fc2ブログ

CyberBizKiz-Blog

投資暦ウン十年、リーマンショックもアベノミクスも今回のコロナの大底も明確に全てリアルタイムで当てました。株式トレードの他に音楽や趣味、有益・無益情報と人生の生き残り術。

『初午(はつうま)伏見稲荷大社』  【季節の言葉547】


達成のかぎをくわえるお稲荷さん
『初午(はつうま)伏見稲荷大社』  【季節の言葉547】


 本日、2月12日は『初午(はつうま)』です。

 711年(和銅4年)2月、稲荷大神が稲荷山の三ヶ峰に初めて降臨された初午の日をしのぶ祭事で、
初午詣は「福詣」とも呼ばれ、前日の巳の日から、ご社頭は参詣者で埋まり、
京洛初春第一の祭事とされています。

また社頭で参拝者に授与されている「しるしの杉」は
商売繁盛・家内安全の御符として、古くから拝受する風習が盛んです。

上記写真のお稲荷さん(お狐さん)が銜(くわ)えている『達成のかぎ』とは、
運を良い方向に導き、願い事を達成まで導いてくれるものだそうです。

そのほか、宝玉や稲穂を銜(くわ)えたお稲荷さん(お狐さん)もいて、
見てるだけでも結構楽しいですよ♪

◆伏見稲荷大社・初午大祭(福詣)◆
■開催日:2017年2月12日(日曜日)
■時間:08:00 ~
■場所:伏見稲荷大社境内
■料金:無料

伏見稲荷大社「初午大祭(福詣)」の「しるしの杉」



興味のある方は、下記の「続きを読む」をクリック!











■■初午と稲荷信仰、京都・伏見稲荷大社■■

◆初午(はつうま)と稲荷信仰、京都・伏見稲荷大社

二月に入って最初の午の日を初午(又は初午詣り)といい、
お稲荷さん(稲荷神)の祭りが行われます(旧暦で行う所も多くあります)。

本来は、陽射しに春を感じ、ようやく農作業も始まろうという
旧暦の二月最初の午の日に行われました。
この時期は厳冬から春に季節が移り変わり、陽気は一段と盛んになります。
生気は躍動し、草木を始め万物が活動を始める時期だったのです。
その陽気が一番盛んになる旧暦二月の午の日が本来の初午の日に当たります
(暦の変更は、このように祭りや行事の季節感をなくしてしまいました)。

古来より初午の頃から農家では五穀をはじめさまざまな種を用意して農作業が始められています。

一陽来復と全てのものの蘇り、そして作物の豊饒を願う神事が初午祭なのです。
もともと農耕の神であったお稲荷さん(稲荷神)は、
後に商売繁盛、病気平癒、招福などに御利益があるとされて
広く信仰を集めるようになりました。

お稲荷さん(稲荷神)といえば、京都伏見の伏見稲荷大社が総本社です。
初午の日をお稲荷さん(稲荷神)の祭りとしたのも、
祭神がこの地に降臨したのが二月の初午の日だったからといいます。
(『山城国風土記』逸文に記された、和銅四年=七一一年二月初午の日に、
稲荷神が稲荷山三ケ峰に鎮座したという由緒によります)

しかし、学者によっては稲荷が農業に関係する神様なので農耕に使用する馬、
つまり午の日を祭日として選んだという説を唱える人もいます。

二月初午の由来については他にも、ちょうどこの頃、
田の神が山から降りてくると考えられ、田の神を祭る重要な日とされていました。
春に山の神が降りてきて田の神となり、秋には山に帰っていくという
全国的に存在する民間の信仰と結びついた「山の神迎え」が初午へと定着していったともされています。
つまり、初午とは春の農作の豊年を祈る祭りだったのです。

京都・伏見稲荷大社の初午大祭は、「初午詣」「福参り」とも呼び、
前日の巳の日から伏見稲荷大社は参拝者で埋まります。
社頭で参拝者に授与される「験(しるし)の杉」は、平安時代から和歌にも詠まれ、
今日もなお商売繁盛・家内安全の験(しるし)として拝受される習わしが続いています。

