 自分がやった
それなのに クソ生意気な日本は
旨いトコをさらっていった!

しかしねぇ~・・・・・

『日本』という精密機械船は
『中国』という 人民の海に迷い込んだ

人民の海にしげる藻に スクリューを絡め止められ
やがて大日本帝国は 立ち往生することになる

そこへ『アメリカ』という船がやってくる
日本の後ろから 魚雷を浴びせる
大日本帝国は こうして滅亡するが

帝国版図を放棄した 敗戦後の日本は
ほどなく「経済大国」として復活するはず

我が中国が 日本と手を結ぶとすれば
その時である


毛沢東が 戦前に日中戦争を戦いながら書いた
『持久戦論』で はっきりと書いてます

米中正式国交正常化・・・以前に
田中角栄がやったのではなくて
あくまで『中国側の意思』だった・・・・・

毛沢東が そのつもりだったから

これは米国にとって たいへん不都合なこと

実は 米国は19世紀末から
『対中国』と言うとき

『門戸開放・機会均等』
何とかの一つ覚えみたいに
中国で おいしい商売がしたかった
広大で 人口が多かったから

だけど フロンティア開発に手間が掛り
近隣諸国を 手なずけることも 時間が掛かった

メキシコとの一件では スペインとの戦争に
だから 日露戦争ウエルカム
ポーツマス条約の“ピースメーカー(Peacemaker)”=戦争講和仲介役

時の大統領 セオドア・ルーズベルト
わざわざ買って出ているんですよ

嘉納治五郎と仲良しの 柔道家として親日家だった
・・・だけではありませんよ
当時の米国は ロシアを警戒していました

衰退する中国につけ入り 日本に三国干渉を飲ませ
中国に 大々的に進出しようとしていた

「ウラジオストック = ブラディボストーク = 極東征服」 (ココをクリック)
そんな名前の都市を 中国の隣に・・・・・

本当にそうなれば 中国の主(おも)だった所
ロシアに独占されてしまう
米国が 入り込む余地がなくなる
それを恐れたんですよ

英国が 同じような思惑で 日本をバックアップ
それに米国が便乗

ところが日本
奇跡的に ロシア帝国に勝ってしまう
すると中国独占意欲を 隠そうともしなくなった

同じように中国市場を 独占しようと考えていた米国
裏切りというより もはや日本は 障害でしかなくなった
なので太平洋戦争で 日本を潰したんです
裏には 実は そのような思惑が 隠されていたんですよ

日本が潰れ その後 中国で共産革命が・・・・・
米国にとって 大きな誤算

そして朝鮮戦争で 米国と中国
中国は 正規軍ではなく 義勇軍という
大変卑怯なやり方で 50万を超える軍勢を送り込んで来た
助けてやった中国に 米国は煮え湯を飲まされたんですね

そしてベトナム戦争が始まります
米国の敵であるベトナムの味方を 中国が・・・・・

これで米国の 中国進出の道が閉ざされてしまったかに見えましたが
中ソ対立が始まってしまい

中国は本気で 旧ソ連との核戦争を心配し始めた
数十年ぶりに 米国と中国 対話再開で利害が一致した

「ヘンリー・キッシンジャー」
言ってみれば それに乗っかっただけなんですよ

毛沢東は 著書に認めたように
最初から 日本を利用するつもりだった

米国も 次第にそれが分かってきた
欧州ヨーロッパの連中にも

当時の日本 経済的に極盛期を迎え
バブル景気真っ只中

一方の米国 2期8年のレーガン政権の粘りで
米国経済の 重荷でしかなくなっていた
旧ソビエトとの対立を解消

チカラをつけすぎた日本
叩かなければならなくなった


同時に その日本と中国との接近
これ以上 進展させれば危険なだけ

信頼関係を破壊する日中間の人脈を
断ち切ってしまう
田中角栄中心の戦前世代

日中両国内で 徹底パージする
中国に『反日親米政権』を作る
そして 新規まき直しで 米国と欧州勢が進出する

江沢民という男 反日政治家として有名だけど
戦前から 日帝のスパイであると
悪い噂が つきまとっていた男

おそらく半分以上真実なんでしょ
ならば尚のこと 使いやすい

この時 天安門事件が起きた1989年6月4日
共和党のブッシュ(父)政権の経歴 (ココをクリック)
国交正常化前の「中国駐在米国代表」
そして元「CIA長官」・・・リンク先を読めば明らか

