fc2ブログ

CyberBizKiz-Blog

投資暦ウン十年、リーマンショックもアベノミクスも今回のコロナの大底も明確に全てリアルタイムで当てました。株式トレードの他に音楽や趣味、有益・無益情報と人生の生き残り術。

千葉科学大、銚子市に公立化要望 加計学園が経営、定員割れ続く、安倍晋三氏とも縁


千葉科学大、銚子市に公立化要望
加計学園が経営、定員割れ続く、安倍晋三氏とも縁


千葉科学大学の公立化の議論が巻き起こってます
実は 加計と密接な議員は 統一教会とも密接な場合が多いです

・安倍 晋三  (元 広島加計学園監事)
・萩生田 光一 (元 千葉科学大客員教授)
・井上 義行  (元 千葉科学大客員教授)
・下村 博文  (妻が広島加計学園教育審議委員)
・江島 潔   (元 加計学園系列客員教授)


国会議員は 宜(よろ)しおすなぁ~・・・・・
色々な処に 財布代わりがあって

そもそもだけど・・・・・
皆さんは、こんな夢を抱いたことはありませんか?!
『働かずに寝ているだけでカネが入って来ないかなぁ~』・・・とか
『いくら遊んでいても《カネを生む玉子》があるから、おカネが減らない』・・・とか
ワタシなんかは怠け者だから いつも思っていますよ

その夢が叶う方法
実は 昔々からあるんだよね
誰も言わないけれども・・・・・

今日は休日なので
あまりブログを読む人も少ないから
今日 わざわざワタシのブログへ立ち寄って戴いた
奇特な皆さまだけに お礼兼ねがね 内緒で教えちゃいます

あぁ~・・・コレ ダマシ無しのマジな話なので
安心して お読み下さいませ
その代わりに少々 長いけれども・・・・・

興味のある方は、下記の「続きを読む」をクリック!

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング




















『働かずに寝ているだけでカネが入って来ないかなぁ~』・・・とか
『いくら遊んでいても《カネを生む玉子》があるから、おカネが減らない』・・・とか
もったいぶる気はございませんので
先に答えを書きますが

コレ 「地主」に成れば 可能なんだよね
但し これには「遺産相続」が 絡んで来るんだよね

すると 税金や遺産相続のカネやらで
3代続けば相当 衰退してしまう
衰退しないのは農家だけ

でも 農家は土地があっても 働かないと食って行けない
『働かずに寝ているだけでカネが入って来ないかなぁ~』・・・とは行かない

じゃぁ~どうするか?!
・・・って話を これから紆余曲折しながら 話を進めて行くね

まず「地主」とは?!・・・って話から

「地主」を理解するのに打ってつけなのが
日本の場合は横溝正史「金田一耕助シリーズ」・・・例えば「犬神家の一族」 (ココをクリック)
あるいは海外ならドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」 (ココをクリック)

どちらも「しつこく」
田舎 旧家の連中で 粘着気質の残忍な性格と
それを特徴づける「妙な目つき」・・・・・

脊椎動物における「眼と目つき」 (ココをクリック)
発生学上、脊椎動物のレンズ眼球は
脳が分化してできたモノなんです

上記リンク先の「眼の発生」の所で
その内容が 書いてあります

すなわち 目つきの異常
これを 田舎の旧家支配層の特徴として 描くということ

その一族特有の遺伝的な 脳の異常について
描いているということ

世界各地共通なんですよ
例えば 有名処では「ヒトラー」なんかもそうですね
お金持ちさんでは無かったけれども・・・・・

言いにくいけれど 近親婚の
やり過ぎによるものらしい

遺伝的障害を防ぐためには
よほど気をつけなければならない

つまり 血縁の濃いところから
婚姻をやってはいけないということね
もしそれを続けたらどうなるか?