この京都・伏見稲荷大社をはじめ大阪の玉造、愛知県の豊川稲荷、
また神戸の摩耶参など、各地の稲荷神社でも盛大に祭りが執り行われます。

お稲荷さん(稲荷神)の信仰は、
農耕を司る倉稲魂神(うがのみたまのかみ~宇迦之御霊神とも表記)を祀って
五穀豊穣や福徳を祈願するものですが、
キツネを稲荷神の使いとして油揚げを供えたり、初午団子などを作る風習もあります。

江戸時代には最も盛んな信仰となり、俗に数が多くて目につくものを
「火事、喧嘩、伊勢屋、稲荷に犬の糞」などと皮肉ったりもされました。(※注)

(※注)
『山城国風土記逸文』「伊奈利社」条に「深草の長者・餅の的・白鳥飛翔、稲穂の結実」が
稲荷神社(現伏見稲荷大社)の創建と語られています(和銅四年、七一一年と伝承されています)。
都が山城(京都)へ移り、平安時代に入るとと、稲荷信仰が盛んになり、
初午詣の様子は、『大鏡』や『貫之集』(紀貫之)、『枕草子』、『今昔物語』に語られ、
当日の稲荷山での賑わいが手に取るように読みとれます。
この頃より、稲荷信仰が地方へ伝わり始めます。
それに伴い、初午の日に、稲荷神のご鎮座を讃えて、幸せを得ようとする
(農業者は豊作を、商業者は生業繁栄を祈願する)傾向は、徐々に定着していきます。
また、朝廷よりの奉幣記録も多く伝わり、朝廷が豊作を祈願することは、
天下泰平に関わることとして重要な意味を持っていました。
こうして初午は、稲荷大神のご鎮座を讃え、その徳に預かろうとする人々の、歴史の長い春の一大行事であったのです。
全国の稲荷社の総本社、伏見稲荷大社では、
初午の二日前の辰の日に稲荷山の杉と椎の枝で作った「青山飾り」をご本殿以下摂末社に飾り、
当日には参拝者に「験(しるし)の杉」を授与する習わしがあります。

◆お稲荷さん(稲荷神)と稲荷信仰、京都・伏見稲荷大社と狐
赤い鳥居に小さな祠、祠の前には二尾の狐。
八幡さん同様、お馴染みのお稲荷さん(稲荷神)です。

小さな路地から都心のオフィスビル街の片隅、それにデパートの屋上まで
日本全国あちこちにお稲荷さんを見ることができます。
それもそのはず、お稲荷さん(稲荷神)は、もっとも広く信仰されている神様で、
神社の三分の一を占め、日本一多く祀られています。
それだけ日本人に広く親しまれてきた神様なのです。

お稲荷さん(稲荷神)は五穀豊穣・商売繁盛・大漁守護の神として、
民衆の日常生活に密着している身近な神様です。
中小企業の多い稲作型工業国家日本の繁栄と発展の精神的源泉となっているといえます。
もともとは字の通り稲に関する神様でした。

五穀と養蚕を司る穀物神・農耕神としてのウカノミタマ(宇迦之御魂・倉稲御魂)で
稲荷明神として知られています。
このお稲荷さん(稲荷神)は、京都の伏見稲荷大社が信仰の発祥神社で、
一般に伏見稲荷として知られ、全国三万余りの社の総本社となっています。

この社と合わせ、佐賀・祐徳稲荷大社、茨城・笠間稲荷神社を日本三大稲荷と呼びます。

また神社ではありませんが、愛知・豊川稲荷(正式名:円福山妙厳寺)は
仏教のダキニテン(茶枳尼天)を稲荷神として祀ります(江戸の名奉行・大岡越前守が信仰したことで知られます)。

伏見の稲荷大社は、奈良時代の和銅四年(七一一年)二月の初午の日に、
有力な帰化氏族・秦氏の遠祖がこの地に氏神の農耕神として祀ったのが始めといわれます。
古代においては各地の豪族が、それぞれに自分たち独自の守護神(氏神)を祀っていました。
お稲荷さん(稲荷神)も初めはそういう神様だったのです。

