fc2ブログ

CyberBizKiz-Blog

投資暦ウン十年、リーマンショックもアベノミクスも今回のコロナの大底も明確に全てリアルタイムで当てました。株式トレードの他に音楽や趣味、有益・無益情報と人生の生き残り術。

じり高継続、好需給支えにITバブル期の高値更新も=来週の東京株式市場

じり高継続、好需給支えにITバブル期の高値更新も=来週の東京株式市場
REUTERS 2015/05/29/ 16:45 JST
http://jp.reuters.com/article/wtInvesting/idJPL3N0YK29K20150529


来週の東京株式市場は、好需給を支えにじり高を続けるとみられている。米国での利上げの方向性やギリシャの債務問題、中国株の動向など海外市場をめぐる不透明感が漂う一方で、相対的な日本株の安定感が意識されやすい。日経平均は、ITバブル期の2000年4月12日に付けた高値の2万0833円21銭を更新する場面も想定されている。

日経平均の予想レンジは2万0300円─2万0900円。

■NY株続落、一連の弱い経済指標で(29日)(03:27)

5月29日-米国株式市場は一連の弱い経済指標を受けて続落。第1・四半期の国内総生産(GDP)改定値は、年率換算で前期比0.7%減となり、速報値の0. 2%増から下方修正された。また、5月のシカゴ地区購買部協会景気指数が46.2と2月以来の低水準となり、5月の米ミシガン大消費者期待指数確報値も84.2と2014年11月以来の低水準となった。











米国市場でダウ工業株30種 が高値圏でもみあいを続ける一方、東京市場では日経平均が11連騰と、1988年2月以来、約27年ぶりの長期上昇を記録した。もっとも、連騰期間における各日の値上がり幅は大きくはなく、テクニカル的な過熱感もみられない。ドルが一時124円台を付けるなど、急ピッチでドル高/円安が進んだ外為市場とは対照的だ。

株式市場の過熱感なき上昇相場を下支えしているのは好需給だ。5月第3週の海外投資家による日本株(現物・先物合計)の売買は、4週ぶりの買い越しとなった。足元においても「米系投資家の買い余力が大きい。彼らは米株を売る一方、粛々と日本株のアロケーションを増やしており、日米株の相関関係が崩れている」(UBS証券のエクイティ・ストラテジスト、大川智宏氏)という。

下落局面では、日銀がETF(上場投資信託)買いに動くとの期待感も根強い。日経平均は28日に年初来高値2万0655円33銭を付け、ITバブル期の高値にあと177円まで迫った。これを上抜ければ1997年6月以来、約17年11か月ぶりの水準に回復することとなる。さらに14連騰となれば、60年12月━61年1月の過去最長記録に並ぶこととなる。

ただ市場では「連騰記録がいずれ途切れたとしても、好需給の構図には変わりない」(国内証券)と、足元の株高は必然的なものと冷静にとらえる向きも多い。

来週は米国で経済指標の発表が相次ぐほか、週末には5月雇用統計も公表される予定だ。「発表される米経済指標は、改善方向に向かうとの見方が広がっている。堅調な内容となれば円安、日本株高という展開となることも考えられる」(大和証券・日本株シニアストラテジストの高橋卓也氏)という。

来週は国内では1日に1━3月期法人企業統計、5月新車販売台数が発表される。2日には5月マネタリーベース、5日には4月景気動向指数が公表される。また10年物国債入札が2日、30年物国債入札が4日に予定されている。

海外では1日に中国5月製造業PMIと米5月ISM製造業景気指数、2日にユーロ圏5月消費者物価などが発表される予定。3日には米4月貿易収支と米5月ADP民間部門雇用者数の発表、欧州中央銀行(ECB)定例理事会が控えている。5日には米5月雇用統計に加え、OPEC(石油輸出国機構)総会も予定されている。
■□━━━━・・・・・‥‥‥………………………………
さて、5月相場は終わり、明日から6月相場です。
"Sell In May(セル・イン・メイ)"が持て囃されていた5月末の29日に
「11連騰」となるとは一体、どれだけの人が予想していたでしょうか?

現在の処、NYダウも日経平均株価も、チャート的には崩れていません。
ただ・・・実はNYダウは、ずっと保合いが続いているだけなんですね。
それがどうなるのか?・・・をずっとウォッチしているワケです。

それよりもワタシは今週末のギリシャの債務問題を警戒しています。
・・・とは言っても、ギリシャの債務問題の件は、相当リスクヘッジがなされており、
もしギリシャがデフォしても相場は短期暴落(2~3日)でスグに戻す展開になると考えています。
但し、この件は今週末のことで、日本の株式相場は終わってからの話となりそうですが・・・・・
要は「相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく」
・・・となる可能性が高いのかなぁ~・・・と、
テクニカル的に過熱感はないのですが現状、既に「楽観」に入っているかと・・・・・

長期連騰というのは毎度、「後々振り返ってみると、重要な局面で起こっています。」
今回の長期連騰も、ITバブル時の2000年4月高値の20833円を抜く布石だとワタシは考えていますけどね。
上記ロイター記事の通り、
「14連騰となれば、60年12月━61年1月の過去最長記録に並ぶこととなる。」
・・・となれば面白いですね。「幸福感の中で消えていく」・・・ってパターンです。

既に上への節目等は書いていますので今回は省きます。
また必要な時は、その時々に必要に応じてブログを通して節目等を書き加えて行きますね。


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:つぶやき - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2015/05/31(日) 10:00:00|
  2. 通信社株式コメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『夏の建具替(たてぐが)え』  (京都の休日416) | ホーム | 『人が無謀なふるまいに及ぶのは・・・・・』  【季節の言葉331】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://cyberbizkiz.blog.fc2.com/tb.php/3375-956e976d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

CyberBizKiz

Author:CyberBizKiz
☆自由・勝手に転載可能です。
☆このブログの情報の内容は
保証するものではありません。
この情報によって生じた
いかなる損害についても
一切の責任を負いませんので、
あらかじめ御了承くださいませ。
☆このブログは一部の読者にとって
不快な内容が含まれています。
ご覧になられる場合は自己責任で
お願いいたします。
☆(現在、年齢18歳に引下げ詐称を思案中)

Latest journals

Category

京都の休日 (659)
季節の言葉 (1671)
音楽のある風景 (6337)
寄り付き前チェック・リスト (2652)
相場 関連 (1926)
雑学&その他 (3441)
SEASONALITY MAP (475)
【投資部門別売買状況】【信用取引残高】 (16)
テクニカル株 (938)
◇◇本日のデイトレ注視銘柄◇◇ (9)
ロックフェラー&ロスチャイルド (831)
tumble(タンブラー)から拾い読みCafe (17)
通信社株式コメント (281)
関連銘柄 (75)
ガーデニング (108)
Category: None (72)

メールフォーム(お問合せ)

名前:
メール:
件名:
本文:

Monthly archive

Latest comments

Latest trackbacks

現在の閲覧者数

アクセスカウンター

忍者アクセス解析

FC2カウンター

※2020年3月1日にFC2カウンター設置。 それまでのアクセス数160万アクセス

Search form

Display RSS link.

Friend request form

Want to be friends with this user.

Link

add link

フリーエリア