例えばヨーロッパの超名門 ハプスブルク家

最初にキリスト教化した
ゲルマン王クローヴィスの末裔ですけど

スペイン・ハプスブルク家
近親結婚の繰り返し過ぎによる
遺伝子障害による虚弱化により お家断絶に

こういうことは
ヨーロッパ貴族の間では 経験的に知られ
遠交近攻的安全保障策も兼ねて
遠隔地の王族や 貴族同士の婚姻というのは
昔から多かったんですよ

19世紀 大英帝国極盛時代における
ヴィクトリア女王の時が 典型的にそう

あの時の 婚姻ネットワークを調べると
どうして世界大戦が起きたんだろう?
というぐらい ヨーロッパの王族同士
親類ばかりになっていました

最後のロシア皇帝 ニコライ二世の妻
アレクサンドラは ヴィクトリア女王の姪

それでも ニコライ夫婦のやっと生まれた長男
典型的な遺伝性の病気の一つ 血友病を持って生まれてきました

絶望のどん底にあった夫婦の前に 血友病の息子の血を止められる
『奇跡の男』として現れたのが
あのラスプーチンだったんですよ

この間 亡くなったエリザベス女王の夫君
フィリップ殿下は もともとギリシャ王族
ロシア王室との縁続きです

旧ソ連末期に エカテリンブルグから
惨殺されたと伝えられる ニコライ一世 一家の遺体が見つかり
遺伝子鑑定のため 血液を抜かれたそうですよ
親父が フィリップ殿下から直接伺ってます

米国って ロックフェラーにしても モルガンにしても
成金財閥だと思われてるけどさぁ~

ロシア革命が起きて ずいぶんたくさん高位の貴族が
ロシアから米国に亡命したんです
そこで 家柄が欲しかった米国のユダヤ財閥は
こういう人たちと 縁続きになったんだよね

例えば ロックフェラー家
あの文豪 トルストイ一家と親類ですよ
そうやって箔を付けてきた

安全保障のことにも かなり絡んでいて・・・・・

スターリン時代のソ連だって
ウォール街で国債を起債し
売らなければならないワケ

当時世界唯一の共産主義国家です
簡単には信用されませんよ

それでも国債を売っていた
国債の保証人には 絶対にと言っていいほど
旧ロシア帝国皇帝の家系 ロマノフ家の人々のサインがあったんですよ
それでやっと国債が販売できたんです

旧ソ連だって 超独裁者スターリンだって
ロマノフ家の連中がいなければ
借金すら まともにできなかったんですよ

その流れで下記があるんです。

歴史ってのは 勝手口から覗かないと
分からない話が たくさんあるんですよ

第二次世界大戦で 米国・ソ連両国が
ともに連合軍側になり
スエズ危機や キューバ危機
ハンガリー動乱など 数々の危機があっても

結局 話し合いで理性的に流血が避けられたのは
そういうことがあったからです

現在のロシアとは それがないでしょ?
だから危険なんですよ

ロシア帝国の歴史とか見てると
まぁ~ヨーロッパの帝国 どこでもそうだけど
どうしようもない奴が現れたりする
血が濃くなってくると
そういうことが頻繁に現れる

これでは 安定した発展が望めません
だから そういう人達を 政治中枢から遠ざける必要があった
議会制民主主義とか 共和制ってのは そのためのものです

徳川将軍家も 皇室も
似たような問題はありましたよ
ここでは書きませんが・・・・・

話を戻して・・・・・

日本は 近代化の過程で 世界各国とは違い
一度も「地主整理処分」をしていません

一度も そういうことをやっていない
わずかに マッカーサー“GHQ”が
「農地改革」を やっただけ

この「農地改革」で 我が家は引っ掛り
ほとんどを 小作農にブン盗られたんですけどね
普通の町一つ分くらいの広さです
今は その土地の中の一部に 野球場が建っていますよ

しかし 北陸の本間一族に代表されるような
本格的な 大地主一族整理処分は

無条件降伏による敗戦ということがあっても
手付かずに終わりました

この辺りの事情 文学をやっている連中は
あまり指摘しないんだよね

なぜだか分かる?!
同じ穴のムジナだからなんですよ

よく考えてご覧!
不出来で 今でいう「引きこもり」の社会人
その人たちは、どのような職業を名乗りますか?!