『山城国風土記』はこの「伊奈利社」(伏見稲荷)の起源伝説について、
「秦中家忌寸(はたのなかやのいみき)らの遠祖秦公伊侶具(はたのきみいろぐ)は稲米を貯えて裕福になった。
あるとき餅を的にして矢を射いったところ、餅が白鳥になって飛び翔けり、
三が峰の山上に止まり、そこに稲が生じた。
不思議に思った伊侶具がそこへ神社を建て、伊奈利社と名付けた。」というものです。
この伝承でもわかるように、イナリは元来「稲生り(いねなり)」でした。

また、イネナリは主祭神の宇迦之御魂神が月読命に殺された時、
その腹から稲が生えたところからの語源で、宇迦之御魂神の神名となったともいいます。
あるいは稲荷は、空海が東寺を朝廷から与えられた時、
稲を担いだ翁に会いますが、その翁が稲荷神であったともいいます。

ちなみに、お稲荷さんに油揚げを供えるのは、
お稲荷さんに仕える狐が油揚げが好きだと考えられたからです。
油揚げに寿司飯を詰めたものを稲荷寿司というのは、ここから来ています。

いわば一地方に生まれたお稲荷さん(稲荷神)に対する信仰が、
後に日本中に広がることになった大きなきっかけは、
平安時代初頭に仏教の真言密教と結び付いたことにあります。

そのための重要な役割を演じたのが真言密教の開祖・空海(弘法大師)です。
空海は東寺(教王護国寺)を真言密教根本道場として建立を進めていました。
その際、秦氏が稲荷山から建造用の木材を提供し協力します。
このことがきっかけとなり、お稲荷さん(稲荷神)は東寺の守護神として祀られ強く結び付くのです。
その後、お稲荷さん(稲荷神)は仏教的な現世利益の考えを取り入れ、
仏教の庶民への浸透とともに、その信仰を拡大していくことになったのです。

稲荷信仰には狐が付き物です。
真言密教では、稲荷神をインド伝来の鬼神・ダキニテン(陀枳尼天)と同一であるとしています。

ダキニテン(陀枳尼天)は、夜叉、または羅刹の一種で自在に通力を使い、
六ヶ月前に人の死を知り、その肉を食らうという強力な存在でしたが、
仏に降伏させられてからは善神となり、
日本では平安時代には、その本体は霊狐とみなされるようになり、
狐の霊力にあやかろうとする信仰が広がりました。

これが日本に古くからある狐を田の神の使いとする農民の信仰と結びついて、
稲荷神自体を狐だと考えるようにもなったのです。
大らかに神仏を習合されっていった日本人の宗教観が、ここにも表れています。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2017/02/12(日) 08:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「おかげさま」 詩:上所重助(かみところ しげすけ)氏 | ホーム | SIMON & GARFUNKEL - SCARBOROUGH FAIR>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://cyberbizkiz.blog.fc2.com/tb.php/6145-8dde1ceb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

CyberBizKiz

Author:CyberBizKiz
☆自由・勝手に転載可能です。
☆このブログの情報の内容は
保証するものではありません。
この情報によって生じた
いかなる損害についても
一切の責任を負いませんので、
あらかじめ御了承くださいませ。
☆このブログは一部の読者にとって
不快な内容が含まれています。
ご覧になられる場合は自己責任で
お願いいたします。
☆(現在、年齢18歳に引下げ詐称を思案中)

Latest journals

Category

京都の休日 (673)
季節の言葉 (1717)
音楽のある風景 (6491)
寄り付き前チェック・リスト (2714)
相場 関連 (1944)
雑学&その他 (3483)
SEASONALITY MAP (488)
【投資部門別売買状況】【信用取引残高】 (16)
テクニカル株 (961)
◇◇本日のデイトレ注視銘柄◇◇ (9)
ロックフェラー&ロスチャイルド (841)
tumble(タンブラー)から拾い読みCafe (17)
通信社株式コメント (281)
関連銘柄 (75)
ガーデニング (108)
Category: None (73)

メールフォーム(お問合せ)

名前:
メール:
件名:
本文:

Monthly archive

Latest comments

Latest trackbacks

現在の閲覧者数

アクセスカウンター

忍者アクセス解析

FC2カウンター

※2020年3月1日にFC2カウンター設置。 それまでのアクセス数160万アクセス

Search form

Display RSS link.

Friend request form

Want to be friends with this user.

Link

add link

フリーエリア