fc2ブログ

CyberBizKiz-Blog

投資暦ウン十年、リーマンショックもアベノミクスも今回のコロナの大底も明確に全てリアルタイムで当てました。株式トレードの他に音楽や趣味、有益・無益情報と人生の生き残り術。

来週の相場で注目すべき3つのポイント:経済対策、内閣改造、米雇用統計

来週の相場で注目すべき3つのポイント:経済対策、内閣改造、米雇用統計
財経新聞 2016/07/30/ 20:27
http://www.zaikei.co.jp/article/20160730/319464.html


■株式相場見通し
予想レンジ:上限17000-下限16000円


来週は8月2日に政府の経済対策が発表されるほか、3日に内閣改造が行われることから、政策期待が高まる展開が意識されそうである。もっとも、29日に発表された米4-6月期のGDP成長率が市場予想を大幅に下回ったことから円相場は一時1ドル101円台をつけており、シカゴ日経225先物清算値は大阪比290円安の16320円と大きく下押している。そのため、週初は売りが先行する格好となり、政策期待から積極的な上値追いの流れも慎重にさせそうである。とはいえ、日米の金融イベントが通過したことにより、自律反発が意識されやすいところではある。

なお、経済対策の大枠が判明し、国と地方で7.5兆円程度の財政支出を行ってインフラ整備などを進めるほか、国が資金を貸し出す財政投融資などを活用し、事業規模を28.1兆円程度とする方向で最終的な調整を進めていると伝えられている。リニア中央新幹線の建設加速や大型クルーズ船が利用できる港の建設などインフラ整備として10.7兆円程度、熊本地震や東日本大震災からの復興などに3兆円程度を充てる方向であり、インフラ関連株へ関心が向かいやすい。

今週も多くの企業の決算発表が予定されている。足元で再び円高に振れている状況のなか、いったんは和らいでいた業績懸念が高まる可能性があり、アク抜け等を意識した先回り的な売買は限られよう。先週の中小型株の弱い動きをみても、個人主体の売買は材料等がある一部の銘柄に短期集中する流れであり、且つ、資金の逃げ足も速い。決算内容を見極めての日替わり物色に向かいやすいであろう。

また、5日には米雇用統計の発表が予定されている。英国のEU離脱の影響が出てくるかが注目されており、予想以上に弱い結果ともなれば、再び利上げ観測が後退する格好となり、為替市場での円高に向かわせよう。さらに、5日からリオ五輪が開幕するため、市場参加者の関心も離れそうである。経済指標では1日に7月の中国製造業PMI、非製造業PMI、財新製造業PMIのほか、7月の米ISM製造業景況指数が発表される。3日に金融政策決定会合の議事要旨(6月15、16日分)が公表されるほか、米雇用統計の前哨戦となる7月のADP雇用統計やISM非製造業景況指数があり、4日には英中銀が金融政策を決定する。なお、5日の米雇用統計については、非農業部門雇用者数は+18.0万人(前回+28.7万人)と予想されている。

なお、日経平均は16000円が位置する25日線辺りが意識されてきているほか、一目均衡表では雲上限に沿った推移が続いている。ただ、この雲は16240円辺りまで切り下がりをみせてくるため、これに沿った調整をみせてくるようだと、7月半ばのリバウンド局面で空けているマド(15816.67-15956.91)辺りを埋めてくる展開が警戒されそうである。まずは雲上限を支持線とした反発が期待される。

興味のある方は、下記の「続きを読む」をクリック!










■為替市場見通し
来週のドル・円は底堅い動きを見せる可能性がある。8月2日に閣議決定される政府の大型経済対策(事業規模は28.1兆円程度)への期待で、国内株は底堅い動きを続ける可能性があることはドル買い・円売りを促す一因になる。また、8月5日発表の7月米雇用統計も有力な手がかり材料となる。7月の非農業部門雇用者数は前月比+18万人程度と予想されており、雇用者数は6月実績の同比+28.7万人を下回る見込みだが、予想通りならば雇用情勢の改善は続いていると判断されそうだ。年内利上げ観測は後退せず、ドル買い材料となる。
なお、今週は豪準備銀行(中央銀行)と英中央銀行が金融政策を発表する。両中央銀行は利下げを行う可能性が高いとみられている。利下げが実施された場合、豪ドル、英ポンドに対する米ドル買いが強まり、この影響でドル・円の取引でもドル買いがやや強まる可能性がある。米国と他の主要国との金融政策における方向性の違いが再び意識されることから、リスク選好のドル買いは後退せず、短期筋などの円買いは一服するとの見方が出ている。

■来週の注目スケジュール
8月1日(月):新車販売台数、中製造業PMI、米ISM製造業景況指数など
8月2日(火):経済対策決定、米個人消費支出、ユーロ圏生産者物価指数など
8月3日(水):内閣改造、中財新総合PMI、米ADP全米雇用報告など
8月4日(木):車名別新車販売、英中央銀行が政策金利、米耐久財受注など
8月5日(金):景気動向指数、米貿易収支、米雇用統計など