「作家」「芸術家」「クリエーター」等々・・・・・
昔も今も変わりませんよ

ただ・・・こんなこと おカネ持ちの家の子しかできません
昔は「地主のせがれ」しか 出来なかったんですね

だから有名作家連中が どういう出目か 調べれば
もれなく「地主のせがれ」だという事が 判ります

ごく一部の 大金持ちの息子や娘・・・・・
財界人や 銀行と言っても
元を正せば 田舎の地主なんで

これで「地主」という者たちが
ご理解いただけたでしょうか?!

『働かずに寝ているだけでカネが入って来ないかなぁ~』・・・とか
『いくら遊んでいても《カネを生む玉子》があるから、おカネが減らない』・・・とか

「地主」に成れば 叶えられることは分かりましたよね
じゃぁ~「相続」等々は どうする???・・・ってなりますよね

昭和末期から 平成前半ぐらいにかけて
まさに バブル経済の始まりとその終焉・・・・・

当時 異常なくらい 私立学園新設を認可したよね
全国津々浦々で・・・・・

そしてこれは 田中角栄が倒れた後
竹下登と金丸信グループの 一強になった田中角栄が
ロッキード事件の時に 無理して自分の派閥を膨らませた

俺は負けないぞ!・・・ってチカラを誇示したワケなんですね
あの頃 よく批判された「数は力」と言うやつ・・・・・

あの時 数を増やすために 質を落としたワケなんですよ
それは学歴に ハッキリと出てるでしょ!
田舎地主のボンボンで 私立大学卒

通常 それまでの日本の政界コースだったら
絶対に総理大臣にはなれない人たちです

田中角栄はまあ事情があって尋常小学校卒
(いずれまた、その事情は書くね。)
イケダハヤト 京都大学
佐藤栄作 東京大学
三木武夫 明治大学

三木武夫は 田中角栄スキャンダルという
ハプニングでできた内閣だからね

福田赳夫 東京大学
大平正芳 一橋大学
中曽根康弘 東京大学
ここから竹下内閣に 行くワケですね

竹下の周りにいたのは
みんな 田舎の地主のボンボンだった
もちろん 東大出なんかいなかった
竹下登の時代 そして平成

しかし バブル崩壊と共に
竹下派経世会と旧大蔵省支配が
次第に下火になっていく
小渕恵三の急死によって終わる

森喜朗そして小泉純一郎
旧福田の人脈に つながるワケですね
官僚派じゃなくて 党人派人脈ね
ここが見ての通り

竹下派より 私立大学卒業ばかり
小泉氏の官房長官やった
細田さん通産官僚だけどさ
少数派ですよ

福田-森-安倍派(清和会)
大蔵省だとか そういうところは
竹下派経世会が握っていたから 入れなかった

わずかに 小泉純一郎が 旧大蔵省銀行族の下っ端だった
この人が総理大臣に担ぎ上げられたのは
それが理由なんだけどね 誰も言わないけど・・・・・

「自民党をぶっ壊す!」

ちょうどその頃 アチコチの地方都市で
地主主導の「まちづくり」というのをやっていた
首都圏近郊でも多かったですよ

ターミナル駅周辺
規制緩和大店法をテコに
大きな巨大流通の店を呼び込む

それも複数だよ
小泉改革ていうのは 万事そういう調子だったでしょ
コレ 田舎地主のセンスなんですよ
本人がそういう人だもん

街には どういう人がいて
どういう人や カネや 物の流れがあって
それを どう作っていけば
長続きしていくかということは
全然 考えないんですよ

それが 日本の田舎地主センス
これを 全国展開したのが
小泉純一郎です
本人が 同じメンタリティの人だからね

そして 同じメンタリティの人が集まっているのが
竹下派経世会に代わって 主流派になった
安倍晋三の「清和会」だったんですよ

小泉純一郎と竹中平蔵の時代から安倍晋三

その中で 一番増えたのが「私立学園」だったのよ
以前に 問題になっていた
カケガクエンなんか典型的にそう!

