fc2ブログ

CyberBizKiz-Blog

投資暦ウン十年、リーマンショックもアベノミクスも今回のコロナの大底も明確に全てリアルタイムで当てました。株式トレードの他に音楽や趣味、有益・無益情報と人生の生き残り術。

東レ・榊原氏の次は? 経団連会長に日立・中西会長が本命視される裏事情

東レ・榊原氏の次は? 経団連会長に日立・中西会長が本命視される裏事情
週刊文春 2017年11月30日号
http://bunshun.jp/articles/-/5042


 11月16日、毎日新聞が経団連の次期会長に中西宏明日立製作所会長(71)が固まったと報じた。

「会長経験者など関係者に根回しが済んでいない。まだ決定とは言えずフライング気味の記事です。ですが、中西氏以外にいないのも事実」(財界関係者)

 日立出身者が経団連会長に就くのは初めてのことだ。

「もともと日立幹部は『自分たちはしょせん茨城の田舎企業ですから』と自虐的に語るほど、財界のど真ん中で活動することに否定的な風土でした」(日立関係者)


 2014年には、日立をV字回復させた川村隆氏が本命視されたが固辞し、東レの榊原定征氏が会長となった。

「ただ、この時も既に日立関係者の間では『求められたら受けるべきだ』との意見が出ていた。断ったのは、あくまでも川村氏個人の信条によるものでしょう」(同前)

 近年、「財界総理」と呼ばれた経団連会長の権威はすっかり失墜していた。

「旧財閥系から会長を出さないという慣例を破って住友化学の米倉弘昌氏が担ぎ出され、その後任には重厚長大産業以外から榊原氏が就き軽量会長が続いた」(前出・財界関係者)


 米倉氏は、安倍晋三首相と関係が悪く、経済財政諮問会議の委員に選ばれなかった。榊原氏も出身母体の東レでは、取締役を外れ、日覚昭広社長との折り合いもよくないと言われる。

 そんな中、経団連副会長を出している企業の中でも製造業で約9兆円の売上を誇る日立の中西氏は、久しぶりの「本格財界総理」として期待を集めているのだ。

 中西氏は、都立小山台高校から東大工学部に進んだ。海外経験が長い国際派で、川村氏の下で、日立を再建させた立役者の1人だ。

「気さくな性格で、何事にも前向き。子会社から出戻り、改革に大ナタを振るった川村氏を支えて、社内調整にあたったことが評価された。経団連会長は視野にあったようで、メディア関係者を入れて広報強化を図るなど、準備を進めていたようです」(同前)

 ただ、川村氏は現在、東電会長となっており、中西経団連会長となれば、東電再建などの原発問題で日立は前面に立たざるをえない。経営的には大きなリスクになりそうだ。

興味のある方は、下記の「続きを読む」をクリック!

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング











東レがトヨタに喧嘩を売って、
もう限界だ 東レがトヨタに「異議あり」 - 日本経済新聞 2017/11/27/ 06:30 (ココをクリック)
結果、事件となりましたとさ!
東レ 子会社が製品の検査データを改ざん - NHK NEWS WEB 2017/11/28/ 17:03 (ココをクリック)
早くも「法則発動」ナリ!


「日立製作所」が次期経団連の会長の可能性が高いようですが、素晴らしい会社ですね。
「日立製作所」には、ノーベル賞を受賞しそうな人が10名くらいは余裕でいる会社ですからね。
ただ・・・少し「東芝」と似た体質があるのが気掛かりではあるのですが・・・・・

日立出身者が経団連会長に就くのは初めてのことだ。
近年、「財界総理」と呼ばれた経団連会長の権威はすっかり失墜していた。
「旧財閥系から会長を出さないという慣例を破って住友化学の米倉弘昌氏が担ぎ出され、その後任には重厚長大産業以外から榊原氏が就き軽量会長が続いた」(前出・財界関係者)


「財界総理」・・・懐かしい言葉だね。

現在の経団連の会長と言ったって、クソみたいな人間がやってるからね。
経団連、就職難の韓国でセミナー 来春にも 日本企業は人手不足解消に期待 - 2017/11/21/ 11:00 (ココをクリック)

でも、かつてはそうではなかった。

ある意味「総理大臣」「衆議院議長」「最高裁判所長官」
この「三権の長」に並ぶぐらいの権力者だったよね。
そこから「財界総理」・・・って言葉が生まれたワケ。

戦後は現実に、激戦地に行って帰ってきた人たちが各企業内で、
出来そこないの役立たずの老人たちを全部追放して社長・会長に納まるという
企業内クーデターが昭和20年代前半に色々な企業で相次いでいて、
まぁ~表向きなかったことになってるけれどもね。
こういう話は、社史にも出てこない裏話ね。

当時の財界は現代と違って、政治家が色々と言って来ても、
何?・・・っと睨みをきかせて跳ね返すだけの覇気もチカラも当時は持っていたんですよ。

財界の奥ノ院には、ハッキリ主流と非主流が存在しています。
例えば三菱グループは、どんなに力があっても
経団連の会長・つまり財界の最高ポストにはなれないのね。

財界の主流には必ず「三井」系列がなるんですよ。

だから「日立出身者が経団連会長に就くのは初めてのことだ。」は、当然のことであり、
「旧財閥系から会長を出さないという慣例を破って住友化学の米倉弘昌氏が担ぎ出され、その後任には重厚長大産業以外から榊原氏が就き軽量会長が続いた」(前出・財界関係者)