■□━━━━・・・・・‥‥‥………………………………
新興市場見通し:ミクシィなど決算発表が本格化、個別物色中心の展開に
財経新聞 2016/07/30/ 15:30
http://www.zaikei.co.jp/article/20160730/319462.html


《抜粋》
週間の騰落率は、日経平均が-0.3%であったのに対して、マザーズ指数は-0.6%、日経ジャスダック平均は-0.1%だった。

今週の新興市場は、決算等を受けた個別物色中心の展開となることが想定される。新興市場でも決算発表が本格化し、市場の関心が徐々に向いていくだろう。8月2日に閣議決定される政府の経済対策を受けて、政策期待の高まりが相場を押し上げることも期待される。ただ、米4-6月期国内総生産(GDP)が市場予想を下振れ、週末に米雇用統計の発表を控えて外部環境への警戒感が相場全体の重しとなる可能性がある。

なお、リファインバースの上場を通過して1ヶ月ほどIPO空白期間となる。調整が続いていた直近IPO銘柄の見直しが期待される。
■□━━━━・・・・・‥‥‥………………………………

まずは、7月29日(金)の日銀、金融政策決定会合
◆追加金融緩和の内容
•ETF買入れ額の増額:3.3兆円から約6兆円へ
•企業・金融機関の外貨資金調達環境の安定のための措置
•マイナス金利は現行水準のマイナス0.1%で据置


まぁ~要は「株買え!」・・・ってことですね。
毎度、同じことでブログでも何度か言って来ていますが、
16000円or16500円近くなると日銀がPKO(プライス・キーピング・オペレーション:株価維持策)するぞっ!・・・ってことです。
そして忘れてならないのは17000円or17500円に近づくと外資ヘッジ・ファンドの売り豚が売って来るぞっ!・・・ってことです。

ドル円の8月は基本、円高基調は続きます。しかし30日(土)の暴落(円高)で一旦、落ち着くでしょう。
本格的な円高は9月以降です。

・・・で、8月25~27日に主催する経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)で
8月26日にイエレン議長が出席し講演するのですが、
ここで「利上げ」について観測気球を放って来るとワタシは見ています。
まぁ~それまでに何発かは連銀総裁が観測気球を放って来ると観ていますが・・・・・

それで相場の雰囲気が一変して行くでしょう。
今回の日銀の追加金融緩和は、それまでのツナギみたいなものです。

まぁ~日銀が「株買え!」・・・って言っていますので、
ワタシはIPOを中心に新興&小型株を狙って行きたいと考えています。

ただ・・・相場全体は、いまだにカオス状態です。

■注意事項 -------------------------------------------------------------------
☆このブログの情報の内容は保証するものではありません。この情報によって生じたいかなる損害についても、当方は一切の責任を負いません。投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
☆記載された予定は、予告なく変更される可能性があります。
☆These are only personal opinions on this blog, and you need the investment judgment in each one. This blog doesn’t assume the responsibility to all the investment profit and loss.

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:つぶやき - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2016/07/31(日) 08:00:00|
  2. 通信社株式コメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<土用の丑の日 「ウナギを食べた」は46%で半数割る | ホーム | 高中正義 - BLUE LAGOON>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://cyberbizkiz.blog.fc2.com/tb.php/5377-c7812104
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

CyberBizKiz

Author:CyberBizKiz
☆自由・勝手に転載可能です。
☆このブログの情報の内容は
保証するものではありません。
この情報によって生じた
いかなる損害についても
一切の責任を負いませんので、
あらかじめ御了承くださいませ。
☆このブログは一部の読者にとって
不快な内容が含まれています。
ご覧になられる場合は自己責任で
お願いいたします。
☆(現在、年齢18歳に引下げ詐称を思案中)

Latest journals

Category

京都の休日 (659)
季節の言葉 (1671)
音楽のある風景 (6337)
寄り付き前チェック・リスト (2652)
相場 関連 (1926)
雑学&その他 (3441)
SEASONALITY MAP (475)
【投資部門別売買状況】【信用取引残高】 (16)
テクニカル株 (938)
◇◇本日のデイトレ注視銘柄◇◇ (9)
ロックフェラー&ロスチャイルド (831)
tumble(タンブラー)から拾い読みCafe (17)
通信社株式コメント (281)
関連銘柄 (75)
ガーデニング (108)
Category: None (72)

メールフォーム(お問合せ)

名前:
メール:
件名:
本文:

Monthly archive

Latest comments

Latest trackbacks

現在の閲覧者数

アクセスカウンター

忍者アクセス解析

FC2カウンター

※2020年3月1日にFC2カウンター設置。 それまでのアクセス数160万アクセス

Search form

Display RSS link.

Friend request form

Want to be friends with this user.

Link

add link

フリーエリア