誰も言わないけど あれは
田舎の地主の 利権相続問題なんですよ

田舎の 私立の理事長なんて 地主しかいない
そのまわりの理事も 全部そうですよ
お仲間だもんな

理事を選ぶのは理事長
そして 理事長が改まる時は
前理事長が選んだ理事が また選ぶワケです
すると前理事長の2代目となる

それがまた理事を選任する
「資産」は 全部学園のものだから
税金はかからない


予(あらかじ)め そうしておけばいいワケですよ
誰も言わないけれど 私立の学園は
田舎地主利権遵守と 相続のためのシステムなんですよ

ともかく 今起きていること
そういう構造だよね 全部
全部というのは 同じようなこと
日本全国で起きている
そう言ってるんだけど
それが問題なんですよ

誰も言わないが
今 田舎の金融機関
地方金融機関

日本国債を メいっぱい買うだけの
能無しマシンになっている
彼らに 地方の産業を 育てる力なんかありません

地方が シャッター通りばかりになってるってのは
そういうこともあるんだよね
そういう金融機関しか育てなかった
旧大蔵省の責任なんですよ

そんな地方金融機関でも
唯一優良貸出先として
もてはやされていたのが

昭和末から平成始めにかけての
新設私立学園でした

なにせ政治と行政が
ダブルで お墨付き与えてたんだからさ

普通なら 貸し倒れの可能性ゼロでしょ
超優良貸出先だった

ところがそれが「コロナ禍」
上手く回らなくなった

それが現在に至る・・・ってワケです

しかし本番は これからだよ
現在起きていることは ほんの入り口

これから地方で 私立学園の崩壊が加速するでしょう
山や土地を沢山持っている

今 それを反社が狙っている
現実に一部で起きています
それは最終的には
中国人の手に落ちる

馬鹿な地主は 没落する
それはそれで しょうがないけれど
その結果 日本の山野が
どんどん中国人の手に落ちていく

それに手を貸しているのが
上記記事の通り 自民党と公明党
なんだよね
「利権」しかアタマ無いんですよ

「血が濃いくて妙な目つき」
政権連中を よく見回してご覧!

3代目4代目となると「血が濃く」なる
世界共通です

「血が濃く」「妙な目つき」
なぜ最初に話したか 理由が分かりましたでしょうか

この一連の話
当り前だけれども ワタシが書くまでは
皆さん 知らないから学べない
学ぶ所も無ければ 教えてくれる人もいない

誰も知らない話なんですね
でもね 京都は「1000年の都」と云われるだけあって
それに対処する方法も 確立されているんですね

ちなみに我が家は 鶴と亀の政略結婚です
意味が分からないでしょうが ゴメンなさいね

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング



関連記事
スポンサーサイト



  1. 2023/12/03(日) 09:00:00|
  2. ロックフェラー&ロスチャイルド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<BARBRA STREISAND - THE WAY WE WERE | ホーム | 安倍派、1億円超の裏金か パー券ノルマ超えを還流 地検が立件視野>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://cyberbizkiz.blog.fc2.com/tb.php/19159-05f26e2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

CyberBizKiz

Author:CyberBizKiz
☆自由・勝手に転載可能です。
☆このブログの情報の内容は
保証するものではありません。
この情報によって生じた
いかなる損害についても
一切の責任を負いませんので、
あらかじめ御了承くださいませ。
☆このブログは一部の読者にとって
不快な内容が含まれています。
ご覧になられる場合は自己責任で
お願いいたします。
☆(現在、年齢18歳に引下げ詐称を思案中)

Latest journals

Category

京都の休日 (659)
季節の言葉 (1671)
音楽のある風景 (6337)
寄り付き前チェック・リスト (2652)
相場 関連 (1926)
雑学&その他 (3441)
SEASONALITY MAP (475)
【投資部門別売買状況】【信用取引残高】 (16)
テクニカル株 (938)
◇◇本日のデイトレ注視銘柄◇◇ (9)
ロックフェラー&ロスチャイルド (831)
tumble(タンブラー)から拾い読みCafe (17)
通信社株式コメント (281)
関連銘柄 (75)
ガーデニング (108)
Category: None (72)

メールフォーム(お問合せ)

名前:
メール:
件名:
本文:

Monthly archive

Latest comments

Latest trackbacks

現在の閲覧者数

アクセスカウンター

忍者アクセス解析

FC2カウンター

※2020年3月1日にFC2カウンター設置。 それまでのアクセス数160万アクセス

Search form

Display RSS link.

Friend request form

Want to be friends with this user.

Link

add link

フリーエリア