「日立製作所」は、日産コンツェルン(鮎川財閥)系なので、
財閥内からすると新興財閥に属する部類なので、
「もともと日立幹部は『自分たちはしょせん茨城の田舎企業ですから』と自虐的に語るほど、財界のど真ん中で活動することに否定的な風土でした」(日立関係者)
こういう発言になるんだよね。

昔、「財界総理」と言われて有名だったのが、1980年代に行財政改革をやった時の
いわゆる臨調会長の「土光敏夫」さん。

「土光敏夫」さんは石川島播磨出身なんだけれども、経団連会長にするために
わざわざ東芝(三井財閥系)に、ちょっと腰掛け、その上で経団連の会長になった。

そのくらい財界の三井財閥主流支配は徹底的だったし、
土光敏夫さんほどの人でも、それには逆らえなかった。

例えば一世を風靡した「ソニーSONY」。現在、復活中だよね。
その「ソニーSONY」創業者なんかも東芝(三井財閥系)出身なんだよね。
三井財閥のバックアップあっての「ソニーSONY」なんだよね。

三井財閥ってのは「秦氏」だと言われています。

「秦氏」と天皇陛下との繋がりの歴史は下記リンク先に何度か書いて来たよね。
両陛下、私的旅行で埼玉・高麗神社を参拝 - 2017/09/21/ 11:00 (ココをクリック)
「京都三大祭り」◆葵祭◆祇園祭◆時代祭  (京都の休日545) - 2017/10/24/ 09:00 (ココをクリック)
ちなみにリンク先では「秦氏」は百済系帰化人だと書いていますが、
しかし元来・・・元を質せば、シルクロードの中間地点のキルギス出身だと考えられています。

一方、三菱は岩崎弥太郎が先祖で大きいけど成り上がり者です。
「天皇」系列と「成り上がり者」という歴史から
財界の主流は必ず三井財閥出身者なんだよね。

ちなみに「葵」の御紋は、元々、秦氏の紋でした。
「葵」は、漢方の最も基本的な薬草・・・そういう知識を持っている家系という意味です。

賀茂神社は三河にも荘園を持っていて、
三河加茂庄の名目守護代として出てきたのが松平家、のちの徳川家です。

来年のNHK大河ドラマは薩摩の「西郷隆盛」ですよね。
幕末維新の時、倒幕軍の中心は実質的には「薩摩藩」で、
その総大将・西郷隆盛はギリギリまで幕府を追い詰めながら
結局は、徳川慶喜を助けたでしょう。

そうであるばかりか後に皇室と縁続きにまでなってますよね。
あれだけ戦争やっておいて、普通なら考えられないことですよ。

しかし日本史の裏の裏まで知っていれば当たり前の事なんです。
徳川は賀茂氏(秦氏)で、薩摩島津は秦氏です。すべて親戚・・・遠縁に当たるんですね。

その同じ流れにあるのが「三井」です。

経団連の裏の裏は、こんな感じだねぇ~・・・・・
2000年ごろ・・・17年くらい前に今でいう「AI:人口知能」の件で、企業を渡り歩いた時に
こういった裏話は色々と事細かく身内から教わったんだよね。
だから本当は、もっと細かく知っているんだけれども、
それを書くと色々と問題も出て来るからね。
このくらいにしておきます。

いつもご訪問ありがとうございます。
皆様の“ポチッ♪”っとが励みになります(^^)

キーボード左下の【 Ctrl 】を押しながらポチッ♪ よろしくお願いします。

  
人気ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:つぶやき - ジャンル:株式・投資・マネー

  1. 2017/11/29(水) 09:00:00|
  2. ロックフェラー&ロスチャイルド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<3日連続S高&目標達成おめでとうございます。 | ホーム | 2017/11/29 外国証券寄付前成行注文状況>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://cyberbizkiz.blog.fc2.com/tb.php/7394-bee3c5a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

CyberBizKiz

Author:CyberBizKiz
☆自由・勝手に転載可能です。
☆このブログの情報の内容は
保証するものではありません。
この情報によって生じた
いかなる損害についても
一切の責任を負いませんので、
あらかじめ御了承くださいませ。
☆このブログは一部の読者にとって
不快な内容が含まれています。
ご覧になられる場合は自己責任で
お願いいたします。
☆(現在、年齢18歳に引下げ詐称を思案中)

Latest journals

Category

京都の休日 (659)
季節の言葉 (1671)
音楽のある風景 (6337)
寄り付き前チェック・リスト (2652)
相場 関連 (1926)
雑学&その他 (3441)
SEASONALITY MAP (475)
【投資部門別売買状況】【信用取引残高】 (16)
テクニカル株 (938)
◇◇本日のデイトレ注視銘柄◇◇ (9)
ロックフェラー&ロスチャイルド (831)
tumble(タンブラー)から拾い読みCafe (17)
通信社株式コメント (281)
関連銘柄 (75)
ガーデニング (108)
Category: None (72)

メールフォーム(お問合せ)

名前:
メール:
件名:
本文:

Monthly archive

Latest comments

Latest trackbacks

現在の閲覧者数

アクセスカウンター

忍者アクセス解析

FC2カウンター

※2020年3月1日にFC2カウンター設置。 それまでのアクセス数160万アクセス

Search form

Display RSS link.

Friend request form

Want to be friends with this user.

Link

add link

フリーエリア