fc2ブログ

CyberBizKiz-Blog

投資暦ウン十年、リーマンショックもアベノミクスも今回のコロナの大底も明確に全てリアルタイムで当てました。株式トレードの他に音楽や趣味、有益・無益情報と人生の生き残り術。

『夏越の祓(なごしのはらえ)』 【季節の言葉163】


『夏越の祓(なごしのはらえ)』 【季節の言葉163】

 早いもので、もう六月晦日(みそか)。
一年の折り返し地点・・・節目時です。

 京都には、六月晦日の「夏越(なごし)」という言葉があります。
「夏越(なごし)」とは、睦月(むつき:1月)から
水無月(みなづき:6月)までの半年の厄を祓う神事。

その祈の神事の一つとしての「茅の輪潜り(ちのわくぐり)」は、
「蘇民将来」の故事に因(ちな)んだもので、
祇園会の粽(ちまき)とその由来を共にします。

「茅の輪潜り(ちのわくぐり)」を迎えると、京都は夏です♪

[京都二十四節気] 夏至











 六月晦日に「茅萱(ちがや)」で作られた茅輪をくぐって
半年間の穢れを祓い、息災を祈る神事が「夏越の祓(なごしのはらえ)」です。

 元々、一月から六月までのけがれを祓った後、
七月から十二月の残り半年分のけがれを、
以前は、十二月大晦日に「年越祓い」として執り行っていました。
ところが年を追うごとに廃れていってしまい、
十二月の「年越祓い」だけが、盛大に行なわれるようになっていったようです。

来るべき夏の暑さや、木の芽立ちの疲れにそなえて、
知らず知らずの内に人々の間で「夏越の祓」は、
節目の慣わしごととして大切さを増していきました。

半年間のあいだに自分でも気づかないうちに犯した罪、
穢れなどを払い清めるためです。ワタシは余りにも大杉ぃ~・・・・・

 この「夏越の祓」は、既に天武天皇の時代から六月晦の日に、
内裏朱雀門に天皇以下百官が集まり、茅輪の祓物をくぐって邪気を払ったとされていて、
日本最古の宗教儀式の一つでもあります。

この「夏越の祓」の起こりとして、こんな説話が伝えられています。

 昔、一人の旅人が伊勢を旅していた時、
巨旦将来(こたんしょうらい)さんと蘇民将来(そみんしょうらい)さん
という兄弟の所に、一夜の宿をお願いします。

裕福な兄、巨旦さんは、身なりが貧相だったために冷たく断わり、
断わられたその旅人を、貧しいながら弟、蘇民将来さんは暖かくもてなします。

 八年後、再び訪れた旅人は、恩返しにと蘇民さんに茅輪を作らせます。
そして、「蘇民さんの子孫は代々、自ら蘇民将来の子孫也と名乗り、
腰に茅の輪を付けなさい。そうしたら蘇民さんと、蘇民さんの子孫は
代々、無病息災・子孫繁栄する」・・・と伝えたのです。

・・・で、その後、国中に悪疫が流行し、生き残ったのは蘇民将来さんただ一人。
実は、この旅人は祇園社の御祭神・スサノヲ鳴尊だったといわれ、
この言い伝えが後に、六月晦日の夏越の神事と結びついていきました。

・・・で、京都では、玄関先の門(かど)のところに
「蘇民将来子孫也」というお札を貼っているんですよねぇ~・・・・・
image_somin-syourai_shison.jpg
・・・ってことで今でも、六月晦日には京都の町の、あちらこちらの神社で、
「夏越の祓」の茅輪をくぐって、息災を祈ります。

・・・で、茅輪をくぐる際、
「水無月(みなつき)の夏越の祓(なごしのはらえ)へする人は千歳の命延ぶというなり」
・・・と、唱えながら左まわり・右まわり・左まわりと八の字に三回、茅の輪をくぐってから
本殿を参拝するのが決まりごとです♪

茅輪くぐり


 話は少し逸れますが、茅(ちがや)の花と書いて「茅花(つばな)」と読み、
「茅花流し」で、梅雨前の湿気を含んだ南風を指します。

・・・で、この「茅花」が咲くときというのは、
川岸一面が「銀白色」となり、銀白色の絨毯となります。
しかもこの「茅花」はクチに入れると甘いのです。

なので「茅花流し」と聞けば、銀白色の絨毯が風に流れるさまと
甘さが目に浮かんじゃうのですよねぇ~・・・・・

 話を戻しまして、もうひとつ、この「夏越の祓」では、
紙で作った人形(ひとがた)を川に流し、穢れを祓う「禊(みそぎ)」の神事が行なわれます。
町内会を通じて、氏神さんから配られる和紙の人形に、
家族みんなの名前と性別、数え年齢を書いて、禊の川に流します。

 そして『夏越の祓(なごしのはらえ)』にいただくのが、
「水無月(みなづき)」です。下記写真の和菓子です。
これは関西ではドコでも今の時期、売っています。スーパーでも売っています。
image_minazuki.jpg
このお菓子は、むかし貴重であった「氷」の形をなぞった物と言われています。
天然の氷雪を氷室に蓄え、六月三十日にその「氷」を宮中に献上していました。
当時の一般庶民には夏季に「氷」を得ることなど叶わず、
形を氷になぞらえて小麦粉で作っていたのが、
江戸時代中期に至り、小豆を混え三角に切り、現在の形となりました。
悪疫を防ぎ、災難をも除くためとし、今に至ります。

もしご近所の和菓子屋さんが ございましたら
是非とも一度、今日「水無月(みなづき)」を食してみて下さいませ。
どちらかというと「ういろう」の上に小豆が載っているバージョンだと
思って戴ければ判りやすいかなぁ~・・・・・

『夏越の祓(なごしのはらえ)』の「なごし」には、
「無病息災・子孫繁栄」「夏を越す」ことだけでなく、
「和し」の意味も込められています♪


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  1. 2013/06/30(日) 06:00:00|
  2. 季節の言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<文月(7月)の「設(しつら)え」 【季節の言葉164】 | ホーム | 湘南乃風 - 睡蓮花>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://cyberbizkiz.blog.fc2.com/tb.php/629-7fb6bfa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

CyberBizKiz

Author:CyberBizKiz
☆自由・勝手に転載可能です。
☆このブログの情報の内容は
保証するものではありません。
この情報によって生じた
いかなる損害についても
一切の責任を負いませんので、
あらかじめ御了承くださいませ。
☆このブログは一部の読者にとって
不快な内容が含まれています。
ご覧になられる場合は自己責任で
お願いいたします。
☆(現在、年齢18歳に引下げ詐称を思案中)

Latest journals

Category

京都の休日 (659)
季節の言葉 (1671)
音楽のある風景 (6337)
寄り付き前チェック・リスト (2652)
相場 関連 (1926)
雑学&その他 (3441)
SEASONALITY MAP (475)
【投資部門別売買状況】【信用取引残高】 (16)
テクニカル株 (938)
◇◇本日のデイトレ注視銘柄◇◇ (9)
ロックフェラー&ロスチャイルド (831)
tumble(タンブラー)から拾い読みCafe (17)
通信社株式コメント (281)
関連銘柄 (75)
ガーデニング (108)
Category: None (72)

メールフォーム(お問合せ)

名前:
メール:
件名:
本文:

Monthly archive

Latest comments

Latest trackbacks

現在の閲覧者数

アクセスカウンター

忍者アクセス解析

FC2カウンター

※2020年3月1日にFC2カウンター設置。 それまでのアクセス数160万アクセス

Search form

Display RSS link.

Friend request form

Want to be friends with this user.

Link

add link

フリーエリア