どうしてこの事 誰も突っ込まないかなぁ~・・・・・
ワタシから見れば ツッコミどころ満載
・・・っていうか 誰もこのこと
リンクできなかったとか・・・・・

しかし本格的な米中 再蜜月
米国で 政権交代が起きた後

クリントンは ハーバード大学の後
最終学歴はジョージタウン大学 Georgetown University

イエズス会が作り ユダヤ系右派が陣取っている大学
そういう連中のもと 香港返還後の米中 再蜜月

クリントン政権後 ブッシュジュニア政権

そして再び 民主党のオバマになった
この時代まで 一貫して民主党は 財政まで含め
クリントン財団に 牛耳られていた
トランプ政権以前の話

米国の中国利権 全て民主党系でした
当時 それは「江沢民」の利権
でもありました
そして「江沢民派」徹底排除をやり始めたのが 習近平政権

習近平
国内での敵は「江沢民」
「江沢民」は クリントン・オバマの人脈
その背後にはユダヤ系&マスコミ&“CIA”がいる

そしてオバマ政権と“CIA”
オバマ任期中に ウクライナ『マイダン・クーデター』 (ココをクリック)をやった

ウクライナの ネオナチ組織が大きく関わっている
ユダヤ人の不倶戴天の敵 ウクライナ・ナチス

ウクライナでは 彼らの・・・つまりユダヤ系右派の
思惑に従って動いていた

この中には右派ではないけど
「ジョージ・ソロス」も含まれています
そういう流れですね
ウクライナまで行き着くんですね

長いトキを生き過ぎました この人
黄色人種を 最後まで憎み続けた
日本にとって 悪魔のヘンリー・キッシンジャー
選民思想 (ココをクリック)の権化でした



いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング



関連記事
スポンサーサイト



  1. 2023/12/02(土) 06:00:00|
  2. ロックフェラー&ロスチャイルド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<七十二候「橘始黄(たちばなはじめてきばむ)」  【季節の言葉1605】 | ホーム | TRF - EZ DO DANCE & Survival dAnce>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://cyberbizkiz.blog.fc2.com/tb.php/19152-20d649e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

CyberBizKiz

Author:CyberBizKiz
☆自由・勝手に転載可能です。
☆このブログの情報の内容は
保証するものではありません。
この情報によって生じた
いかなる損害についても
一切の責任を負いませんので、
あらかじめ御了承くださいませ。
☆このブログは一部の読者にとって
不快な内容が含まれています。
ご覧になられる場合は自己責任で
お願いいたします。
☆(現在、年齢18歳に引下げ詐称を思案中)

Latest journals

Category

京都の休日 (659)
季節の言葉 (1671)
音楽のある風景 (6337)
寄り付き前チェック・リスト (2652)
相場 関連 (1926)
雑学&その他 (3441)
SEASONALITY MAP (475)
【投資部門別売買状況】【信用取引残高】 (16)
テクニカル株 (938)
◇◇本日のデイトレ注視銘柄◇◇ (9)
ロックフェラー&ロスチャイルド (831)
tumble(タンブラー)から拾い読みCafe (17)
通信社株式コメント (281)
関連銘柄 (75)
ガーデニング (108)
Category: None (72)

メールフォーム(お問合せ)

名前:
メール:
件名:
本文:

Monthly archive

Latest comments

Latest trackbacks

現在の閲覧者数

アクセスカウンター

忍者アクセス解析

FC2カウンター

※2020年3月1日にFC2カウンター設置。 それまでのアクセス数160万アクセス

Search form

Display RSS link.

Friend request form

Want to be friends with this user.

Link

add link

フリーエリア